復調と今日のうめちゃん

c0138553_17135450.jpg

タミフルが効いて、今日はようやく平熱まで下がり、体の怠さが取れはじめた。

発症から48時間以内の投与でないとタミフルは効果がないそうだけれど、一昨日病院に行くまで、自分がよもやそんなジャック・バウワーばりの、あるいはエディー・マーフィーばりの時限設定物語の主人公だったとはつゆ知らず、随分とのんきに過ごしていたもんだなと思う。て、いまだに「24」は見たことが無い訳だが。そして映画「48時間」におけるエディー・マーフィーの吹き替えは下条アトムと相場が決まっている。私の中で。

医者の話だと、小学生なんかは、解熱後も48時間は登校出来ない規則らしい。まあ、大人ですから、そのへんは自己責任で。と言われたが、私には、どうしても出社しなければならない会社や、「坂本専務、どうぞご決断を!」と迫られる様な重要な会議があるはずもないので、普通に自宅に引きこもってデスクワークに勤しむ。

今朝は保護猫うめちゃんを膝に乗っけて、お互い鼻をグスグスとさせながら、ぬくぬくと作業。おー、これは夢にまで見た「猫を膝に乗っけたまま仕事する」の図!と感動。あったけー。暖房要らず。エコだねエコ。ネコエコ。ネコエコアザラク。(しつこい)
うめちゃんも膝の上が落ち着く様で、完全にとぐろ。「猫がとぐろを巻く季節」っていうコピーは、確か「動物のお医者さん」だったか。
もしかしたら、うめちゃんを飼っていた人も、こんな風に自宅でデスクワークをしている人で、膝に乗っけていたのやも、と思ったりする。

しかし途中、私の左手に顎を預けられてしまい、右腕だけの作業。定規が使えなくて困ったが、でもなんか、その不自由さにすらにやけてしまった。かわいいヤツである、うめちゃん。
午後もずっとお気に入りのソファか、バッタもんの低反発枕の上でグーグー寝ているので、その間は見事に存在感を消していた。だから私は今までと何ら変わりなく展覧会の備品作りをしていて、時々背後でピスピスと鼻の音がするので、「あ、そうだった。猫、居たんだった。」と思う。猫ってやっぱり凄いなあ。

↓うめちゃん、寝ぼけ顔。なかなかまともな顔が撮れないのです。里親さん決定の道は遠いか・・・。
c0138553_17142531.jpg


それにしても、うめちゃんは食っちゃ寝ばかりしているのに、そうそう急激には太りませんね。まだ触ると肋骨が生々しい。早くぷくぷくになれ。
しかし私も熱が出ている最中も、食欲が衰える事は全く無く、むしろ「肉が食べたい」衝動にかられ、昨晩は家人が作ってくれたカレーを食べ、一昨日はスキヤキを食べた。どっちかっていうと、普段の食生活より豪華であった。にも関わらず、体重は減少。間食が無くなったのと、早め就寝のせいだろうか。何にしても儲けもの。インフルダイエットだなあ。

そうそう、本日更新されたみずたま雑貨店さんのブログで、来週から始まる展覧会で展示販売される「昔の本棚」が紹介されています。私はその本棚のディスプレイ用にブックカバーを紙版画で作ってみました。あまり沢山は刷れませんでしたが、何枚かは販売も出来ると思います。ラッピングペーパーとしても使えそうだし、小さめの額に入れても良いかもです。
※写真はそのひとつ。
c0138553_171479.jpg


あー、明日には外出出来るかな。

いよいよ展覧会まで一週間。お一つクリックよろしくお願いします。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-01-31 17:18 | ◎楳猫 | Comments(0)