ヤオンとヒリゾ

c0138553_1314454.jpg

デスクワークから一転。
一昨日は野音に行き、3年越しの気持ちを昇華したかと思えば、終了後は速攻帰宅して仮眠2時間、夜中の2時にレンタカーで東京を発ち、夫婦で南伊豆のヒリゾ浜へ向かった。一年ぶりのヒリゾシュノーケリング。天候もまずまず、無事渡し船も出航。ヒリゾは地元漁師さんによる渡し船で渡して貰わねば辿り着けない立地で、天候によっては4時間かけて行ったところであえなく欠航という事が珍しくないので、3年連続辿り着けているというのは、実は凄くラッキーな事だと思う。
c0138553_13585377.jpg

昨日は水の透明度もまずまずで、お魚天国を満喫。大して泳げもしない私でも、シュノケールとゴーグルさえあれば、プカプカ浮かんでいられるので有り難い。が、午前中はまだ水温も低く、魚にみとれているうちに、体温がどんどん奪われて、は。と気が付くと指先が痺れていたりして、あまり長時間水に浸かっていられず。終いにはクラゲとも遭遇するわで、たった2回海に入っただけで、坂本は完全なる丘シュノーケラーと化した。砂地のエイを見られた事で満足したという家人と、日曜の、かつ夏休みも残りわずかであるせいで、いつもより人に埋めつくされたヒリゾ浜を昼前には後にした。その滞在時間正味4時間。往復の移動時間(帰りは大渋滞にハマり膨大な時間がかかった)を考えると何ともはや…いやいや、そこは考えないのが身のためか。結局帰宅したのはギリギリ日付が変わる前。遊びなのに、過酷。運転手の家人は特にご苦労様でした。

帰りの道中ナントカ岬で見た富士山。昨日は虹も見たし、大きな夕焼けも見られた。
c0138553_1359098.jpg


で、初の20時間一匹ぼっちでの留守番となった楳の機嫌は悪く、いやたぶん甘えているのだろうけれど、いつもに増して、今朝方の餌催促の噛み付きが凄かった。こちらもあまりに疲れすぎて起きられず、全く抵抗できずにいたらこの有様。(写真、わかりづらいですが)
c0138553_13265689.jpg

ちなみに寝る時は、暑くても楳対策で長袖を着るようにしているにも関わらず傷だらけ。ヒリゾで塩水に浸かり赤くなった元々あった傷と、新たな傷とで左腕が新手の除霊か何かを受けた人にたいになってしまった。ますます半袖を着づらい。早く長袖の季節よやって来い。いや、そういう問題では無い。本当に困った。叱りつけても、猫が嫌がるという液体を腕に塗っても、まったく効果がない。加圧トレーニングで傷の治りがスピードアップしたとして、それを上回る傷生産高。いったいどうしたらいいのか…。
c0138553_13582342.jpg



さて、話はググッと戻してbonobos@野音。
あの、夏だというのに寒すぎてビールなど飲めもしなかった雨の野音から早3年。今回はしっかりとビールの美味しい天候に恵まれた。雨女、辛くも回避。
開演前、一緒にいったF君とビールで乾杯しながら、3年前の話をしたりする。そういえば、当時はまだF君とは知り合っていなかったなあと思う。あの時書いた日記を介して、今では度々bonobosライブをご一緒させて頂くお仲間という不思議なご縁。

そうそう、ライブが始まる直前、突然1人の女性に声をかけられた。
何と彼女は私が学生時代にアルバイトをしていた某カフェの同僚女性だった。20年近く長い年月を経ているにも関わらず、私の事を覚えていてくれたのだった。しかもフルネームで。人の顔と名前をいつまでも覚えられない私にしたら、驚愕である。
さらに「今までもbonobosのライブで何度か見かけていた」と言う。どえええ!!これには腰を抜かしそうになった。小さいライブハウスならばいざ知らず、相当数いる観客の中で、私を見かけていたとはW驚愕。私、ライブ会場ではかなり地味に過ごしていると思うのだけれど。1人の事も多いし。いや、本当にお見それしました。しかも野音では、座席が彼女と偶然同じ列だった。そんな事ってあるのだなあ。

いや、そういえば清志郎の青山の葬儀の列に並んで居る時も、いきなり声をかけられたのが、やはり以前のバイト仲間の女性だった。場所が場所だったので、あまり話は出来なかったけれど、あれにもひどく驚いた。彼女が清志郎好きだったとも知らなかったし、私が好きだったという事も彼女は知らなかっただろうし。音楽って不思議よな。その吸引力の中で、色んな出会いや再会が隠れている。F君もそうだし、同じく野音にいたTっこ君もそう。まことに不思議。
野音ライブ終了後、声をかけようと思っていたのだけれど、残念ながら既に彼女の姿は無かった。また何処ぞで会えるといいな。いや、きっと会えるでしょう。

して、肝心のライブ。
セットリストにも、ステージ上のメンバーのポジショニング(これまでとはガラリと変えて、bonobosメンバーは前列に、サポートメンバーは後方に)にも、MCを極力控えている事にも、強い意志を感じた。
座席が初の木暮さんサイドだったので、あの独特な動きを堪能する気満々だったのだけれど、松井君の機材で一切見えず。逆に松井君の演奏を、あんなに間近で見られたのは良かった。

懐かしい曲もあり、久しぶりの「春夏秋冬」が新鮮だったし、個人的に思い出深い「Beautiful」も聴けて嬉しかった。けれど、この「beautiful」のギターのフレーズにコジロウ不在を初めて実感したりもして、「ああ、こういう事なんだな」と今さら思った。
全体的にまったりとした印象だったのは、意外と周囲が座って見ていたからかなあ。お陰でやたらと視界が広く、ぐるりと360°取り囲む野音の景色を余すことなく感じる事が出来た。ビールを飲み過ぎて、「someway」「standing there」「ファンタスキッス」あたりの曲が始まったらトイレに行こうと思っていた(すいません)ものの、演奏されることはついぞ無く、トイレに行くタイミングを見事に逃し続けた訳だが(結局「ICON」で行く)、そういう所も徐々に変貌していると言えるのか。

3年前の雨の野音は、あの独特な切迫感や、何もかもを逃さず拾おうとする集中力が、ステージ上にも客席にも充満していて、過酷だった割にはとても良い記憶として残されているけれど、一昨日の野音は何となく気持ちが楽に観ることが出来た。気が抜けた、というのが正しいかも知れないけれど。それは今後のbonobosのライブに足を運ぶ上でも、たぶん同じ。思い入れは沢山あるけれど、それは私の勝手な都合。そういうものを一切合切取り払うのは無理だとしても、やっと一区切りついた気がした。今後はもっと気楽に、彼らを観に行く事が出来そうだ。

しかし何にせよ、野音はいい。やっぱりいい。一夏に一度は行かないと夏を終えられない。とか夏が苦手な私でも言いそうになる。暑い中、時折感じる涼しい風や、蝉の声、空を通過する飛行機や、高層ビルの明かり、一昨日に限っては日比谷公園で開催中の盆踊りの音、全てが素晴らしい演出。そしてあそこで観たライブの多くは、忘れがたい風景として長く心にとどまるのだ。


ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-08-24 14:09 | ◎こんな日々 | Comments(6)
Commented by kyoe_noriko at 2009-08-25 11:26
ああヒリゾいいですね。私は今年はまだ潜りに行けてないのです。
あそこでは、ホバリングするカワハギを見て大喜びしたことがあります。
普段釣り上げる魚がどうやって水中を浮遊しているかを見るのはすんごい興奮しますね(お腹空いてるのか??)
9月に友人と伊東で潜り倒して参ります。
今年は水温が低いという話ですが、9月にもうちょっと上がってくれれば・・と期待しております。
Commented by sakamotochiaki at 2009-08-25 21:39
キョウエさん
実は私には海水浴という習慣は元々無いのです。
ましてやシュノーケリングも。
というのは、当然泳げないからなんですが。
旦那が大の海好きなので、連れて行かれるようになって、
最近は本気の人々の端っこで、遊ばせて貰っている感じですかね〜。
でもそうか、食べている魚の生態観察と思えば、
もっと実のある遊びになるなあ。
キビナゴの群れが旨そうで、
帰りにいつも寄る干物屋でしっかり買って帰りました。

帰りの道中に、たまたまダイビングのメッカのビーチに
立ち寄ったんですが、凄い賑わいでした。
皆さん大勢で整列されていて、ワイワイと楽しそうで、
黒い格好をしているしで、修学旅行生みたいで面白かったです。

Commented by kyoe_noriko at 2009-08-26 11:06
私も相方と付き合ってからシュノーケリングを覚えました。
「俺と海で遊ぼうと思ったら、水中で○○○が出来なければ連れて行けないけど・・出来るか?」と聞かれました。要はトイレがあるようないわゆる海水浴場には行かないよ、ってことでした。

釣り仲間の友人も泳げないのですが、魚が見たい一心でついてきて、最近では潜って魚を突いたりまでするようになりました。
釣り師の信念ったら。

手の傷、知らないで見たらびっくりしますね。一面なので何かの湿疹にも見えます。
缶でからから作戦も効かなくなっちゃいましたか・・。ドライヤー・・はちょっと酷い策でしょうかね。噴射!(楳ちゃん、ドライヤー大丈夫ですか?猫によっては、あれは威嚇に似ているので駄目だそうです。うちのは私がドライヤーを使うと、別猫の用に神経質になって「ふー!しゃー!!」やります。)
Commented by sakamotochiaki at 2009-08-26 12:59
キョウエさん
アハハ。事前にお断りがあったんですね。
釣り師って凄いですね。
私も何か鼻先にぶら下げれば、泳げるようになるのか。
泳げない癖にサーフィンに行った事もある無謀者ですが。

今朝はバスタオルで体を覆って寝ていたので、
ほぼ噛み付かれる事は無かったんですが、
いつもはノーマークの家人が噛み付かれていました…
缶作戦は音に慣れてしまったようで(遠い目)。
ドライヤーですか!有り難うございます!やってみます!
確かに嫌いっぽいけれど、どうだろうか。
何にしても困るのは、その音で人間も起きてしまうって事なんですがね。
Commented by kyoe_noriko at 2009-08-26 13:21
ドライヤーは本気で怒る子もいるようなので、様子を見てちわちわと責めてみください。
うちのは気が狂うほど神経質になるので、私は普段ドライヤーレスです(いや、そんな理由じゃないか。めんどくさいだけか)。
Commented by sakamotochiaki at 2009-08-26 14:11
ちわちわと…(笑)
やってみます。ありがとーございます。
私がドライヤーを使うと、楳は近くには寄って来ないくらいですかね。
あと鳴きやみます。掃除機も同様。
嫌なんだけど、怖いとは思っていなそうだなあ。