思い出俄爛道

c0138553_10513771.jpg

おはようございます。
今朝はどーにもこーにも布団から出られず、もうこのまま一生こうしていたいーと思ったけれど、うめちゃんの「ごは~ん、ごは~ん」攻撃にあっさり断念。これが生き物との生活というものなのだな。
いざ起きれば、放置していた仕事(ゴメンナサイ)が机の上にあり、実になつかすぃー感じで確定申告の書類もあり、背後には煌びやかな場所から、舞台裏の、しかも奈落に引き戻された作品の束があり、うーん、となる。うーんとなりながら、とりあえずうめちゃんと遊んだり、ボーッと白湯(展覧会期間中、飽食すぎたせいか、朝は白湯しか飲めず)を飲んだりしてしまう。虚脱。

さて沢山の、実に沢山の人々の協力のお陰で、『日々刻々』展、全日程を無事終えました。これぞ「祭りのあと」つー感じです。
最終日も本当に大勢の方々にご来場頂き、実に賑やかに幕を閉じる事が出来ました。本当に有り難うございました。中には2度3度と足を運んでくれた方もいて、普通展覧会なんてね、そうそう何度も観に行くものでもないものでしょうに、そんな風にあの空間を楽しんでもらえたのが嬉しかったです。
会期中、足を運んでくれた全ての人々、行きたかったけどやむにやまれぬ事情で行けなかったという人々、皆さん有り難うございました。

今回力を貸してくれた料理家・山戸ユカさんのお菓子も見事に完売しました。スバラシイッ!!それを目当てに何度も通ってくれた方もいたほどでした。Cha.na食堂以降、料理教室の方も問い合わせが増えているとの事。この展覧会をキッカケに、何か少しでも次へ繋がってくれたなら、何だかとても嬉しいです。というか、私も早く教室に復活したいのです。さあ皆様こぞって参りましょうぞ。

みずたま雑貨店のチエちゃんも、初ギャラリー展示というプレッシャーもあった中、毎日閉廊後にパタリと倒れてしまうのではないか心配してしまうくらいだったけれど、実に堂々と彼女のセンスの光る品々を表現してくれました。これからも彼女の目で選ばれた古道具達が、沢山の人に引き継がれ、新たな余生を送ってくれる事でしょう。今後に期待しています。みずたま雑貨店は毎月第3日曜日の大江戸骨董市に出店されていますので、今回ご興味を持たれた方、会場には来られなかったけれど見てみたいという方はぜひどうぞ。骨董市自体も楽しいです。

そして毎日毎日美味しいごはんを作ってくれたギャラリーみずのそらオーナーの小峰さん。我々以上に寝不足の日々であったにも関わらず実にパワフルで、名門マラソンチームの監督よろしく、9日間、いや足かけ4ヶ月、ダメランナーな我々にガッツリ併走して頂きました。最後は殆ど「わたしゃ福士加代子か?」つーくらい這いつくばって、膝も笑い、顔もヘラヘラだった訳ですが、へたりそうな時の給水、声かけのタイミングが絶妙で、そのお陰で何とかゴール出来た様なもの。
小峰さん、本当に感謝です。有り難うございました。

がらんどうに戻ったみずのそら。空気公団の「思い出俄爛道」が頭ぐるぐるします。
c0138553_11134670.jpg


さて、坂本は休んでおれません。こっから虚脱終了。
ちょろちょろ書いてきましたが、4月下旬には工房くらげと二度目の二人展が待っておるのです。今週末からもう工房通いなのでした。はっはっはー。こんなスケジュールに誰がした。ま、私なんですけど。
そちらは『日々刻々』とはまた違う展覧会になると思います。というか、しないといけない訳ですな。前回の二人展から一年経って、今度はどんな工房くらげ作品がお目見えするのか、とても楽しみです。
いやー、さすがに倒れそうですが、何せ今年の蟹座は「命がけ」。まだまだ「命がけ」にはほど遠いのであります。他にも新たにやりたい事もあるのです。今回得たヒントを元に何やらグッズも作らねばなー。
あ~あ~川の流れのよ~に~ 頑張りむあす。よろしくお願いします。

と言いつつ、今日は9日間留守番させまくりでご機嫌ナナメの保護猫うめちゃんを存分にかわいがってやるのです。
c0138553_1104242.jpg


ただひたすらみんなに有り難う。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-02-16 11:17 | ◎こんな日々 | Comments(8)
Commented by ぴぃ at 2009-02-16 13:20 x
おつかれさまでした!こちらから初コメントでっす。
恐らく一番忙しく慌ただしかったであろう日にしか行けなかったのが心残り。
作品も雑貨たちもあの空間もすごく良かったのだけど、
何だか落ち着いて対峙できない感があり……
平日に行けないんだから仕方ないんだけどねー。
版画のポストカードにも気づかなかったのだ(:_;)

あらためて牡羊座の占いを見たら「お?こういうことか?」と思うところあり。
よーし今年は面白い年にするぞー!(今さら)

二人展、今から楽しみだなあ。
あ〜うめちゃんゴロゴロさすりたいっっっっ。
Commented by sakamotochiaki at 2009-02-16 13:29
ぴぃ
うひょひょ!有り難う。
2009年はパティシエの道に進む!とかね。
いや、本当に美味しかった。
女子校で女子から貰うバレンタインチョコレート気分でした。

ほんと、じっくりゆっくり話せなくてゴメンね。
なんなら自宅にじっくりゆっくり作品観に来て。
鬱陶しいくらい説明するから。
うめちゃんもさすりに来てやって〜。
♀のくせに女好きかも。(女子校っぽいな)
Commented by kyoe_noriko at 2009-02-17 14:29
はじめまして。
会社員しつつ、こそこそと版画製作をしている通りすがりのモノです。
エッチングとコラグラフなんかをやっていうるのですが、紙自体にドライポイントというのに興味があって検索していたらたどり着きました。
作品を拝見して興奮です。私も実験してみなくてはと思いました。
個展、残念です。知るのがもう少し早かったら、是非作品を生で拝見したかった!版もあったのですね。
うわー勉強になったろうにと悔やまれます。

また遊びに参ります。
Commented by sakamotochiaki at 2009-02-17 19:39
kyoe_norikoさん
はじめまして。
コメント有り難うございます。
私は紙版画、というか、版画自体をまだ始めて間もないので、
kyoe_norikoさんに比べたら、本当にぺーぺーだと思うので。
お恥ずかしいです。
でも、紙版画の魅力にはすっかりハマってます。
4月にも陶芸と二人展がありますので、よろしかったら観に来て下さい。
たぶん、版も展示すると思います。
Commented by kyoe_noriko at 2009-02-18 09:14
私もぺーです。
いやいや、ぺー以下ぽーぽーかもしれません。
やっているというほど、やっていないので・・。無駄に年数が長いだけです。
4月、楽しみです。

遡って拝読していたら、空気公団のPVが友人作だったり、町田の版画美術館のことやら、あれこれツボであやうく書き込み魔になるところでした。いい歳して興奮しちゃってお恥ずかしいです。
Commented by sakamotochiaki at 2009-02-18 10:45
kyoe_norikoさん
わ!空気公団のPV、ご友人が撮られてるんですか!
凄い凄い。私、空気公団大好きなんです。
まだライブは1度しか行かれていないですが。
版画美術館も、ひょっとして使われていらっしゃいますか?
私が紙版画の楽しさを知ったのも、ここの工房でたまたまご一緒した
宮澤ナツさんの作品からなんです。
ナツさんの紙版画、相当素敵ですよ。(右のリンク、良かったらご参照下さい)

書き込み魔、ウェルカムですよ〜。ははは。

Commented by kyoe_noriko at 2009-02-18 11:46
何度もご免なさい(ここにはこれで終わりにしますから!!)

あの、変なドラ○もんみたいなのが出てくるやつ、あれを撮ったのが友人です。といっても、最近は年賀状だけの間柄ですが。
家にあの着ぐるみが転がっていて、面白かったのを思い出します。

宮澤さんのも拝見しました。あのドライポイントの線は魅力です。もともとドライポイントがスキでスキで・・。銅版画と紙版画を上手く組み合わせたいので、勉強しますよ。

町田は、昔行ったことがあります。今は小さなプレスを持っているので行かないのですが、1人黙々とやっていると、版画仲間が欲しくなりますね。切磋琢磨できるし、コツも教えあえるし、勉強にもなりますし。うぃーむ。
(あ、恐らく同い年です。宜しくお願いいたします。)
Commented by sakamotochiaki at 2009-02-18 18:35
kyoe_norikoさん
いえいえ何度でも。
なんと、あのPVですか!変なドラ○もん・・・確かに(笑)
あれが家に転がってるというのは、何というか、相当シュールですね。

私は版画を始めたばかりで、
しかもドライポイントしかやっていないのですが、
絵を描いている動作と、殆ど変わらない所が、本当に気に入ってます。
銅版と紙版、楽しそうですね。
そう、紙って本当に自由なんだなあという気がします。
どうにでもなっちゃうところが本当に楽しいです。

あら、同い年ですか。それはそれは〜〜〜。
私はプレス機を持っていないので、欲しいデース。
でも置く場所が無い・・・。
今回グッズでハガキを作ったのですが、意外と好評だったので、
ハガキ用の小さい卓上プレス機を買おうかなあとは思ってますけど。