c0138553_12275256.jpg
『退屈をあげる』新装版の見本が到着しました!

この本の主人公である我が家の一番目の猫「楳(うめ)」を保護した日も、今日のような冷たい雨の日だったなあと思い出しながら、緊張しつつ手にとりました。

c0138553_12225940.jpg
本というのはこんなにも美しくて、優しくて、存在感のあるものなんだ、と目から、手から、感じられる素晴らしい本。
『退屈をあげる』が私の手から離れて歩き出した!と思えて、すごくすごく嬉しいです。
c0138553_12022041.jpeg
お知らせが遅くなりましたが、この本の装丁は名久井直子さんが手がけてくださいました。
私家本の雰囲気を尊重してくださりつつ、
紙も、紙の色も、文字も、一見気づかないようなところにまで、細部にわたってこだわり抜かれた素晴らしい装丁です。
名久井さん、本当にありがとうございます!
あれもこれもとお伝えしたいのですが、ぜひ実際に手にとって、まずは本の手触りの素晴らしさを実感して頂きたいです。

そして、この本のために、松尾スズキさん、西加奈子さんが素晴らしい帯文を書いてくださいました。
イラストレーターというよりも、猫おばさんに仕上がっている私のような者の、この小さな本のために、本当本当にありがとうございます!夢かも、と思っていましたが、こうして実物が手元にやってきて、ようやく現実なんだ!と目が覚めました。この先の運はすべて使い果たしたと覚悟を決め、用心して生きていこうと思います。
こちらもぜひ、本屋さんで実際に手にとってご覧いただけたら嬉しいです!
 
このような素晴らしい方々のお力をお借りして『退屈をあげる』は再び飛び立ちます。
こんなに嬉しいことはありません。

発売日は青土社より10/25を予定しております。価格は1300円+税となります。
すでに青土社さんサイトでも予約が始まっておりますし、もちろんお近くの本屋さんや、ネット書店さんでもご予約可能です(一部ネット書店さんで、定価が1200円に表示されているところがありますが、1300円(税別)の誤りです。ご迷惑をおかけいたします)。
また、これまで地道に私家本を販売して下さったお店でも、引き続き新装版を販売して頂けることになりました。既に予約受付中のお店もあります。


私家本を手にしてくださった方も、そうでない方も、1冊1冊がその手に届いてくれますように!
新装版も末長くどうぞよろしくお願いいたします。


最後にこの本のために尽力くださった青土社・編集の横山さんにも心から感謝します。














・・・・・・・・








[PR]