断爪式

c0138553_13385928.jpg

明日からの帰省までに終わらせねばならなかった仕事終了!押忍。

やれやれ、という事で、午前中はうめちゃん抜糸のためI病院へ。よもや、ここまで凄いとは思いませなんだ・・・と術後の「ごはんくれ」攻撃に寝不足の旨伝えると、ハッハッハーと笑いながら、パチンパチンと抜糸を済ませるI先生。実は避妊手術の際にわかったことなのだけれど、子宮に大量の水が溜まっていたそうで(水腫というらしい)、それが原因で今後発情に至らなかった可能性もあるが、放っておいたら何らかの病気に発展しうるものだったので、結果的には手術により元から摘出したのは良かったと言われる。「どう?手術後、前より元気じゃない?」と聞かれ、確かに、特に縦の動きが活発になったし、悪戯も増えたと伝えると、「それが猫本来の動き。これまでは水腫のせいで体調不良だったという事」と。なるほど、今まで手がかからなすぎたのは、うめちゃんが不調だったという事か。深く納得。寝不足も、悪戯されるのも大変だけれど、体調が良くなったのなら良かった良かった。

それと前回話していた風邪の予防接種もしてもらった。相変わらず無抵抗のうめちゃんだった。鳴きも暴れもしなかった。この猫かぶりめ!あ、猫猫かぶりか?

本気噛みについても相談して、ついでに「初心者で~、よくわからなくって~」と日頃封印していてホコリとカビまみれの「女子」を引っ張り出し、I先生に爪切りデモンストレーションをお願いする。といいながら全部の足をやってもらう。どえええ!そんなに思い切り行っちゃっていーんすか!て位切るので、うっひゃあうっひゃあ!言ってしまった(女子継続不可)。そして、いつかテレビで見た「世界ビックリ人間大集合」みたいな番組に出ていた「世界一爪が長い」というインド人のオッサンを思い出した。
何でか放送中に、長年かけて伸ばし続けた爪を切る!という展開になり(そのために局はいくら積んだんでございましょうか)、それはもう、ただ長いというレベルを遠に超えた、もはや気持ちわりい!て程に複雑に入り組んだ前衛生け花の様な爪(とっくに爪の様相ではなかったが)を、ペンチか何かでバチンバチンと少しずつ切っていくのだった。切っている最中、オッサンはとても痛そうに顔を歪めて、しまいにゃあ涙を流したので、「長年伸ばしているから、爪に神経が通っているのかもしれませんね」なんて事を誰かが言って、私は、し、神経〜?!と驚き、やはり、うっひゃあうっひゃあ!と言っていた。
でもその涙は、切りたくなかったのに切らされた「大人の事情」の涙なんだろうと、子供ながらに察し、オッサンを可哀想に思った。所詮爪なのに、というのも、余計に切ないのであった。が、切り落とされた爪は、恐らく強度を増すために何重にもマニキュアでコーティングされていたせいで、全てが爪らしさから逸脱しており、木の枝の様に太く黒光りしていて、なのに断面は妙に粉っぽくひどくもろそうで、不気味でもあった。
うめちゃんの爪も、あんなに私の手の甲を傷だらけにするほど鋭利で頑丈そうだったけれど、切り口は同じように粉っぽくもろそうだった。ああ、これからこの作業が出来るかな、私に。でもお陰で、引っかかれても全然痛くない。素晴らしい(私的事情だけれど)。がんばろ。

さて、明日から天草帰省である。
三泊四日、うめちゃんは工房くらげの直ちゃん邸に預かって頂く事になりました。(その前に、一旦MNOメンバーのカズエちゃん邸にて一時預かりを数時間)今回は連れて行かれずにすみません直ちゃん、カズエちゃん、そしてうめちゃん。
直ちゃん邸には先住猫のサビが居て、しかし私は殆ど残像(お宅にお邪魔しても、どこかに隠れてしまう)か、直ちゃんが撮った写真でしか見た事がないという、幻のような猫なのだけれど、そんな人見知りなサビと、お泊まり初体験のうめ、大丈夫でしょうか。サビのストレスが心配なれど、もしも相性が良ければ、うめの教育係になってくれやしまいかと勝手な思惑は膨らむのだった。
しかし、猫プロが揃う直ちゃん邸の居心地が良すぎて、私の顔を忘れてしまったらどうしよう、アタシを置いてけぼりにしたアンタなんかもう知らんわい、と言われたら・・・ううう。と今から気が気でない。という話をしたら、山田美容室の山田さんに「殆ど恋愛だね。」と苦笑いをされた。確かにこれは恋愛だな。ツンデレ嬢との。
うめちゃんもようやく落ち着いた所なのに、バタバタとさせてストレスを与えてしまいそうなのだけれど、ここはひとつ大らかさでもって乗り越えて欲しい。ともかく頑張れうめ。

そうそう、昨日念願のテーブルが届いた。
いやーいいですな。テーブルで食べるご飯。テーブルで飲むコーヒー。今までは主に低いちゃぶ台を使っていたので、背骨にも優しい。丸っていうのも凄くいい。頑張れば6人くらいは座れそう。飲み会やらねば。
c0138553_13405569.jpg

しかしテーブル導入に伴い、やはりキッチンが手狭になった。前から使っているアジアテイストのチェスト(?)はいよいよ引退決定みたい。香奈ちゃん、落ち着いたらいつでも見に来てね。

今日一日うめちゃんを名残惜しみます。お一つクリックよろしう。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-03-05 13:56 | ◎こんな日々 | Comments(0)