彼女。判定はシロ。

c0138553_16364160.jpg

仕事の合間にうめを連れて病院へ。体調も落ち着いてきたという事で、エイズと白血病の検査のため。
思い切って病院を変えた。実は前々から気になっていた高円寺にあるI病院。これまで何度も前を通り過ぎる度、里親募集の張り紙を眺めては「ほー」とため息をついたり、ネットで見かける評判が良かったりで、動物を飼ってもいないというのに、何かの時はここだな!と思っていた。(馬鹿である)
それで、うめを保護した日、本当はこのI病院が真っ先に頭に浮かんだのだけれど、あいにく休診日で、やむなく徒歩2分の場所にあるK病院に通う事になった。まあ、その時は何よりも近さを優先したというのもある。しかし何処がどうという事はないのだけれど、なんとなーく肌に合わず(特に受付のお姉ちゃんあたり)、病院を変えるタイミングを計っていて、先日の診察で体重も増え、ひとまず安心、次は諸々検査ですねー、タイミングをみて避妊手術など・・・という段になったので、これは変えるならば今だな、と思った。猫を飼ったことが無いので、ましてや手術など受けさせた事もないため、全くわからなかったのだけれど、K病院の料金設定はやや高かったらしく(猫先輩のシミズさんより知る)、実際I病院に問い合わせたら、あらまあ随分と安かった。避妊手術も日帰りで理想的(K病院は二泊三日)、しかも初診料も安かった。
そして何より先生がもの凄く良かった。受付から診察、検査まで一人でされているのに、凄く手際が良く、なんと言ってもキャラが私好み。口調は優しくはないけれど、でも愛を感じる。(K病院は口調が妙に優しくて、それもやや不気味だった。勝手な好みだけれど)そして猫の扱いが、もースバラシくて、終始「ほほおおおおお」と見とれる。まさに借りてきた猫なうめは、何をされても無抵抗。鳴きもしなかった。「嫌がるかな〜?」とバリカンでお腹の毛を剃り避妊手術の痕跡をチェックする際もキョトーン。首元から注射器で採血されているのにキョトーン。
「なにコイツ!おっとなしいいいー!!」と驚かれ、私が「はい。こんな調子で、私、猫素人なんですが、全く、一切、手を焼いていないんです」と言うと、「まーね、人間でもいるからね、変わったヤツって!ワハハハ!」と笑われた。やはり変わったヤツだったのか、うめは。

そして検査結果はシロ。よ、良かったよおおおおおーーーーーー!!実はちょっと緊張していたので、本当に嬉しかった。しかし諸々検査がシロなんて、いよいよ野良猫説薄!
お会計時、先生(会計ももちろん一人でやっている)に「これで大手を振って里親探しは出来るけど、彼女も坂本さんの事、慕ってるみたいだし、まあ、僕としてはこのまま飼って欲しいけどねー。名前まで付けちゃあねー。愛着沸くでしょーよ。」と言われ、一瞬「彼女」という言葉がうめを指している事に気づくのに時間がかかってしまった私だった。そうかー、彼女かー、そうかー。
私の後にも次々と常連猫がやってきていて、なるほど、いい先生だもんなーと思った。
涙がまだ止まらない点が気になったけれど、K病院で長いこと抗生物質を処方され、与え続けていた事を話したら、ちょっと薬はお休みして様子を見ようという事に。うーん、私、薬に関して何の疑問も持っていなかった。病院選びって難しいなあ。でもI病院は何だか安心だ。もしかすると来週にも避妊手術をお願いするかもしれない。

どうでもいいけれど、徒歩10分程の道のりを小さいボストンバッグを抱えて、それに向かってボソボソ話しかける私は、捨て違う人たちの目に相当不気味に映った事だろう。

彼女、「もしかしたら1歳くらいかもねー」とも言われた。いずれにしろ謎の経歴は明かされる事はないのだね。
c0138553_16375471.jpg

あ!いよいよ100%猫ネタになってしまっているー!

いかんいかん。という事で、昨日観に行ってきた杉本文さんの写真展、すごーく良かったです!1度見ているはずの写真達が、全然違って見える不思議。時間って、重要なんだな。それと開催されているお宅(個人宅ギャラリーなのです)が、これまたすんばらしい!!とりあえず、早々に家政婦希望提出しておきました。ちょっと遠いですけれど、いやいや、あそこは行ってみる価値がある!!ぜひ!!

前向きに諸々検討中なれど、どうしたもんでしょね。お一つクリックお願いします。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-02-20 16:50 | ◎こんな日々 | Comments(6)
Commented by しみず at 2009-02-20 19:43 x
うめちゃん、病気じゃなくてよかった〜!
うちのキャッツの検査の時を思い出しました。同じ気持ちだったよ!
いつも思ってたんだけど、うめちゃんってシッポがながくて優雅なコね。カワイイ♥
Commented by sakamotochiaki at 2009-02-20 20:15
しみずさん、有り難うございまっす!
なんか、やっぱり思っていた以上に緊張していたので、安心しました〜〜
安心したら気が抜けたのか、帰ってから体調がドーンと悪くなり、
今まで寝込んでました。
ああ、自分の体調管理が全然出来ない。子供みたい。
でも何も出来ない私の手をうめちゃんがペロペロ舐めてくれて、
ふだんあまり舐めたりしないのでビックリ。
わかるんですねー。凄いなあ、猫って!!
Commented by natsu_miyazawa at 2009-02-20 20:24
おつかれさまー!
なかなか病院って連れてく方も神経使うよね。
しかし彼女(うめちゃん)は美猫になるよー
性格もいいし、スペシャルな「猫の恩返し」するに違いない。
ちあきさんもゆっくりやすんでにゃー
Commented by sakamotochiaki at 2009-02-20 22:56
ナツさん、ありがとーございます!
実は38度超えの発熱になってしまいました〜。とほほ。
ああ、日曜日、町田にいけるのだろうか私。
何とか明日中に復調を目指します!
美猫、なってくれるといいな〜。
でも大半はブサイクなんですよ。目つきがね。
でもかわいいです。
Commented by kyoe_noriko at 2009-02-21 08:39
言いたいことを伝えるすべが限られる猫なんかは、人間以上に病院とか気を使いますよね。
良いところに出会えてよかった・・。信頼できるお医者さんで何よりです。

もしかしたら猫先輩がたくさんいらっしゃるようなのでご存知かもしれませんが
自治体によっては、避妊手術の一部負担をしてくれるところもありますので、調べてみてはいかがでしょう。
私のときは、(当事千葉県在住)5千円の補助金が抽選(!)で・・というのがありました。実は私はその抽選にもれたのですが、手術をしてくれた医師が抽選にはずれたことを知って、「捨て猫を保護したんだしね。」といって、5千円割引してくれましたよ。
Commented by sakamotochiaki at 2009-02-21 09:54
kyoe_norikoさん、ありがとうございます。
そうそう、そうなんですよね。
まだ杉並区に問い合わせしてなかったんですけど、
聞いてみようと思っていたところです。
しかし、そのお医者さんは良い人でしたね。
というか、 kyoe_norikoさんも捨て猫保護されたんですねー。
昨日のお医者さんも「まあ、野良の大半は捨て猫だから」と言っていて、
なんか、やるせなかったです。