ニオイと匂い

c0138553_17184157.jpg

昨日は夜中に何度も目が覚めた。
寝る前に、いつからか放置されたまま、消費期限切れしていた某液体滋養強壮剤を捨てた際、鼻の内側の粘膜に、ニオイの微粒子が付着してしまったか?という位、甘いような苦いような塩辛いようなゴムが焼けた様な不快なニオイにつきまとわれた。簡単に言えば「猛烈に臭かった」。しかし、家人は全く気にならない様子だったので、やはり微粒子が私の鼻の粘膜のみに付着したのかもしれない。それとも幻臭(そんなもんあるのか知らんけど)?
とにかくそのニオイのせいで、内容までは覚えていないのだけれど、嫌な夢も見た。暗闇で目を開けたら、異様に体が熱かった。寝る前ほどではなかったものの、ニオイはまだかすかに感じられた。鼻にティッシュを詰め込んで寝ようか、鼻の穴を洗ってやろうかとも思ったけれど、その気力すら奪われた。
臭いっていうのは、凄い力を発するのだな。というか、滋養強壮剤って、何入ってんの。戦地でこの滋養強壮剤をばらまいたら、皆戦う気など失せるな、きっと。確かそういう兵器も実際にあったはず。とても平和的な方法の様だが、何とも間抜けだ。(戦地でクサイクサイと身もだえる兵士達を想像)

朝起きても、まだわずかな残り香があったので、消臭効果のありそうなものを試したが、今ひとつドッカーンと効果を感じられないので、臭さを上回る強力なイイ匂いを充満させてみよう!と思い立ち、マクロビレモンケーキを焼いてみた。ようやく鼻腔の警戒態勢解除。イイ匂いの微粒子をガンガン吸い込む。このケーキは、以前、料理家・山戸ユカさんの料理教室で習ったもの。簡単なのにとても美味しいのである。

先日チラリと書いたけれど、このユカさんが2月の西荻での二人展にて、1日限定Cha.na食堂をオープンしてくれる事になりました。イヤッホー。そもそも二人展メンバーのチエちゃんと知り合ったのが、この料理教室だったし、もうこれは、ユカさん以外にいない!と図々しくお願いしたのである。
さらにさかのぼると、私とユカさんの出会いは一年程前、たまたま彼女がお手伝いされていたお友達のショップ(我が家から徒歩5分の場所にある)に、私がフラフラと客として行った事がキッカケだった。何でそんな話になったのかは、もう覚えていないけれど(あ、でも自分がスッピン+ずさんな格好をしていて、試着を諦めた事は覚えている…恥)その時、彼女が料理家さんで、菜食和食中心の料理教室をしていると知ったのだった。普段、腰の重たい私なれど、何故かその時は恐ろしい早さでもって、料理教室の門を叩いた。というと大げさだけど、不思議なほどトントン拍子で習わせて貰う事に。
私は菜食という訳ではないものの、年齢のせいか、ここ1〜2年で野菜と和食の美味しさに目覚めはじめ、しかし自前レシピは超マンネリ化していて困っていた時で、これはまさに渡りに船という感じだったし、レシピだけではなく、面倒と思わずに丁寧に、手際良く、ちょっとしたアイディアを生かして、葉っぱから根っこまで無駄なく使うユカさんの姿勢は、なまじ主婦業10年選手の私にも、毎回目から鱗な事ばかり。初めて使う食材も多く、我が家の食卓に新鮮な風が吹き込まれた。丁寧なのに、あっちゅう間に出来てしまうのも素晴らしい。そして、このての料理につきまとう「体に良くても味気ないじゃん」という大問題(これホント重要)は、自他共に認めるユカさんの食いしん坊力のお陰で、皆、見事に美味しいのだ、これが。
Cha.na食堂では、体に優しい定食や、スイーツ、オリジナルドリンクがお目見えしそうです。何せ真冬も真冬開催なので、はるばる来てくれた方々が温まってもらえる様な1日になれば良いなあと思います。どうぞお楽しみに。というか、私もかなり楽しみなのだ(食べる気満々)。またDMなど完成したら、詳細お伝えします。

明日は町田の工房で版画作業日なので、今日の午前中はみっちり版を作って、ランチ後は高尾山筋肉痛をほぐすべく久々にウォーキング。ゆら帝を聴きつつ、紅葉の阿佐ヶ谷住宅散策。秋の阿佐ヶ谷住宅も良いですね。青梅街道沿いの銀杏並木はまだ緑だった。五日市街道沿いのインドネパール料理屋が猛烈に気になる。散々歩いて、最後に『沖縄倉庫』でハンダマ(写真左中央の表が緑色で裏がきれいな紫色の野菜。)を初めて買ってみた。さて、どうやって食べようか。
c0138553_1725383.jpg


その前に焼き上がったレモンケーキ頂きまっす。
c0138553_17185434.jpg


あとオマケ写真の本日のおにぎり。
c0138553_22544377.jpg

とんぶりご飯に梅投入。醤油漬けした大葉乗せ。大葉は刻んで混ぜた方が良かった模様。
とんぶりの下味にも要改良。

 今は爽やかなレモンの匂い包囲中。お一つよろしくお願いします。
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-11-17 17:23 | ◎お知らせ・展示など | Comments(0)