独裁政治まっただ中

c0138553_1232223.jpg

石井さんの週報を読んで思った。
ああ、つくづく私はホストなどにハマらずに良かった!或いは「34歳女」の様な男にカモにされず良かった!と。
いやもちろん、普段からそういうもの(騙す方も騙される方も)を馬鹿にしくさっているこの私であるが、何かの拍子に、思いがけずそんな状況に陥ったならば、一気に針を振り切って、そりゃもーあの手この手で金品を搾り取られる自信がある。しかも本人、搾り取られているという自覚もなく、実に気持ち良く献上しちゃうだろうという自信もある。だからという訳ではないけれど、
「マイケルのDVD買うくらいいーんでないの」
という理解ある家人の言葉に、「はい、本当に」と素直に思うのだった。自己破産まで追い詰められる事も、練炭自殺を装って殺される事も無いのだから。ほほ、平和平和。

そんな理解ある家人が出先で見つけて買ってきてくれたマイケルの2枚組CDを手にしたお陰で、晴れて私は家以外でもマイケルの歌を耳に出来る事になった。しかも大音量で。このためにヘッドフォン買い換えたか、という程に幸せだ。ゆっくりじっくり聴きたいからといって、下北に行くのにあえて各停に乗っちゃったりするくらい満喫だ。
が、既に容量いっぱいのipodだったので、元々入っていた「あの子」にも「この子」にも肩たたき。私の独裁政権により現役を退いて頂いた。そこにレッドカーペットを敷き詰めて(心で)、マイケル御大をお迎え。「あの子」も「この子」も恨むなかれ。これは仕方がない。私は今、ホンモノが聴きたいのだ。ある領域に達している人の声を。(でも本当はライブ音源を落として聴きまくりたい)
しかし、まさかこの歳になって、我が家にマイケルのCDがやって来るとは思わなかったよなー。

今、聴き惚れまくっているのが映画でも最初に流れる「Wanna be startin' something」。信じられない歌唱力。youtubeで見ると、まーテンポが早いこと。

日本公演の時のはバックダンサー達は今にも「ひでぶ!」とか言いそうなルックスである。


やっぱブカレストのはかっこ良すぎる。だいたい大の男がTバックのロンパース着てかっこ良いってどうゆう事か。


と結局動画を貼り付けてしまった…。

他にはまたしてもDVDに収められている「CHILD HOOD」のPVで泣く。普段ならぜってーに泣かない思いっきし「でずにー」で「メルヒェ〜ン」な映像なのに、その歌詞があまりに悲し過ぎて「うぶぶぶ」となる。空を見上げて歌うマイケルが本当に子供の様に見えてきて、また泣けるのだった。(馬鹿です。しばしほっといて。)


あーあ、これも貼り付けてしまった。何でもあるんだものyoutube。

これは本当に泣ける。泣けて仕方がない。



全く関係無いが、昨日、下北で時間を潰している時、随分前にmaruuさんからオススメされていた伊藤潤二の猫漫画「よん&むー」をようやく購入。うーん、猫漫画でも見事な伊藤色。絵柄は相変わらず禍々しいのに、なんとも微笑ましい。しかし伊藤さんが町内で副会長をやっているというのが一番可笑しかった。
前に買った楳似の3D カードに「よん」の目つきがソックリ。
c0138553_12889.jpg



さて、今日は久々にフリーの一日。天気も快晴。洗濯しまくり。
冬は晴れればそれだけで幸せな気持ちになる。


※今日のイラストは、昨日直ちゃん(マイケル映画二度目鑑賞明けで瞼腫らし)にリップクリームを貸してくれと言われた際の私の図。直ちゃん、笑いながら大泣きしていた。


ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-11-15 12:11 | ◎こんな日々 | Comments(0)