家内リストラ

c0138553_1253033.jpg

予想は出来ていた事だけれど、先日突如現れ、我が家のベランダからの景観を台無しにした真っ黄色い鉄柱に、これまた大きな看板が取り付けられ、夕刻になるとビカッと明かりが灯る事にあいなりました。何となくウチのベランダの手すりよりも下に位置しているの所に、やや気遣いを感じるものの、もーなんか、こーなりゃどっちだって同じだよ!あああ、「P」とか「空」とかいう文字を、こんなに身近に感じる事になるとは。しかも有無を言わさず強制的に。眩しい。電飾看板が、それとしての役割を全うしているだけとはわかっているが、「P」とか「空」が、こんなにも忌々しい。今はまだ見た事がないけれど、そのうち「満」も仲間入りするのだな。あー、光り輝く「満」、余計に忌々しそうだ。
家人が「『信号機って、意外と大きいんだなー』っていうの、『転々』にあったよな。それ思い出した。」と言うのを聞いて、フハハハと笑ってしまった。ほんと、看板って意外と大きいんだなー。
c0138553_1302967.jpg


水曜日は料理家・山戸ユカさんギャラリーみずのそらにて打ち合わせ。楽しかった。雑談していた時間の方が長かった様な気もしないでもないが(これいつも?)、展覧会が良いものになるという予感沸々。11日の祝日に一日だけオープンして頂く「cha.na食堂」、もう楽しみすぎる。11日以外にも、テイクアウトの焼き菓子を販売して貰えることにもなった。楽しみすぎて困る。ユカさんと話しているだけで、この大船に乗った感は何だろう。恥ずかしながら年上である私だけれど、精神的には私の何倍も大人であると感じる彼女にお任せしておけば間違いなし。私は私がやるべき事をやる。それで良し。普段個人で仕事をしている者同士の話の早さ(1つ話せば10わかる、みたいな)があって、実に気持ちが良いのだった。本当に有り難い事です。ユカさんにお願いして良かったなあ、と改めて思いました。

して今日は、朝から家人と2人で家内大リストラ慣行。新たにやってくる自転車のためにスペースを作るべく、さらにはこれまでの生活を見直すべく、不要と思われるものを「うーわーらーっ」とかき集めた。本だらけの我が家としては、大胆にも一番大きな本棚を引退させる事にし、その分、頑張って本を減らした。後日ブックオフ行きのものと、資源ゴミ行きに分ける。
他には家人のもう使っていないアンプや、その昔、私が一人暮らし時代に三鷹の城南電気にて、故・宮路社長から直接買った事が自慢だったテレビデオ(ビデオ機能はとっくに壊れた)、なんかわからん配線の山、無記名録画ビデオテープ(あえて中身チェックせず)の山、CD(何故か「はっぴぃえんど」が3枚あった・・・)など、とにかく大量の不要品を大選出。下手をすれば、物の少ない一人暮らし人の生活道具分くらいの量が出たんじゃないだろうか。いったいどういう暮らしをしていたのか、我々は。
しかし、お陰でスッキリ!部屋が広くなった!感動した!まあ、自転車がやって来るまでの幻の広さだけれど。気分が良いものですね。捨てまくるつーのは。今後、癖になりそうである。展覧会が一段落したら家パーティーだなー。
そうそう、昔貰った手紙や書類も整理していたら、マニアからしたらヨダレもののレアグッズが続々と出てきて、近々「レアものファイル」を作ろうと思う。で、こっそり楽しもう。

その後、世界堂に行って紙を買い、そのまま旗の台・山田美容室。やっと、やっと髪を切った。私にしては珍しく2ヶ月ぶりだったので、こちらも本当にスッキリした。前髪みじか!でも軽快。その後は直ちゃんと合流し、山田さんと3人で広島風お好み焼きで新年会。実は初広島風。旨かった。広島風派になりました。しかし話題は主にM-1と芸人シャッフル。私と山田さんが飛ばしすぎで(この2人、お笑いの話になるともう熱いのです)、微熱続きの直ちゃん、ホントごめん。

帰宅したら、注文していた自転車屋内ディスプレイ用の突っ張りポールが到着していた。明日、取り付けよう。万全な準備態勢で、そわそわ自転車の入荷を待とう。例えば子供がもうすぐ生まれてくるという家庭や、留学生の受け入れ先になるという家庭って、こういう感じなのかなあとか思う。

短い前髪、直ちゃんには「面白いからいーんじゃない?」と言われました。お一つクリックよろしくお願いします。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-01-23 01:30 | ◎こんな日々 | Comments(0)