風が強い日だった。

c0138553_20423552.jpg

本日も朝4時半にうめに起こされる。

外出仕事の多い家人が寝不足になるのはあまりに不憫なので、コソコソとうめと居間に移動して、一旦毛布にくるまり畳の上に横になる(ソファーよりヒーターが近くて温かいから)。そのままギアーオギアーオとラマダン明けのギャル曽根か?つー程に鳴くうめを騙し騙し、のらりくらりと1時間半を潰す(ご飯の時間をだいたい朝6時、夕方6時と決めているから)。

今日はやけにお触りさせてくれるうめ。そのツンデレテクニック、いったい何処で習得したやら。けれど鳴きすぎのせいか声がますますダミ声になって凄みを増していく。推定2歳にして場末のスナックのママの様。『スナック楳』。

どうでもいいけれど、広島では「スナック」の事を「スタンド」というらしいですな。昨夜、「県民SHOW」で知った。立ち飲みでもないのに何故スタンド。さらにどうでもいいが、知らないうちに東京一郎(あずまきょういちろう)は妻をめとり、転勤族になっていた。さすがに前の設定(日本各地で嫁探し→意中の彼女にフラれて終了)にも、京一郎単体にも飽きていたし、カワイイ嫁のお陰で大分面白くなっていた。次の転勤先は熊本なので、楽しみだ。

転勤といえば、旦那さんの転勤で長いこと福岡に住んでおられたお友達のIさんから、午前中メールがきて、なんと4月から東京に戻るとのこと。やったー!
Iさんは私が昔アルバイトしていた美術洋書店時代からのお友達にして、飲み仲間にして、料理上手にして、お裁縫上手、キレイな奥さんにして母。またIさんのご飯を食べられるう~!いや、そこは「またIさんに会えるう~!」だろ私。とにかく嬉しい。この年齢にもなると実に貴重な同性の飲み仲間を確保した喜びに浸る。福岡をとても愛していたIさんは複雑な気持ちかもしれませんが、また一緒に飲めるのが楽しみ楽しみ。そうか、少し前にIさんが、いや正確にはIさんの作ったらしき麻布か何かで作られた作品(どういう物だったかは曖昧なれど)を見せてもらう夢を見たのだけれど、この前触れだったのかなあ。今度は実際に見せて貰おう。

で、本日も午前中に仕事一件納品。10時前にブランチをガッツリ食べて、その後新宿世界堂へ。いつも使っていたアルデバランという紙では無く、ハーネミューレという紙を買ってみようとしたら、た、高いのね・・・。というか、紙って高いよなあ。嫌な汗をかきつつ3枚だけ買いました・・・。あとはややお手頃なニューブレダンというのを
4枚。しょぼん。
そうそう、プラネタリウムで働く星さんが我が家に来た時、版画作品ファイルを見て、「アルデバラン」という名前を聞くなりアッハッハーと笑い出して「紙の名前って面白いねー。アルデバランって星の名前だよ」と言っていた。そうだったのかー。

帰宅後、睡魔に襲われ夕方まで事切れる様に昼寝。またしても畳の上で。そこにいそいそと寄り添って寝るうめ。このこのー。

突然ですが、何じゃこりゃー!↓
c0138553_20531724.jpg

日常に突如現れたインスタレーションアートか?
いえいえ。避妊術後、元気過ぎるうめが、シンクやガス台に登る様になってしまったので、人間不在時と夜中はこの状態に。最初は、台に上がったら足裏ベタベタでイヤ〜ン作戦だったはずが、気が付いたらガムテープジャングル、或いは出航する船か。こんな所にまで隙間恐怖症を発揮しなくてもいいよ私。しかし一度、夜中にガムテまみれになった事もあるというのに、全く懲りていない様子のうめが悩ましい。効果無しかなあ、この方法。

そして「最安値」追加の恩恵か、一昨日、ついに初めて「満」が灯っているのを見た・・・。
c0138553_20493949.jpg


それと一昨日、突如現れたどんより雲。
c0138553_2048253.jpg


本日うめ写真ございません。ブルータス猫特集号でも見て過ごしましょ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-03-13 20:56 | ◎こんな日々 | Comments(0)