つぶとこし・左腕

c0138553_22541431.jpg

夕方、近所のスーパーに食材を買い出しに行って、レジで精算している時、わざわざそこに割って入る様に、男性客が背後からレジ担当の男性店員に聞いた。

「この、粒とこしの違いって何ですか」

その手には商品の饅頭が2つ握られていた。彼女居ない歴40年といった雰囲気の、薄目で見たら「グレー」といった風貌の男性の顔には、ちょっと照れ笑いの様なものが見て取れたが、しかし、自分の放った質問の大胆さをわかっているものとは到底思えなかった。私も、私の後ろに並んでいた客も、店員も、その付近にいた客も、その少々シュールな状況に、皆一瞬「えっ」と固まった。

「粒あん」と「こしあん」の違いが、わからない?!

瞬間、まず私の頭に浮かんだのは「外国人」だ。地味なその風貌は異国からやって来た出稼ぎ労働者故(ヒドイな)か。しかしそれにしては日本語があまりにもネイティブ。
次に浮かんだのは「罰ゲーム」。会社の同僚との何らかの賭けに負け、一発恥をかいてこい、というもの。しかし物陰で様子をうかがって笑いを堪えている様な輩も見あたらないし、いきなりこの質問を思いつくというのも、なかなか難しいだろう。
そんじゃあ、「あんこのない地方の出身」。てどこ。ならば幼い頃に誘拐されて、40年間、あんこのない場所に幽閉…

「あんこを漉したものと、粒が残っているものです」

結局、私の苦しまぎれの妄想を止めてくれたのは、そうとしか答えられないわな、という店員の模範解答。それより、一時停止状態だった場も、何事もなかった様に再び動き出した。男性はそれで納得したのかよくわからなかった。


あービックリした。


話は違うが、少し前から左腕の調子が良くない。汁モノの麺類を食べる時、レンゲでスープを飲もうとすると震えたりして飲みづらい。で、ここ数日は手首とヒジの間が腕がうっすらと痺れている感じがある。前々からの首の不調と関係がありそうで嫌だな。この場合、病院に行くべきか、整体に行くべきか。
病院通いって、一個終わったと思うと、新しい所に通うことになったりするのが嫌だなあ。

関係無いけれど、今日作った「叩ききゅうりときのこの塩漬け和え」、ごま油で和えたら、なかなか旨かった。写真撮る前に胡麻を散らせば良かったか。
器は友人陶芸家・高橋朋子さん作泡模様ボウル。
c0138553_22554066.jpg




ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-10-26 23:03 | ◎こんな日々 | Comments(0)