八街ボタンの会

c0138553_235942100.jpg

あづいーあづいーと唸りつつ、2度寝3度寝と果敢に繰り返して、やっと起きたら12時だった・・・。オトノハ朝市に行き損ねた・・・。昼飯は高菜チャーハンテイクアウトしようと思っていたのに。ポチコロベーグルも。暑さと睡魔の勝負で、僅差で睡魔が勝ってしまった。仕方なく、自分で自分にふてくされて、さっき納豆ぶっかけ素麺を食らった。ゴマと青のりと天かすとラー油と目に付くもの全てを投入してやった!きー。


昨日は午前中から工房くらげの直ちゃんと共に、ともちゃんこと陶芸家の高橋朋子さんのお宅を訪ね八街へ。
「ボタンの会」にて、ともちゃんご指導の下、初の磁器粘土で色々な「ボタン」を作ってきた。
以前、この会が催された時は、私はまんまと病院のベッドの上で鼻をほじっていたので、参加を断念する事になり、直ちゃんから送られてくる楽しそうな写真を恨めし気分で眺めていたのだけれど、この度念願叶ってついに参加。

粘土を触るのも筆を使うのもとても久々で実に楽しかった。暑い夏にひんやりと湿った粘土いじり、新しい暑気払いとして良いのではないでしょうか。まあ、乾くと粉粉しいけれども。
絵付けの方法もニードルでスクラッチした部分に絵の具を埋め込んだり、麺棒で水玉模様を作ったり(イクラみたいな水玉模様になる)、色々な技法初挑戦。ニードルの作業は、何だか版画の掘り作業と、インク詰め、拭き取りと似ていて面白いのだった。
ともちゃんがササッと作ってくれたお手本が、ササッとなのに俄然美しく、何がとは上手く言えないのだけれど、同じように作った自分のブツとは、明らかに差があり、それは例えばNEW YORKの自由の女神と、場末ソープランド「入浴(ニュ~ヨ~ク)」屋上の自由の女神ほどの差があり、とにかくプロの技を間近で見せつけられ、感心しまくった。「一日にしてならず」を目の当たり。

作業風景(直ちゃん撮影)。絵付け時は黒っぽい色をしている絵の具も、釉薬をかけると青くなるそうです。
c0138553_15441732.jpg


作業を一段落した後は、ともちゃん特製水餃子鍋をご馳走になる。局地的(私と直ちゃん)餃子週間続行中!!水餃子好きとしてはたまりません。
酢醤油もレモン汁もキムチもどれも美味しかったけれど、大根おろしトッピングがヒット。何個でも食べられた。実際何個食べたのか覚えていないけれど、いや覚えていたら後々後悔しまくりだったと思うので、あえて考えない。暑い夏に、ハフハフ言いながら食べる鍋は最高であった。夏鍋、ハマりそう。

ともちゃん家はご夫婦で陶芸家さんなので、使われる器も全てご自身作のもの。
展覧会で欲しかった(でも買えなかった)器がじゃんじゃん出てきて使えるという幸せ。
c0138553_15451424.jpg


おやつの涼しげな和菓子(金魚が上手く写らず)と、愛犬ゴマちゃん。私好みの短毛+鼻掴める系。
c0138553_15495727.jpg



チェーンイーティングしつつ作業を終え、ダラダラと長居して、最後は鍋で吹き出た汗をシャワーで流して、魅惑のヘラジカ柄のTシャツ(旦那さんのもの・・・)までお借りして、とっぷり日が暮れた頃帰路についた。
日が暮れるとグッと風が涼しくて(都心ではあり得ない)、とても気持ちが良かった。ビバ八街。次回は生落花生を仕入れに行きたいなあ。
ともちゃん、お邪魔しました&ご馳走様。それでもってお誕生日オメデトー!!
ボタンの完成が楽しみです。ヘラジカTシャツに負けない様な、力強い顔が私も欲しい・・・。


※イラストは帰りの品川駅。
 ヘラジカT+直ちゃんから貰った沖縄のおジイ作のホウキにより、
 いったい何帰りなのかわかりづらい人を形成していた。



ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-07-26 15:56 | ◎こんな日々 | Comments(0)