セールが苦手と言っておきながら

c0138553_211253.jpg

夕飯時に一人晩酌していてつい飲み過ぎて寝てしまったせいで、こんな時間に頭冴え冴え。
来年の、まだずっと先の展覧会の事なんかを考えていたらますます眠れなくなってしまった。あんまり先の予定が入っているつーのも考え物だよなあ。予定が入った瞬間から目に見えない足輪が施錠される気分になるので、何とも不自由な期間が長くなってしまう。

それにしても、楳に起こされた訳でも無く起きているというのは久々だ。逆に私に楳が起こされている。
て、事で眠くなるまで仕事したり日記書いたりします。


積極的にセールで服を買うという事は殆ど無い私であるが、ガラにもなく今日は嵐のごとく吉祥寺の某ショップを訪れ、そして嵐のごとく買い漁り帰って来た。往復の所要時間2時間弱。帰りに竹田製麺所で地粉うどんを買うのも忘れなかったので、相当の早業だったと思う。ま、家でやらねばならない仕事もあったからなのだが。

いつも定価でバンバン買えるご身分ではないものの(夢はマイケル買いな訳で)、あの赤く上書きされた数字や、混雑する場の雰囲気に、どうにも判断力が鈍り、買わずとも良いものを買ってしまいそうになったり、アワアワと悩んだ結果何も買えずにひたすら疲れただけ、となるのが嫌なんである。土日のユニクロも苦手。
だから誰に急かされる事無く、順番も待つ事なくゆっくりと試着出来て、心ゆくまで検討し、本当に必要か否か考えて定価で買うってのが、結果的にお得なんではないかと思ってしまう。
・・・のだが、今日は久々にタガが外れた。先週の風呂ロック前に、ショップを下見(結果的に下見になった)していたせいもあるけれど、欲しいなあと思っていたものが、たった2日経過しただけで半値になっているってのは、ありゃズルイですよ。この人ら(服)が何かした?って扱いです。で、ついつい救いの手を差し伸べてしまいました(言い訳1)。ま、今月誕生日もある事だし(言い訳2)。

まあ、まずまず良い買い物が出来たとは思うけれど、切ないのは夏物の着られる期間の短さよ。昔よりもセール期間が前倒しになっている分少しはマシかもしれないが、そのくせ値段は冬服と一緒つーのも切ない限り。
しかし、チュニックばかり3つも買ってしまったのはさすがに「やってしまった」だろうか。だからセールってのはよー。と帰りの電車でちょっと省みたが、山田美容室の山田さんからのメールで「高いブランド品を買う訳じゃあるまいし、その位いーんでない?」と言われ、あっさり「おお、その通りだ!」と思い直す。また一生懸命働いて稼ごう。
とりあえず12日からの台北取材に着ていこう。ふへへ。旅行ってのも、旅行前になんだかんだと散財しちゃうよなあ。「旅行に行くのだし」とか理由を作って、色々とタガが外れるのは何なんでしょう。



人は単純じゃないよなあという事を、この所またひしひし思う瞬間がある。
例えば一方で「出来た人」の様でいて、一方では「全然ダメな人」だったり、というのを見ると、なんつーかホッとする。そうやって皆、どうにかこうにかバランスをとって生活を送っているのだなと思うと嬉しい。「なんだよ、偉そうな事言っておいて、それかよ」というより、「やっぱそうだよな。そうじゃないと人間やってられんよね」と思う。みんな何かしらちょっとずつ欠落していて、それを自覚して何とかしようと足掻いている人もいれば、とっくに諦めてひたすら自分教信者になっている人もいれば、全く気が付かぬまま、よせばいいのに他人に説教を説いたりするお節介な人も居て、時々イーッ!となって、雑念だらけの自分の了見の狭さに呆れるけれど、でもまあ面白い。世の中、素晴らしい事ばかりじゃないというのは良いなあ。
人は複雑だし、ずっと同じではいられないのですね。創業ン十年のラーメン屋のスープの様に、昔と何も変わらないようでいて、全く同じというのはあり得ないのと同じで、当たり前に変わっていくのだ。それを肝に銘じねば。


今週は旅前に終わらせねばならない仕事もあるし、版画の刷り作業日もあるし、見たい展覧会もいくつかある。気合いいれていくのだぜ。

写真は先日友人シラハマさんから快気祝いに頂いた「越の雪」というお菓子。和三盆のキューブが、口に入れると一瞬で溶けてなくなるのだ。お茶席のお菓子なんかに良さそうです。
c0138553_2391461.jpg


あ、オマケのSOURの新しいPV。またまた凝った事になっています。今回は彼らのファンに出演を募って制作されたとか。音が随分と聴きやすくなってしまった印象。しまった、って事はないけれど、個人的には前の方が好みだったかも。



旅行鞄を新調しようかまだ迷い中の私・・・ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-07-06 02:23 | ◎こんな日々 | Comments(0)