怒濤的台北終了

c0138553_1230786.jpg

台北取材を終えて、昨日(いや、日付的には今日か)無事帰国。
怒濤の二泊三日旅にトドメを刺す様に、復路のチャイナエアラインの出発時刻が大幅に遅れ、成田に着いたのは既に10時過ぎ。終電ギリギリに電車を乗り継ぎ、何とか家に辿り着けたものの、一時は「成田にもう1泊」というパターンが頭をよぎるという、最後の最後まで気の抜けない旅だった。
台北の出発ロビーで、乗客達のイライラがつのる中、私と同行者の編集Tさんは「遅れても無事に着いてくれればそれでいい」と思っていた。往路の機体の老朽ぶりを思えば、とにかく目的地に無事に着いてくれさえすれば全て良し、という気持ちになろうというものだった。


台北に到着してからの三日間は、私のこの切れ目の様な細い目が、時には限界点まで丸くなったり、時には防衛本能が作用してか薄目でやり過ごしたり、つり上がったり、垂れまくったり、良くも悪くも、あ、いや、「良くも」というのはあまり無かった様な気がするが、まあとにかくヒジョーに興味深い旅であった。最終的にはTさんと二人、どこまでも底意地悪い笑顔と毒舌全開で、もしももっと滞在日数が長かったなら、人相も性格もガラリと変貌を遂げていたやもしれない。すまん台北、アンタが悪いんじゃない。だから全く恨んじゃない。きっといつか私の台北「立て直し」旅に改めて行くから待っててね。

数少ない良かった事と言えば、夕飯で食べたものがどれも美味しかった事(色々あった後飲むビールの旨かった事)、「淡水」という川沿いの街に行けた事、「占い横町」なる怪しいエリアで初の占い体験をした事。しかもそれら全てが他人様のお財布による、という事。まあ、よく考えれば、それはそのまま今、大きなプレッシャーとなっている訳なのだが。
占いでは「その仕事は向いていないから今すぐ転職せよ」という様な事を言われる事も無かったので、とりあえず筆を折らずに済みそうで良かった。未来の事はまだわからないが、これまでの事はいくつか当たっていた。健康面では「ビールを飲みすぎるな」とも言われたははは。その夜ももちろん飲んでしまったけれど。

旅の詳細はいずれ誌面にお目見えする予定なので(まだ何にも着手出来ておりませんが)、日記ではこのくらいで写真を少し。

ホテルの窓から見える朝の恒例の眺め。ピーク時は交差点に甲虫の行列の様な無数のバイクで埋まりきる。
空に未確認飛行物体群が!と思うのは窓の汚れ。(ホテルのランクはお察し下さい)
c0138553_12305791.jpg

c0138553_12423762.jpg


近代的なビルと瓦礫混在都市は私好みのボロ小屋と違法増築の宝庫だった。
c0138553_1240307.jpg


ビルに貼り付くフジツボの様なものはエアコンの室外機。今にも落っこちそう。
c0138553_1243456.jpg


「忠烈祠(ちゅうれつし)」という慰霊堂(日本で言う靖国神社とはガイド談)衛兵の交代式なんかも見たり。
毎日衛兵が歩いて出来た跡がくっきり地面に残っている。ちなみに猛烈な炎天下。
c0138553_12485939.jpg

この子は兵役に出るのはあと何年後だろう。
c0138553_1244983.jpg


免税店で化粧を直す勤労意欲無しの婆。
c0138553_12512730.jpg


将棋をする爺と孫。
c0138553_1252144.jpg


淡水。「台北のワイキキだ」と私が言ったら、「ものすっごく無理があるが、わからないでもない」とTさん。
c0138553_12524699.jpg


食べ物。空心菜は何度も食べたけれど、全て味付けが違って、どれも美味しかった。塩と八角味のが一番好み。
c0138553_1254458.jpg
c0138553_12541850.jpg

士林夜市の脇道にあった店の辣油。ひねりの全くない直球の辛さだったけれど、旨かった!
c0138553_12542552.jpg


アジアに来たなーと思うオレンジ色の外灯。不穏な雰囲気と体感湿気を増長する雰囲気が案外嫌いじゃない。
c0138553_12575543.jpg




士林夜市で買った楳土産(不規則に動くねずみのおもちゃ)は不評だった・・・。
c0138553_12595035.jpg


Tさん、腑抜けの坂本の何もかもをフォローして頂き、Tさんの名ガイドのお陰で、楽しい三日間でした。
有り難う&お疲れ様でした!!


しかし例によってまた4時に楳に起こされ寝不足。日常の始まり・・・ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-07-15 13:20 | ◎こんな日々 | Comments(8)
Commented by しみず at 2009-07-15 18:32 x
ちあきさん おかえり〜! レポート待ってました!!
なんだか想像してたのとちがった興味深い!?展開だったようですね。
台湾写真がなぜか昭和のな色合い。それが妙にしっくりくるね。
紙面に載ったらまた是非教えてくださいね〜。
Commented by sakamotochiaki at 2009-07-15 18:55
しみずさん
ただいまでーす。
いえいえある意味想像通り、いや想像以上でした。はっはっは。
でも楽しかったです。
というか、仕事と思うと前向きになれるもんですねー。
はてさてどんなページになりますか?!頑張らねば〜。
詳細決まったらまた告知しまーす。
Commented by natsu_miyazawa at 2009-07-15 21:58
おかえりなさーい!写真楽しい〜外国の空気感がいいなああー
どうか旅の思い出を味わいつつ(ウマイモノはいっぱい食べたご様子)すてきなイラストルポ、期待してます!わくわく〜
Commented by よしこ at 2009-07-15 23:18 x
おかえり~。
いとこの姉さんが台湾に嫁にいって、外食が普通で安くておいしいから、主婦にはいい国だって言ってたな~。
私も行って食べまくりたいよ~!。
食べたいラーメンと、おいしいコーヒーが飲みたくて盛岡に行くと、旦那に「それだけで行くのやめて!」って言われてるのに、台湾に食べに行きたいなんて言っちゃ~・・・だめ?・・・ですかね?
あ、そうそう、台湾取材用に作ったって言うポーチ!めちゃ好き!。
これから手作りものも紹介して~!


Commented by sakamotochiaki at 2009-07-15 23:49
ナツさん
ただいまで〜す。
新宿高島屋でも食べられる鼎泰豊(ディンタイフォン)へも、
強制的に行かされたんですが、まあ美味しかったです。
小籠包ばかりそんなに食べられないものだとい事はわかったけれど。
雑誌、私が面白がっていた部分(人間観察)はほぼカットする事になると
思いますが、何とか面白いものが出来たらいいなあ。
これを機会に体験リポート仕事、ジャンジャンやれたら嬉しいですね。
Commented by sakamotochiaki at 2009-07-15 23:55
よしこ
ただいまー。
確かに屋台なんかで食べれば相当に安上がり。
でも結構油っぽくて、三日間食べ通すとやや飽きてきたかも。
10年前には無かったカフェの乱立ぶりが凄くて、
スタバで朝ご飯とかしてしまったくらい。
ウーロン茶飲みまくって、油を中和していた様な感じだな。
食べまくった割には体重も体脂肪も減っていたのはこのお陰か?
質の良いウーロン茶も安いし、試飲しまくりなので、
自分土産に買ってきました。(今、飲んでるけれどやっぱりウマイ)
手作りもの・・・ねえ。
いや実際縫い物は苦手なんだけど、気が向いたらねー。
Commented by kyoe_noriko at 2009-07-16 11:21
お帰りなさい。
怒涛のご旅行だったのですねえ。
写真の色合いがやっぱり違う。外国って太陽の光なのか、どこをとっても、そこの国の色合いが出ますよね。不思議。

台湾に行ったら、からすみを!と書くのを忘れておりましたが、坂本さんのことだからご存じだったかな。
私はベトナム旅行の際、トランジットで一泊したのですが夜中着早朝発だったので、からすみ買えず臍をかんだのです。
Commented by sakamotochiaki at 2009-07-16 13:30
キョウエさん
どうもどうも。
まあ、怒濤でないと仕事としては成立しないので、
ヒイヒイ言いながらも「また1つネタが」とM気質全開で楽しんでいました。

からすみ〜〜。
今回は試食をチラッとしたのみ。
買ってきたかったんですが、最後は何だかそんな気分にもならず。
自分土産はウーロン茶と、それ用の水筒と、
フリーズドライキノコのスナック(これがウマイ!)くらいしか買ってきませんでした〜。
本当は腐乳を買いたかったんですが、瓶が重くて断念。
すごく安かったんだけどなああああ。