虹と満月

c0138553_7204585.jpg

まずはオゾンクラフトマーケット、無事終了しました。足を運んで頂いた皆様、有り難うございました。
今年は2つ展覧会を終え、今回の出店終了後は、しばし充電期間(バンドか私)に入らせて頂く予定ですが、地道に制作を続けて、また何らかの形で発表出来たらと思っています。どうぞよろしくお願いします。


さて。
一昨日はクラフトマーケット閉店後、工房くらげの直ちゃんと目指した青山葬儀場。
我々より2時間先に乃木坂入りしていた写真家杉本文さんと友人Sさんと、連絡を取りつつ並んだ列の最後尾は、青山公園を眼下に見下ろす歩道橋の上だった。(後で知ることになるが、昼間は駅を出るなり早々に並ぶことになっていたそうであった。日没前は暑い中、皆大変だったろうと思う。)
「今からお並び頂きますと、ご入場までに4~5時間はかかります」
という係の人の言葉に「ようし」と腹をくくった我々だったけれど、そんな予言は嘘のように、2時間半後には会場を囲む壁に沿い、入り口まで50mの所まで来ていた。背中には満月。先日の虹といい、いったいどういう力でもって、こんな素晴らしい演出が可能なのか。そもそもこんなにも多くの人の足を「そこ」に向かわせてしまう人って他にいる?宗教もない様なこの国で、これは宗教だ。そんな事を思いながらの2時間半は本当にあっという間であった。
突然直ちゃんが「あぁっ!」と声を上げ、
「今、塀の向こうに、うさぎの耳が見えた・・・」
と訳のわからない事を口走った。訳がわからなすぎて「・・・ああ、そう」とか何とか、曖昧な返事をしてしまった私であったが、門をくぐった瞬間、派手派手しく発光する巨大うさぎに出迎えられた時には、一気に体温が上昇していく感じがした。

そこからは不思議と悲しいという気持ちの涙が出る事はなかった。むしろ笑顔でいる事が出来た。ここで泣いちゃいけない、という気がしてならなかった。
清志郎本人がその場に居なくとも、その精神、誇りは、スタッフの方々に見事に受け継がれ、余すことなくその場に集まった年齢性別ジャンルも実に雑多な人々に注がれている事に、悲しいという気持ちよりも、何か強い強い希望の光の様なものを感じたのだった。どうしたら、こんな風に最高のSHOWを成しえるのか。亡くなってもなお、こんなにも余すことなく他者に注がれるサービス精神はなんなのか。数日前からコミュでやや論争気味だった「当日喪服を着ていくか着ていかないか」という話題など、なんと小さく無意味な事であったか。こんなにも大きな胸が、全てを受け止めてくれるのに。その前で我々が何か出来る事と言えば、ただ祈り、一緒に歌うだけだったのに。

本当に素晴らしい式だった。スタッフの方々お一人お一人の顔が、美しく眩しかった。それが、とても心強く感じて、改めてその中心であった清志郎とその精神の紛れの無さに心が揺さぶられた夜だった。

短い人生で、そんな人と一時でもすれ違えた事はなんと幸運な事だろうか。その人の最後のSHOWを見られた事は、私の中でずっと特別な事となるだろう。希望の光の中に、全身とぷんと浸かった時の、あの多幸感の様な気持ちは、うすいベールの様になって、たぶんずっと私の皮膚の表面を包囲し続けるのだろう。

貴重な機会を与えて下さったご遺族に心から感謝します。
スタッフの方々、「心ある」という事の神髄を見させて頂きました。本当に有り難うございました。
改めて清志郎にも有り難うございました。これからも事あるごとに知るであろうあなたの素晴らしさを糧に、時々途方に暮れながら、私は今日も生きようと思います。





ここでも強い希望の光を感じた。彼もまさしくロックスター→




追記:青山では殆ど泣く事がなかったけれど、電車移動中、ipodから流れるHISの「日本の人」にどうしても我慢が出来ずに乗り口に突っ立ってこっそり泣いた。隣の路線が近くて焦る。こんな風に不意打ち泣きを何回も繰り返すんだろうなあ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-05-11 07:21 | ◎こんな日々 | Comments(4)
Commented at 2009-05-12 10:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakamotochiaki at 2009-05-12 11:18
彩ちゃん
おー。来てくれて有り難う!!
オゾン、色んな意味でオツカレした!!
しょっぱい感じだったけれど、お陰様で楽しく過ごせたです。アリガトウ。
しかし後半しゃべり倒しだったしね。ははは。
あ、久々屯ナイトはいかがでしたか。バクダンの具は?!

そうそう、教えてもらったレシピ、昨日は挑戦出来なかったのだ・・・。
でも近々作るよ−!油揚げをひねるバージョン、ひねらないバーションを!
昨日は油っこすぎた(イタリア、スペイン、和、ゴチャマゼだったさ)のか、今胃がもたれ気味。反省。

今度は寝袋持参で遊びに行かせてね。
そんで、ダルカレーをご馳走様です。(先に言う)

清志郎の写真は、まだ私の背後の棚にある。
しばらくここに居て貰おうかな。見守って貰おう。
Commented by at 2009-05-15 18:30 x
屯は相変わらず安くて美味かった!!
ばくだんは頼みわすれました。。。。。すんません。
でもチーズ巻きも売り切れだったんで近々リベンジしに行きます。

ダルを仕込んでまってますんで、ほんといつでも遊びにきてね。
Commented by sakamotochiaki at 2009-05-15 22:47
良かったね。
今度自らバクダンチェックに行くわ−。

ダルダル、嬉しい。
直ちゃんに車出してもらおう!!
ダルダル言ってると、ダルビッシュだと思われるな。