冬の雨の阿佐谷住宅

c0138553_23243946.jpg

冬ぶり返し。
でもこの寒さを超えれば春。冬の悪あがきよ。と感じる。何度もしつこいが、先日の二人展『日々刻々』では、このくらいの寒さを予想していたんだよなあ。

昨日避妊手術を受けたうめちゃんは、帰宅後からほぼ飲まず食わずで寝ている。目もパチクリと見開くことがない。まるで保護時に戻ってしまったよう。お気に入りの押し入れの中で、ただじっとしている。麻酔も切れて、痛いに違いない。(自分の盲腸の手術時を思えば想像はたやすい)昨日の朝、病院に行くまで元気だったので、うるさいくらいごはんを催促されたり、飛びつかれたりという姿が見えないと、家が静か。何だか私まで消沈する。
『グーグー』の中にもあった様に、今うめちゃんは全体力を使って自己治癒に集中している様に見える。ものを食べるパワーや、歩くパワー、遊ぶパワーを全て傷を負った場所に向けているみたいに。
錠剤を飲ませるのに苦戦して(しかもやっと飲ませたのに数時間後、食べ物と一緒に戻されてしまった)、また右手にひっかき傷を増やす。甘えるうめちゃんに散々噛まれて既に傷だらけだったのに、もう、人前で出すのが恥ずかしいレベル。知らない人には、なんか厄介そうな人だと思われそうだ。
そんな訳で今日のうめちゃんの写真は無くて、数日前に撮った岸田劉生ばりのうめ子像。長い尻尾は巻いて収納。
c0138553_23271542.jpg


午後はうめちゃんを残して阿佐谷住宅へ。
曇天の阿佐谷住宅も良い。確定申告のために税務署に来ている人がチラホラ居て、いつもより人気がある。赤い三角コーンが並んだ中で、チェーンソーの音がする。やっぱり木が切られているんだな。
c0138553_2330452.jpg
c0138553_2331542.jpg
c0138553_23333178.jpg
c0138553_2334214.jpg
c0138553_23341496.jpg


いつも外から眺めてばかりの阿佐谷住宅なれど、今日は違うのであった。なんとその中のテラスハウスにて、さる打ち合わせをしてきたのである。ひゃっほー。
あまり長い時間では無かったので、要点をサクサクと、あ、いや、脱線が多かったか・・・。ともかく予想を上回る素晴らしい内部であった。すんごく広いの。キッチン収納部、鴨居などには半透明の白いアクリル(ガラスか?)板が配されたり、トイレの壁やドアにも一部に磨りガラスがはめ込まれて、トイレの照明がそのまま玄関や、廊下を照らせる様になっていたり、いちいち憎らしいほど粋。そして味わい深い古い家具や生活道具から住んでおられる方の物への愛情を感じる。これは先日お邪魔した杉本文さんの写真展の会場となった個人宅ギャラリーでも感じたこと。沢山の物達が(ちょっと雑多なくらいの)、そこに住む人や、その歴史を「これでもか」と表していて、でもそれは部外者を拒んだり、押しつけて来たりする事も無く、実に当たり前に、しっくりとそこにあるので、とても居心地が良いのだった。

今日はバタバタと拝見したので、細部までゆっくり見る事は出来なかったけれど、もう時間があったらずーっと「おおお」とか「ほっほ~」とか「どわー」とか言って見回していた事だろう。確かに古さも一級品ではあるし、不便な事も、強度の問題も多々あるでしょうが、いや、やはり凄い阿佐谷住宅。
美味しい桜餅をご馳走になり、なんか最後はゲラゲラ笑って帰ってきた様な気がする。徒歩で行かれる打ち合わせっていーなー。

左が玄関から見たトイレの照明。中央はトイレ側。右はトイレのドア下から漏れる光。焦げ茶と白と光。幸せトリオ。
c0138553_2342349.jpg

パリのアパルトマンじゃないのですよ。
c0138553_23421650.jpg

ご馳走様でした。
c0138553_23422999.jpg

背中が広かった石井ちゃん。いや石井先輩。うめちゃんも早く丸くなりますように。
c0138553_23423870.jpg

そうそう、石井ちゃんに甘噛みされたら、そのあまりの気持ちよさに、うめちゃんのは甘噛みじゃなくて、本気噛みだった事を悟る(手が傷だらけになる訳だよ・・・)。そういうのどうやって教えたら良いのか。猫同士だったら噛まれたりして加減を知るんだろうけど。って、まるで野生のライオンの子供を保護したかのようだな。

明日はプラネタで働く星さん(同級生)が、うめをひっそり見にやって来る。

丸い猫って何であんなにかわいいのかねえ。お一つクリックぜひ。


明けて25日追記。
昨夜は押し入れから出てきて、一緒に寝室で寝たうめちゃん。やっと食べ物を催促するようになってきたけれど、まだほんのちょっと。さっき早速噛まれたので、昨日猫先輩友人からのアドバイス「大きな声を出してアピールする。その後もしばらく痛そうな演技を続ける」を実践。泣き真似までしてみた(グーグーでは通用していなかったけど)ら、「えっ」て顔するうめ。その後、1mほど距離を置き、ポツネンと座っていた。反省してたのかな。しばらくコレを続けます。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-02-24 23:47 | ◎こんな日々 | Comments(0)