今夜は耐えろ

c0138553_23161044.jpg

本日は約20日ぶりに町田の工房にて刷り作業。
たった20日ぶりだったけれど、何だか懐かしい様な気分であった。手洗い場の爪用ブラシ、クッタクタにへたっていたヤツが消え失せて、新顔が増えていた。あのへたり具合と毛の固さがお気に入りだったので残念。

c0138553_23311299.jpg

一日中、頭を使わなくて良い版ばかりをリハビリを兼ねて刷り倒す。一昨日、うめのエイズ検査を終え、帰宅したあたりから猛烈な悪寒に襲われ、あらよあらよと言っているうちに、起きておれない位になり、まさかと思って体温を計ると既に38度超、うっそーんという感じで吐き気にも見舞われ、文字通り「ダウン」してしまったのだった。馬鹿は風邪をひかないというが、あんまり馬鹿も度を超すと、インフルエンザを2週間におきに経験する事もあるのかああああー!とうなされていたのだが、それらしい症状が他には全く見られず、翌日には解熱剤が効いて、スイッと平熱に。ただ尋常でない眠気に見舞われ、仕事をしている時と食事をしている時以外は寝ていた。布団に移動する間も惜しい程で、居間の畳の上で、ちゃぶ台の上のニトログリセリンにあと一歩届かず無念の死、くらいの体で倒れ込んでいた。もし、そこが雪山で「寝ちゃダメだー」と往復ビンタを食らわせられたとて、確実に、しかもあっさり眠りに落ちていた事だろう。なんだか、畳で命拾いした気分。(得な性格)

その間、ほぼずーっと、うめちゃんは私の側を離れず。というか、時にお腹の上に鎮座し、ややはた迷惑ではあったが、「おお、心配してくれているのね!猫の恩返し第1弾ね!(実際何もしていないが)」とホロリと泣きそうになった。が、今日、工房でお隣になった猫先輩(世の中には、まこと猫先輩が沢山おられて、私はとても有り難い)に「それ、熱のせいで体があったかいからだよー。奴らは人の心配なんかしないよー。」と言われ、夢儚くも破れる。ホロリ。

まあ発熱の原因はシンプル。展覧会が終わった事、その後の事後処理、確定申告作業、猫の検査などが全て片付いた直後という事で、単純に気が抜けたんでしょう。わかりやすい、私。いや、自分で自分の体調が全く読めていないから問題か。仕事とか、誰にも迷惑はかけていないけれど。(あ、嘘です。家人はコレでいつも大変迷惑しているのだった。スイマセン。)ああ、これでまた山田さんに「坂本さん、丈夫に見えて実は病弱説」を唱えられてしまうなー。

明日は朝からうめちゃんを病院へ連れて行く。避妊手術のため。夕方にはお迎え。
今日は夜0時以降、水以外は口にさせないように言われているので、コレを機に、今日から食事の時間と回数をきちんと決めようと思っていた。
なんせ今までは「うめちゃん増量キャンペーン中」だった訳で、食べたい時に食べさせ、ドライフードは常時お皿に出していたのだ(ついこの間までは高カロリーの子猫用まで食べさせていた)。けれど、このままずっと続けていたらさすがにマズイ訳で、最近は少しずつ回数を減らしていたのだけれど、途端に、これまであんまり手を焼く事の無かったうめちゃんの、夜中から明け方までの「ごはんくれーくれー」攻撃が始まってしまい、私も家人も寝不足の日々。これまで食べたい放題だったのだから仕方ないけれど、これには参ってしまった。眠気に負けて、つい食べ物を与えたりもしていた。これじゃあ、いかん。ここでなんとかしなくては。今日の0時から「くれーくれー」攻撃に屈しないスパルタ教育を決意し、鼻息荒く帰宅。と、キッチンの床にドライフードの袋が食い破られて、無残な状態で落ちていた。
うめよ、どこまで食べ足りないんだ。(まあ、届く場所に置いた私が悪いけど)出鼻くじかれ感充満。とにかく今晩はスパルタだ。耐えろうめ、そして私。

まだのんきなうめ。
c0138553_23161996.jpg


にんにん。お一つクリックお願いします。


明けて23日(つーか、昨日は2/22で猫の日だったのね)追記。

先ほどI病院にうめを預けてきました。昨夜は少し鳴いたけれど、事前の「言い聞かせ」が効いたのか、いつもよりは大人しかった様な。まあ、それでも5時半頃には起こされ、なだめすかして3時間。異変を感じ取って、珍しく私を避けるうめだった。バッグを抱きかかえ(だから傘もさせず)、徒歩10分。すっかり落ち着いてしまったうめは、I病院ではまたしても借りてきた猫だった。クシャミと目やにが復活してしまった話をしたら、本来は予防接種を先にやっておくべきところだった、今回は私の都合で手術を先にして、抜糸後、改めて予防接種にするしかない、幸い今の風邪の症状はそんなにひどくないから、と先生。ゴメンナサイ。全て私の事情です。

落ち着くという理由で大きな『洗濯ネット』に入れられたうめを見ていたら、何だか泣けた−。しょぼくれ具合が。
がんばれー、と一撫でして去ってきた。お迎えの夕方まで長そうだ。がんばれうめ。
c0138553_93583.jpg

[PR]
by sakamotochiaki | 2009-02-22 23:29 | ◎こんな日々 | Comments(0)