11月が終わる。

c0138553_17554269.jpg

何だか今ひとつスピードに乗り切れていなかった仕事を何とか形にして(つってもラフだけど)、今日、少しだけホッとした。夕方気分転換に高円寺ブラブラ。中古レコード屋で気になっていたものを今一度物色に。うーん欲しい。しかしどうしたものか。店頭で10分近く悩む。悩んだ末、悪の片棒を担ぐ事を今日は回避する。と言いながら、週末に全品20%引きデーがあるらしいとわかったので、先延ばしにしてみただけなんだけど。

昨日の夜はシラハマ邸にて、文さんの誕生日をお祝いする会があった。
毎度毎度、シラハマさんの手料理は本当に美味しかった。あんまり美味しくて目を閉じて味わっている自分を発見し、中山秀征のリアクションも元々はホンモノだったんだなーと悟った。じゃがいもとタラのビネガーの効いたサラダやら、オリーブオイルが滅法旨いヒヨコ豆のトマト煮やら、過去に食べた韓国料理屋の何処よりも美味しいスンドゥブチゲやら、ルクルゼで炊いたピカピカのご飯やら(あ、書いているだけで思いだしてお腹が鳴った)、本当に絶品でした。いつもいつもご馳走様です。

主賓である文さん自ら持参の美味しく危険な(凄く強かった)ティオ・ペペ(シェリー酒)や、毎度注意が必要な赤ワインをたらふく飲んで、無事に帰れるだろうかと不安になったものの、珍しく事前にウコンの力のお世話になっていたからか、酩酊せずにすんだ。やっぱり効くのかねえ。

色々楽しい話は尽きず、文さんは途中でダウンしてたけれど(笑)、皆とても素敵で、可愛く、目標にしたい様な女性達で、こういう場に居られるのはとても有り難い事だと思う。皆さん、有り難うございます。
そして文さん、改めましておめでとうございます!良き一年となりますように。

そして、お酒もだいぶ回ってから、直ちゃんによるムーンウォーク講習。うーん、全然出来なかった。「よく子供の時に習得したものを、今になっても踊れるよね」と言ったら、「車の運転と同じだよ(ブランクがあっても体が覚えている)」と直ちゃん。さすが。しかし車の運転と聞いて、ますますマスターするのは無理なんではと思えた私であった。


さて、11月が終わりますな。
なかなか不思議な一ヶ月でした。今は実に緩やか。緩やかに様々思う。で、「あ、そっか」と気づく事多し。
いやいや、もう年末進行に備えて緩やかとか言っていてはいけないのだな。明日は帰省のチケットも買わなければだし。あー問答無用に師走は毎年やって来る。
帰省の件もあり、一昨日、2ヶ月ぶり(ヒドイ一人娘)に実家に電話をしたら、両親は楳がやってくるのを楽しみにしている様だった。父などはよく「楳は元気かなあ」と話しているそうである。うーん、意外!ひょっとしたら今の父(引きこもりの頑固爺)にこそ猫の様なパートナーが必要なのではないかと思うのだけれど、毎日居るのと、たまにやって来る程度では、やはり違うかな。


外はまだ日が高いうちからキュッと寒くて、ポンチョ姿ではもうキビシかった。年内いっぱいはポンチョで行ってみようと思っていたけれど(意外とあったかいので)。八百屋で二束100円の春菊が売られていたので、迷わず購入。同じく二束100円のほうれん草も。葉ものばかり4束。でも葉ものが食べたかった。春菊は特に欲していた。椎茸と一緒に胡麻和えにするのだ。音豆ギャラリーのお母さんにご馳走になってから、あんまり気に入ったので、度々作るようになったメニュー。ああ、早く食べたい。(沈殿していた料理欲、急激に復活中)


て、さっきザイ編集部の辻さんが、「THIS IS IT」バルト9の最終回に行っていた事を知る。ガーン!こんな身近に!しかも激務の真っ最中に!しかし彼女の話を聞けば聞くほど、ああ、やっぱ行けば良かったなーと思ってしまった。アハハ。しゅーん。
私だけでなく、沢山の人にとって忘れがたい月であった事だろう。世界中が特別な4週間を送っていたというのが、やっぱり凄いな。

マイミクさんから拝借。ウルトラ兄弟か仮面ライダー大集結、的な。カッコ良すぎ。



仕事椅子楳六変化。
c0138553_18232390.jpg




ブログランキングに参加中です。1クリックよろしくどうぞ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2009-11-30 18:30 | ◎こんな日々 | Comments(0)