無駄鳴き問題

c0138553_21262971.jpg

良いのか悪いのか、早朝4時やら5時やらに起きるのは全く苦じゃなくなって来たのだけれど、うめの無駄鳴き(無駄じゃないのかもしれないけれど、とにかくひっきりなしに鳴く)に悩まされている。発情期があれば、こんなもんじゃないだろうけれど、にしても鳴いている本人も疲れるだろうにという鳴き方なんである。
ネットで見たら、何かしらのストレスを感じているのかも、そのストレスを取り除いてあげなくては、とか書いてあった。うーん、食べたい分量を食べられないって事だと思うんだけどなあ。仕方ないので、うるさく鳴く時は抱き上げて、おでこを指で「つんっ」とやる、というのを試している(これもネットにあった方法)。効果、無っさっそ~。ああ、せめてこれがダミ声じゃ無かったらなあ。

うめちゃんの「がっつきぶり」が、ちょっと普通より酷い、とわかったのは数日前の夜。夕飯後、近所のノラ猫公園に、久しぶりに煮干し持参で散歩に行ったら、おそらく家猫か、半野良と思しき2匹が近寄ってきた。で、よーしよしと煮干しを差し出すと、実に上手に私の手から受け取って、ポリポリとそれはお上品に食べたのだ。食べ終えても催促のひと鳴きも無い。あまりに穏やかな餌やり風景に衝撃を受ける。これがうめちゃんだったら、間違いなく私の指までかぶりついて、奪い取った煮干しを一瞬で丸呑み(全く味わっている様子無し)するだろう。そしてすぐさま2匹目をぎゃーおぎゃーおと催促する。うーん。何であんなにワイルドなんだ。避妊後の食欲上昇症状の範疇なんだろうか、これは。ウチにやって来る前、奪い奪われなハードボイルドな世界に長く居たのかだろうか。保護時が1.7kgまで体重が落ち込んでいた程だったから、当時の空腹の恐怖が払拭出来ないのか。
今も餌の入っている缶を見上げてあまりに鳴くので、「ダメよ」と抱き上げたら噛み付かれてしまった・・・うーん。

どうでも良いが、うめちゃんは水を飲むのも下手くそである。
これは先日の天草帰省中、3泊4日うめを預かって頂いた工房くらげの直ちゃんにも指摘された。器の真ん中をペロペロすりゃあいいものを、決まって自分から一番遠い対面側の「へり」を使って水を飲む(イラスト参照)。だから縁から水がこぼれて床がびしょびしょになる(そのためトレーの上に乗せている)。
保護直後は、丁度良い器が無かったので、ちょっと縦長の食品トレーに水を入れて与えたら、対面を目指すがあまり、前足が入水してしまった程だった。もしかして目が悪いのかな、と思った事もあったが、ただのお馬鹿さんなだけか。
まあ、水の飲み方が下手くそなど、無駄鳴きに比べたら小さい事だ。カワイイくらいだ。どーしたものか。いずれ時期が来れば(例えば食事の量に慣れたら)鳴かなくなるものなのか。来月、どうしても家人と2人きり、もとい1人と1匹きりで1週間過ごして貰わなくてはならない事になったので、それまでには何とか落ち着かないかなあと思っていたのだけれど、こりゃー無理だな。
c0138553_21395838.jpg


さて、本日も引き続き展覧会準備。
午前中、はたと思い立って『勝手にオススメ阿佐ヶ谷MAP』を作り始めました。で、夕方にはほぼ完成。我ながら早!会期中、お配りします。展覧会会場であるCONTEXT-Sから阿佐ヶ谷住宅までのルート付。坂本のお薦めする飲み屋付。せかっく阿佐ヶ谷まで足を運んでくれた方々に、色んなハシゴをして頂けたら嬉しいです。
c0138553_21264318.jpg

って、そういう余計な事にばかり費やしてしまい、肝心の版作りはほぼ進まず。おーい。
夕方、新宿世界堂に行って、両手にいっぱい買い込んだが、果たして全て使い切れるかどうか。

どうでも良いけれど、4月というだけあって、世界堂のレジカウンターも新人研修中のテンパリ君達がいた。私が並んだレジは、先輩女子と新人男子という編成。男子が明らかに容量オーバー気味で、明らかにA4だろ?なスチレンボードをメジャーを取り出して採寸したり、「A2」とデカデカと描かれたイラストレーションボード2枚と、きっちり同じサイズのスチレンボードも、やはりメジャーで計ろうとするので、
「あのー、コレ(イラレボード)と同じ大きさだと思いますけど(つまりA2)」
と声をかけたが「スー、スー、スー」と声にならない息を吐くだけで、一切耳に届かないようであった。
商品を袋に入れるのも、ちょうどA2が入るはずの袋であるのに、何故か袋からボードが一部はみ出したまま渡された(何のことは無い、下の方が袋の端に引っかかってナナメになっていただけ)。おーい、今、外は雨降ってんぞい、と思ったが、余計に時間がかかりそうなので、こっそり自分で直した。大雑把な性格の私ですらそのモノの扱いにヒヤヒヤしたので、美術系に多くいる異常に神経質なお客に当たらないと良いね、いや、必ず当たって大目玉食らって、そして成長する方が幸せか(私も美術洋書屋バイト時代そうだった)。ちょっとしみじみして店を後にした。
そのうち紙売り場で、大きな紙を見事に扱う様になるんかな、彼も。先は長そう。

明日は引きこもってみっちり作業。まあ、雨だし。悔しくはない。

あ、今朝はチョコとクルミのスコーンでした。
c0138553_21403514.jpg


もっと書きたいことがあったはずが、ほぼうめ一色。お一つクリックよろしく〜。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-04-14 21:44 | ◎こんな日々 | Comments(0)