あと4日。

c0138553_1546341.jpg

なのに、こんな状態↑

このところ、2人展メンバーのみずたま雑貨店さんがブログに「展示会まであと○日!」と書かれるのを見ては、ああ、あと○日なのだな、と認識する私。という訳で、今日で「あと4日」なのであります。

抱えていた仕事、無事先ほど納品完了!!やったー!!入るはずが、いまだ連絡の来ないものも無いではないが、とりあえず、オツカレ私!アリガトウ私!
いやしかし、今回ばかりは自分が仕事の早い人間で良かった、つくづく。土壇場でこんなに盛り沢山な事(野良猫を保護、インフルエンザ発症)になるとは、思いもしなかったので、これが仕事の遅い人間だったらと思うとゾッとする。版画自体は自宅で刷れないため、もともと日数的に制限があり、だからこその早め早めの作業ではあったけれど、普段は厄介でもあるその制限のお陰だなあ。

午前中、搬入に持っていく荷物をまとめ始める。意外とある。仕事場の床はさらに埋まってしまった。まあしかし、平面作品なのだから、みずたまさんの搬入量に比べたら何のことは無い。斉藤先生のプレッシャーも無いし、へのかっぱである。
大きさ形も様々な古道具達、展示作業自体も私の数倍の時間を要すだろう。でも、きっと素敵な空間を作り出してくれるだろう。坂本は自分の展示をサクサク終えて、あとは助手になる予定。他人に指示するのは大の苦手(家人にも常々「他人を使うのが下手過ぎる」と言われている)なので、というか、だったら自分でやってしまいたい性格(これも一人っ子故か)なので、まだ助手の方が向いていると思うしね。
仕事場現状↓旧手ぬぐいが新手ぬぐいに板挟み。そして何故か村上春樹の『遠い太鼓』。奥に寝ているうめちゃん(見切れ)。
c0138553_15502293.jpg


さて、今日もうめちゃんはあんまし元気が無い。でも昨日よりは元気。毎日少しずつ回復していると信じるしかない訳である。昼間、郵便局へ行ったついでに、子猫用のキャットフードをいくつか買ってきた。(どんどん溜まっていくお試しフード達)獣医の話ではとにかくもう少し太って、体力を付けて貰わない限り、次なる検査、治療には行かれない、との事で、栄養が高いという子猫用に望みを託す。
そういえば以前、町田の工房で隣の席になったおばさまが、午前と午後予約していたにも関わらず、「今朝、猫が熱を出していたから、やっぱり心配だから」と、午後の分ををキャンセルして帰られた事があった。今ならその気持ち、むぬ凄い臨場感と共に理解出来る。
昨晩眠る前に、久々に大島さんの『グーグー』を読んだら、グーグーはペットショップの猫なのに、飼って早々に虫下しを飲まねばならなかったり、サプリメントのカルシウムを飲まねばならなかったり、なんか、大変そうだった。野良のうめちゃんの方が、まだ楽かもとすら思えた。
そして大島さんは、やはり尋常でない猫オバサンである事を再認識した。自分も実際に猫を保護するという事をしてしまったが、足下にも及ばない。恐れ多い。いや本当にちょっと恐い。
とにかく元気になれ、うめちゃん。
c0138553_15525330.jpg


家人が展覧会までの日数分「風邪をひかないように」と買い置きしてくれていたうどんや風一夜薬本舗生姜湯(辛味絶佳)、今最後の一袋を飲み終えてしまった・・・。そりゃそうだ。毎日二袋ずつ飲んでいた(美味しすぎて)んだもの。しかもまんまとインフルエンザまでかかってしまった訳だが、あと4日、いったいどうしたらいいのだろう。途中になっている確定申告も、どうしたらいいのだろう。(忘れてしまいたい)

て事で、よろしくドウゾ。

『日々刻々』2人展 坂本千明(版画)×みずたま雑貨店(古道具)@ギャラリーみずのそら
詳細はコチラ

4日間出来うる事を全てやります。お一つクリックよろしくお願いします。


追記:今日の日中、陽射しが降り注ぐベランダを窓越しに凝視するうめちゃんだったので、出たいのかと思って、ちょっと窓を開けてみた。すぐさまズルズルと後ずさり。出る気は無いようである。本当に野良なの???
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-02-03 15:54 | ◎こんな日々 | Comments(0)