泣いてばかりもいられない。

c0138553_21194479.jpg

相変わらず頭は恋煩いに朦朧としながらも、自分の尻に鞭打って、何とか今日の仕事を終えた。良かった。こんな事で締め切り遅れたらアホだ。

合間にyoutubeで、マイケル初来日時の日テレの密着映像を見つけて鑑賞。とても貴重な内容で、見応え十分であったけれど、見れば見るほど、絶頂期であればあるほど、マイケルという人はとても孤独なのだった。そこも、私が「マイケル=厩戸(うまやど)の王子」を唱える由縁で、私が両者に惹かれる理由でもある。どうでもいいが、この映像の中で、遊園地フリークのマイケルが、お台場ジョイポリスが大のお気に入りとかで、アトラクションを楽しんでいて驚いた。こないだセコネタ取材で行ったばっかしよ!もっと心して行けば良かったよ!(馬鹿)

夕方、仕事を終えたので、昨日友人Mさんに教えて貰ったとあるファンサイトを読み込む事にした。が、あまりに膨大なテキスト量だったので、モニター越しに読んでも全く頭に入って来ず、一度全てをプリントアウトして、風呂に持ち込み、湯船で読み込んだ。私はこの状況が、たぶん一番活字が頭に入りやすいのだ。

内容はマイケルが巻き込まれた1993年の事件に関するもの。事件の内容とその後や、裁判の陪審員達のインタビュー、マイケルの母のインタビューなど。これは世の中が、マイケルに対する印象を一変させ(それは元々のファンですらも)、その後、マイケルを完全に世界から孤立させてしまったキッカケとなった事件であると思う。奇人として扱われる事になった元凶。もちろん、それは私を含むのだけれど。
まあ、このファンサイト自体、メディアの一つであるわけだから、それを100%信用するというのは、マイケル=奇人、変人と思わされてきた数々の報道を信用してきた事と、何ら変わりないので、そのまま鵜呑みにする事はよろしくないとは思うのだけれど、それにしても、心が荒みそうになる内容であった。入浴していながら、体が冷え冷えとして、実に暗い気持ちになった。これが事実だとしたら、本当に救われない。やりきれない。もしも私だったなら(まあそんな事、あり得ないし、想像する事も出来ないが)、恐らくや生きてはいられないだろう。スターで在る事の代償としては、あまりにも大きい、地獄の様な年月。
そこから、長い長い沈黙を経ての「THIS IS IT」だったのだと思うと、あのショウがいかに大切な意味のあったものだったのかがわかった。マイケルの、あの聖人めいた言動や、あまりにも大きな包容力が、どれだけの苦難の末のものであったかもわかった。わかってしまったお陰ですっかり虚無感。人生とは無常だ。


いやしかし、泣いてばかりもいられない。
気持ちを切り替えて、明日はOLさん達にまみれて、ちょっとオイシイ思いをしてきます。オイシイ、はず。あ、服装はもうどうしようもないので、変装に四苦八苦するのはやめました。昨日、山田美容室でOLとはほど遠い、家人曰く「思いっきり中央線」なヘアスタイルになっちゃったし、無駄なあがきはしない。

そして14日(土)は、宮澤ナツさんのライブペインティング!今日から開催中のナツさんの個展の目玉です。インディーズバンド・ビイドロとのセッション。作品もライブも、凄く楽しみ。

またアイスボックスクッキー焼いたんす。
セコネタで行った銚子のバスツアー土産のレーズン(でもカリフォルニア産)を、これでようやく消化しました。
c0138553_21223543.jpg


オマケ楳。最近寝ている時以外、凄く鳴く。何かストレスかなあ。ああ、猫語わかりたい。
c0138553_21231331.jpg


※使い辛さに耐えきれず、元々のMacのマウスをまた使い出す。て事で、イラストはMacマウスにて。不調だったはずが、意外と快調なので、このまま使うことにする。


Mさん所にあった泣けるペプシCM↓
だから泣いてばかりはいられないのに。



ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-11-12 21:27 | ◎こんな日々 | Comments(0)