飽食ウィークエンド

c0138553_12521964.jpg

まずはオススメ展覧会。
昨日から西荻窪ギャラリーみずのそらにて始まった「地図への旅」、久しぶりに気持ち良い展覧会でした。出展されている作家さんそれぞれの意識の高さというか、手法にしても言葉にしても、一つ一つの選択が、観ているこちら側にもスッと入って来る小気味良さだった。現代アートやコンセプチュアルな展覧会で「気持ちが良い」と思えたのは久しぶり。
そもそも「地図への旅」ってタイトルが秀逸なんである。それを知った時点で、既にもう参りましたという気分だったけれど、さすがは香奈ちゃん(今展覧会の企画者)である事よ。
会期は20日まで。19日にはライブイベントもあるそうです。詳細はみずのそらサイトで。あの空気の中に、ふらっと迷い込んでみたら良いと思います。
ちなみに坂本は、昨日オープニングパーティーでいい塩梅に酔っぱらい、そのボンヤリとした感覚もなかなか捨てがたく、帰宅後、上記の文章を書いていたのだけれど、途中で事切れた様で、しかも大分支離滅裂な文章だったので、今この様に書き直しておる次第です。


さて、この所の寝不足、今日は少し盛り返し。
相変わらず楳に深夜に起こされてはいるけれど。昨日は香奈ちゃんに教わった方法をやってみたら、ちょっと効果有り。しばらく続けるとする。

楳に深夜に起こされる事は殆ど苦行の様であるけれど、1つ良い事もあった。
金曜深夜(午前3時くらいから)TBSでやっている鶴瓶の「スジナシ」をやっと見る事が出来たのだ(今まで原因不明の録画失敗し続けてきたのだった…)。
あれを毎週やっている鶴瓶師匠、今さらながら信じられない。あんなに体を張って、難しい事をやってのけている芸能人が今、他にいるだろうか。真剣勝負であるのに、真剣であるほど笑える事にもひたすらに感服。
番組の構成も凝っていて、その昔、私にとってテレビが一番面白かった時代(上京したての学生時代)を思い出して、興奮して、凄く嬉しくなった。とりあえずこれまで見損ねた分はDVDを買いそろえようと決意。

まあでも、累積寝不足の弊害は相当なもので、一昨日も新宿を歩いていて、歩きながら気を失いそうになるほどに体調は最悪なれど、そんな体が欲するのか、ここ数日は美味しいものにばかりありつけて、あたしゃ幸せです。

手始めに一昨日は同じ阿佐谷住民の寅印菓子屋さんが参加されている展覧会で購入した焼き菓子。寅印さんを知ってから随分経つというのに、ようやく念願のリアル菓子とオフ会開催。オススメされるままにザッハクッキーをワインで食べてみたら、まー感動的な旨さ。間に挟んであるジャムと濃厚なチョコレートが、ワインに合う合う。ケーニヒスクローネのチョコレートケーキぶりにワインのアテになるデザートに出逢った。
もう1枚は家人の帰宅を待って濃いコーヒーで。これまた素晴らしく美味しかった。まだブラウニーも、いちじくケーキも、すだちマシュマロも残っているので楽しみは続く。展覧会は表参道にあるNalu Pu loa Ohana Galleryにて今日まで。
c0138553_12523919.jpg


昨日の午前中はオトノハ秋祭り。久しぶりに愛車ビアンキでぶっ飛ばし駆けつけたが、家人不在のため、一人では食べきれないので、オトノハ弁当は泣く泣く諦め(見るだけ地獄)、ポチコロベーグルサンドのバジルチキンとオトノハスタッフ小和瀬君のコロッケパイを購入。
ベーグルサンド、これがあーた、本当に泣ける美味しさ。一口ごとに「美味ひい…美味ひい…」と涙腺が緩むほど。ついでに鼻からほんのり緑色のため息がこぼれる程。美味しいって泣けるよなあ。
コロッケパイもパイ生地サクサクで、中はほんのり甘いジャガイモ。おやつにも持ってこいなサイズがまた何個でもいけそうで憎らしいのだった。食べ損ねたオトノハ弁当を相殺すべく、今度はお店に食べに行こう。
c0138553_12532484.jpg


でもって、夜は夜で、先に書いた「地図への旅」オープニングパーティー。相変わらず、みずのそらのオープニングは、オーナー小峰さんの素晴らしい手料理が盛りだくさん。オープニングパーティーであんなにお腹いっぱい満たされるギャラリーはそうそう無い。
…といいながら、帰り道「小腹が減った」という痩せの大食い直ちゃんとハンサム食堂で焼きそばを食べてしまったのだが…あああ。

そして今日は夕方から実に何年ぶりかに結婚式に出席。坂本初のレストランウェディング。飽食ウィークエンドのラストを飾る予感。ぶっふっふー。



ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-09-06 13:04 | ◎こんな日々 | Comments(0)