おハゲとバラバラ

c0138553_494660.jpg

一昨日の夜、楳の耳の付け根に1cmくらいのおハゲを発見した。
いつからあったのか、突如出来たものかわからない。それで昨日、病院に行ったものかどうかと考えたけれど、前回「アナタは過保護すぎ。猫一年生だから仕方ないけれど、もう少し余裕を持って。」とお医者に言われたのを思い出し、ここはひとつ様子を見る事にした。下痢とか発熱だったらそうもいっておれなんだが。
皮膚病か、或いはストレスか。ストレスは2,3思い当たる事(寝室から閉め出しやら、この所続いた留守番、トイレの掃除を一度怠った)もあったが、でもそんな事いったら、人間もおハゲの1つや2つ出来そうな生活なんだけれどなあ。その証拠に今(2時半)も起こされこんな時間にパソコンいじっている私。仕事でお疲れ家人まで寝不足連合加入はあまりに不憫であるので、寝室を楳と共においとま中。

そんな訳で、昨夜ライブから帰って来て、「どおれ」と楳のおハゲを見てみたらひどくなっていた。ひー。
少しジクジクしていて、赤みもある。痒がっている風はないけれど、何なんだろうこれ。あーやっぱり余裕ぶらずに昨日病院に連れて行くべきだったか。のんきにライブ行っててゴメン楳。しかも今日は休診日。診てもらえるのは明日。許せ楳。女の子なのにおハゲとは不憫である。


のんきに行って来たライブとはbonobos@BLITZであった。
多くの楽曲を担っていたメンバーが抜けた後のバンドが新たな形で行うライブというのを観るのは、ひょっとしたら初めてだったかもしれない。コジロヲが抜けたbonobosというのは、その置き土産の様な曲を演り、それを観るという事は、ああそうか、こういう事なんだ、そうかそうか、と始まってからようやく気が付いた。
それは大きな穴にも思えたけれど、殆どが新曲で構成されたライブは、ここ2〜3年のある程度「お決まり」化していたものとは違い、私にとっては随分と新鮮で面白かったし、特に中盤の「LONG RIVER」から「月よ来い」への流れでは久しぶりに脳が揺れる感覚を味わうことが出来て嬉しかった。「LONG RIVER」だけで20分とか30分とかやって欲しいくらいだった。その辺りからのリズム隊の3人が本当に素晴らしくて、これまでにないぶっとい音を聴かせてもらった様な気がする。

「SOMEWAY」がセットリストに入っていなかったというのが、何しろ新生としての「意志」を感じる訳であった。「ダイヤモンドも砕く」と言っているのだから、それはそうなのだけれど、とても嬉しかった。もはやいっそ「Standing there」や「thank you for the music」抜きでも良いのではないか。まあ、これはずっと言っているのだけれど。そうもいかないのでしょうけれど。
どうでも良いが「Standing there」の左右に手を振る振り付けが無くなっていたのは良かった。私の視界では3〜4人くらいしかやっていなかった。いや、どんな風でも良いけれど、お客が皆一斉に同じ振りをしてるのが、それもやって当たり前という雰囲気(たとえ最初は自然発生的なものであったとしても)だったのが凄く怖かったのだ、今まで。bonobosが好きでも、蔡忠浩の歌が聴きたくても、お客が怖くてライブに行けなくなりそうだった。
MCで「バラバラってのは良いことですよ」と蔡君も言っていたが、ホントにそう思う。みんな一緒の必要は無いのだ。当たり前のことだ。一体感というのは時に気持ちが良いけれど、「ルール」めいたものが見えた瞬間、滑稽になってしまうから怖い。年齢も性別も性格も環境も違うんだから、服装も聴き方も思いも違っていい。バラバラでいい。バラバラは最高。

アンコールも終わり、最後の最後に蔡君が「消費されない様なアルバムを作ったつもりなので、出来るだけ長く聴いて欲しい」という様な事を言っていたけれど、長いこと大変な時期を過ごして、今に至ったのだろうなあと思った。いや今も大変なんだろうなあと思う。何かを生み続けるのって過酷だものなあ。変わった事をすりゃあ「違う違う」言われたり、同じ事すりゃ「後退している」様に言われたり。私の様な失礼で身勝手なファンに。
レベルこそ違うが、先日私も7〜8年ぶり位にお仕事を頂いた方から「これまでと違う坂本さんのイラストに驚きました」と言われ、こちらが驚いた事があった。私としては何らいつもと変わりないつもりであったのだけれど、その方の中では「7〜8年前の私」のままだったのだろう。それが「あれま」と思われたか、「良い」と思われたかはわからないけれど、そのままのつもりでいて、私も知らず知らずのうちに変わっているのだ。というか、それが自然な事なのだ。

だからというか何というか、妙な押しつけの様な気持ちはもう持たない。bonobosには今後もどうかじっくり変化しながら頑張って頂きたい。次は夏の所沢の空の下、脳も体も揺らしてもらえるのを楽しみにしたい。

どうでも良いけれど、BLITZで会ったTっこ君に「耳の後ろにハゲが出来ちゃってさー」と楳の話をしたつもりが、私に出来たと勘違いされ、一瞬リアクションを困らせてしまった。「いやー千明さんがハゲたのかと思って、なんつっていいのかわかんなかったっすよー」と言われて可笑しかった。いや、スイマセンでした。

と、楳がまたグルグル催促を始めた。ハゲは出来ても食欲は衰えず。もうすぐ朝ご飯(4時)。
c0138553_991446.jpg

↑何だか定位置(食器棚の上)も狭そうに見えるのは私だけ?いったい何キロになっているんだ。診察が不安だ。

関係ないですが、先週退院後リハビリ刷りした版画達(新旧織り交ぜ)。なんかこれもバラバラだ。
週末も工房入りなので、新作着手予定。
c0138553_5445628.jpg


そしてのんきに今日は映画に行こうとしている。ゴメン楳。お一つクリックよろしく。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-06-17 04:32 | ◎こんな日々 | Comments(0)