明日からぼちぼち

c0138553_2354112.jpg

つい先日、近所で見かけた中年カップルが、見事なペアルックで、しかしそれは部屋着なのか何なのか、ズルズルしたスエットのグレーの短パンと黒Tシャツで、意図してのペアルックなのか、なーんも考えずのものなのか、その本体(カップル)自体のだらしない雰囲気を見るに付け、たぶん後者だろうとは思ったが、いやいや、そう見えて実は渾身のペアルックかもしれないしな、と思わず目を通常時の倍開いて見入っていたら、女性の方と目があって慌てた。女性はドヨーンとした目をしていたが、一瞬「何よ。私らがペアルックじゃ悪い?」みたいな攻撃的な表情が見えた気がして、こちらがドヨーンとなってしまった。

またその前日にも、やはり近所のJR高架下で見かけた中年カップルは、2人とも明らかに不機嫌顔で並んで歩いていた。案の定、喧嘩か何かの最中で、男性の方が女性に対してずーっと文句を言っていた。関西弁で大声で「ったく、オマエはホンマ、いっつもそーやんな!」みたいな感じで、女性は小さな声で、たまに反論している様だったけれど、殆ど男性が一方的に吐き出しているようだった。
たまたま私と進行方向が同じだったため、延々と続く男性の文句を聞かされたが、たまに見かける逆パターン(女性が男性に文句を言っている)の何倍も、それはそれはだっせええ!光景であった。女性に非があって、男性が正当な意見を言っていたのかもしれないとしても、他人が行き交う場所でイイ歳こいた男が大声で女に文句を言うというのは、こんなにもだっせええ事なのかと感じた。男であるだけで、私にそんな事を思われるのも不憫といえば不憫ではあったけれど。逆男尊女卑ね。


今日は今日とて午前3時半頃一度楳に起こされて、その後何度もフェザータッチと噛み付きという緩急豊かな攻撃を一方的に受けつつも、果敢に寝直し、気づいたら10時過ぎていた。こんな時間まで起きられなかったのは久々で驚いた。
昼過ぎに十条リトルコへ、ようやく先日のフリマの搬出に向かう。ちょうどhoyoさんの展示「ふくろもの」の初日で、様々なタイプの手触りの気持ち良いバッグを見られました。坂本はその中のポーチを購入。ギンガムチェック好きなもので。通帳入れにさせて頂こうと思います。
c0138553_23542098.jpg

展示は16日までです。

フリマはというと、私はなんやかんやと20点以上出品したのですが、売れ残りわずかに4つ!(しかも納得の品々・・・)素晴らしい!会期中は、退院直後だった事もあり、何のお手伝いも出来なかったので、まさに棚ボタ気分。オーナーひらまさん、お手伝いされた方々、お買い上げ頂いた方々、有り難うございました。

久しぶりのリトルコでは、まだ半分寝ていた頭を覚醒する様なカレーを頂き、もはやカレーとワンセットである食後の美味しいコーヒーも頂き、何をそんなに話す事があるのかという感じで、いつもの様にしゃべくり倒して軽く酸欠状態。主に猫マスターひらまさんより沢山のアドバイスを貰い、最後は婦人科検診は重要!という殿方結界トークでシメ。立ち上がっては座り、また立ち上がっては話し込み、玄関先でなかなか帰ろうとしない近所のオバハン(本当は回覧板を持って来ただけだったはず)の様であったな、私。今日も長々お邪魔しました。でも久しぶりに声出して笑って楽しかったなー。
とりあえず明日、家掃除しよう!と、整理整頓掃除の行き届いたリトルコから帰るといつもそう思うのだった。


掃除といえば、依然としてホワイトブーケの香り漂う楳なのだが、夕方帰宅してみると畳の上にゲボ後数分経過したらしき手玉まじりの胃液跡発見。楳は夕飯まであと30分という時間帯に、空腹絶頂を迎え胃液が大量分泌されるのか、ごくたまに胃液を吐いてしまうのだった。
人間サイドの勝手な希望としては、生理上、吐くのはいたしかたないとして、出来たらフローリング部分になさって頂けないものかと思うのだが、決まって畳の上になさる楳。私が在宅時ならば、楳がケフッケフッと不穏な音を発しながら、体を波打たせたら、すかさずウエスを2~3枚取り出して、マンションベランダから誤って落下する赤子を見事キャッチした通りすがりのお手柄サラリーマンよろしく、吐瀉物をスライディング&キャーッチ!して事なきを得るのだけれど、不在時にやられると、胃液は畳の目にすっかり浸透してしまい、後々拭き取ろうにも拭き取れない。なんだかペソッとした謎の物体(主に毛)だけが残っていて、毎度一瞬ギョッとするのだった。まあ、シミにはならないからいいのだけれど。面積の半分が畳の我が家なので、確率的にも仕方ないけれど。もしかしたら「い草」の匂いが胃液を増幅させてしまうのかもしれないしなー。

さて。
月初めの連載仕事も一段落したし、明日からまた少しずつ版画制作を再開しようと思います。来週は半日だけ工房の予約も入れているし。リハビリ刷りですね。展覧会という足かせが無くなったら、どんどん頭も体も贅肉がつき始めた気がして、どうもいけません。あ、体は気のせいじゃなかったか〜。

オマケは最近のお気に入りの場所(食器棚の上)の楳。天板とあまりに同化してだまし絵みたいになっている時がある。他よりは小高い場所だからというのもあるけれど、この棚の奥に楳用のカリカリが収納してあるので、離れたくないらしい。ジャガビーの箱入り(頂き物)ってあったのね〜。
c0138553_002769.jpg


それと「あ!ちょっとお嬢さん!スカートの裾、ストッキングの中に入っちゃってますよ」な楳の後ろ姿。このエロさが好きなのです。※ちなみにこの楳の視線の先にもカリカリの入った缶が。
c0138553_02418.jpg


あとどーでもいいけれど、楳のシャンプーの容器をよく見たら、パッケージに「愛猫用」と書かれていた。普通に「猫用」でいいのに。何だか、こーゆー所がペットもののウザさだと思う。


しかし楳はオス体型らしい(ひらま見立てによる)。ヅカ系か。お一つクリックよろしく。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-06-06 00:29 | ◎こんな日々 | Comments(0)