エジプトだったり、アルプスだったり。

c0138553_863390.jpg

お早うございます。
すっかり4時起床な生活にも慣れてしまった坂本です。頭の朦朧とした感じも、殆ど無い。4時かっきりにうめに起こされるなり、私の脳も覚醒する様になったみたい。いいのかわるいのかわからないが、かように人のライフスタイルというのは変化していくのなあ。
周りの猫先輩方から「うめちゃんはまだ小さいからだよ。ウチも以前はそうだった。そのうち落ち着くよ」と励まされたり「うめちゃんと旦那さんとの仲はどお?」など、ご心配頂くこと多々で多謝。
そういえば、昨日はあまりシャーされていなかった家人。一度引っかかれそうになったらしいが、めげずに猫つかみ習得を目指しております。仲が悪いとはいいながら、就寝時は家人の上にでーんと鎮座している事の多いうめ(イラスト参照)。近寄りたくないくらい嫌いというのではない模様。体調と気分とシチュエーションによるのだろうか。人間も猫も女心は複雑で面倒くさい。
そうそう、気が付けば、いつの間にか本気噛みも殆どなくなっている。それと引き替えに甘噛みを覚えた。1度、足のスネを思いっきり噛みつかれた時に(うめも瞬間「あ!間違っちゃった!」という顔をしていたが)、私があまりの痛さにギャーギャー言ったからかもしれない。それ以降、痛い思いは殆どしていない。少しずつ、成長しているうめ。えらいえらい。

そうそう、昨日携帯写真をチェックしていたら、保護直後のうめ写真に衝撃を受けた。
すんごいちっちゃい。そして痛々しい・・・。大きくなったし、足も太くなったし、きれいになったなあと改めて思った。うめにしてみりゃ怒濤の2ヶ月だったでしょうが、でも良かった良かった。
わかりづらいけど右は現在。顔の禿げてた部分は白い毛が生えそろって、アルプスの雪山を思わせるくっきり模様。
c0138553_8222220.jpg


それにしても、まだ薄暗い時間にモゾモゾと起き出すと、自分が人気のパン屋か何かになった気分である。て事で、さっきまた朝ご飯用にCha.na料理教室で習った人参スコーンの応用で小豆スコーンを焼いた。応用というよりは、たまたま煮た小豆の冷凍ストックがあって、いい加減食べないとマズイのでは、というのもあり、人参の代わりに入れて焼いてみただけなのだけれど。元々あまり甘く煮ていなかったので、普通に朝ご飯としてイケる味。「水分がないと食べづらいもの」が大好きな私には、かなり理想的な代物だった。しかし卵もバターも使わない(代わりに豆乳とオイル)し、粉をあらかじめふるいにかけたりもないし、家に常備しているもので何となく作れてしまうのが良いなあ、このレシピは。
c0138553_872061.jpg


さて、昨日は久しぶりにリトルコに行って、イラストレーターmaruuさんの『ウンパルンパ』展を観てきました。絵だけではなく文才溢れる彼女のブログは日々チェックさせて頂いていて、作品もモニター越しには拝見しておった訳ですが、やはり原画、良かったなあ。原画の力というものを、この所よく感じるけれど、やはり展覧会は足を運ばないといけないですね。
maruuさんの作品は、いやらしい計算の様なものを感じないというか、その線や色や形が、自動書記の様に生まれてきたのだろうなと思えるので、そこがとても素敵だと思います。自分には無い部分だから尚更に。息を吸ったり吐いたり、ご飯を食べたり、眠ったりというのと同じ様に、絵が描けるという人なんではないかなあ。
こないだの「情熱大陸」で常に泣き顔・堺雅人が「憑依型の役者に憧れる。自分は努力型だから」という様な事を言っていたけれど、何となくその言葉を思い出しました。
展示スタイルも、実に実にmaruu作品にぴったりで、リトルコとのコラボという雰囲気もあり、良い個展でした。個展て大変だけれど、個展もいいなあと思えました。そのうち機会があったら私もいつかやりたいなあ。(と思ったのは実に10年ぶりくらいだなあ。前回の個展の痛手が大きかったらしい・・・)
こちらの展覧会は今日が最終日です。お時間ある方はぜし。リトルコのカレー&コーヒーもね!(坂本は昨日食べずじまいでしたがっ)

また良い刺激を頂いたので、今日も一日版を作ります。よくよく考えたら、4月の展覧会までの工房通いは多く見積もってもあと5回。うほほ。全然足りないつの!!

今日のオマケはネットで見つけたまだ賑やかだった頃の阿佐谷住宅の写真。つい先日撮影したもの(右)と並べてみました。こんな時代もあったのだなあ。昔の中央公園は土だったのだなあ。
c0138553_925319.jpg
c0138553_93694.jpg

今年がいよいよ最後の桜かもしれないそうです。ぜひ足を運んでみてください。
この様な催しもありますよ→さよなら、桜

「今年は命がけ」だった事を思い出しました。身を削るぜ。お一つクリックよろしう。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-03-24 08:30 | ◎こんな日々 | Comments(4)
Commented by natsu_miyazawa at 2009-03-24 23:03
うめっち、きっと体調が良くなって来たに違いない。
あと家の人がゆったりしてると猫もそうなるよね。にゃあー
(ごまっちはあいかわらずどっかしら、くさい...)
Commented by sakamotochiaki at 2009-03-25 05:41
ナツさん
手術後の性格の豹変ぶりには参りましたけど、
確かに体調はよくなっているんだと思います。
まだ涙が出たりもしているけれど、これは仕方ないみたいだし。
家の人がゆったり・・・ううう、早くゆったりしたい・・・

ああ、ごまっち触ってみたいなあ〜〜〜
Commented by blengins at 2009-03-25 14:12
坂本さん

先日はお忙しい中、展示にお越しいただきありがとうございました!
それだけでも嬉しいのに、さらに嬉しいお言葉をたくさんたくさん、
ありがとうございます。

先日、夫に「君の絵は、頭がいいか悪いかでいったら
頭が悪いほう」とはっきり言われ、ああやっぱりそうだよな〜〜〜
やっぱもうちょっと計算は必要だよなあ。できるかな〜〜
と、まさに頭を垂れていたところだったので
坂本さんのブログの文章を読んで、まさにその点をいい方へ
取ってくださったものだったので、大変救われたような
あたたかい気持ちになりました(笑) ありがとうです。

坂本さんの個展、私も観たいです。
なんかほんとに展示って、奥深い・・・おもしろい・・ですね。
展示道。このまま一生つづいちゃうかも。などと思いました今回。
なにはともあれ4月、2人展楽しみにしていますね。
がんばってください。

追記 うめちゃん、つくづく元気になってよかったです。
猫足、たまりません。

Commented by sakamotochiaki at 2009-03-25 16:28
blenginsさんことmaruuさん
おやおや、どうもどうも、個展お疲れ様でした。
今頃クタクタなんではないかと思っていた所、コメント有り難うございます。ははは。
こないだはお会い出来て、直接お話も聞けて楽しかったです。

お互い辛口な夫を持った事は、なかなか幸せな事かもしれないですね。
たまの「褒め」が異常に効きますから。
ま、本当は褒めて伸びるコなんですけど、私は。

展覧会は作品を作ったから終わりってんじゃないから、
なんか予想だにしない事があるから、疲れ果てるけれど、オモシロイですよね。
自分でそう思えたというのは、ホント、素晴らしい事だと思います。
また新たなmaruu世界を楽しみにしてます。
私も4月がんばりむあす。一応今日、来月の町田も予約完了でっす。

うめちゃんはさっきから甘噛みでおやつ催促中。
今もすねを噛まれ中。