1周年

c0138553_21163725.jpg

昨日の夕方、にわかに体調が悪化してそのままダウンしてしまった。夜中には面白いように熱が高くなっていくので、いよいよ菌を頂いてしまったか!と翌朝向いの病院に駆け込む覚悟を決めていたのだが、明け方にはスッと体が軽くなり、平熱に戻っていた。何だったんだろ。なんかの解毒?

とはいえ、今日も終始フワフワと体幹が落ち着かず、ちょっと近所に出かけるのも疲れた。仕事も超スロー。ちょうど一年前の明日、私はインフルエンザ判定を受けて、同じように寝込んでいた。これは毎年恒例行事なのか。ちっとも学ばんなあ私。
何故そんな事を覚えているかといえば、ちょうど一年前の今日、楳が我が家にやって来たからだ。雨の降る早朝、ゴミ捨てに出た私が、マンションの郵便受けの下に丸まっている楳を見つけた。今、その郵便受けの下を見ても、そのスペースに居たのが信じられないくらい大きくなったけれど、逆に当時は、どんなに小さく痩せていたのだろうと改めて驚いてしまう。で、病院だ、トイレだ、餌だ、と奔走した翌日、今度は自分が病院へ行く事になったという訳だ。
保護してしまってから、あまりの衰弱ぶりに「死んじゃうかも」というのが頭をよぎり、初めて冷水を浴びせられた気分だった。「弱り果てた猫を拾う」という事には、長年、猫を飼うのが夢だった自分にとって、少なからず「酔い」があったから。そこからの事を全く考えていなかった。何しろ猫素人であったし、何をどうして良いやらわからないまま、周囲の猫先輩方のアドバイスに助けられて、いつの間にか名前まで付けられて、そのまま楳は我が家に仲間入りしてしまったのだけれど。まあでも、そういう運命だったんだなあと思う。

楳と一緒に暮らし始めた事で、色々変わった事はあるけれど、一番の変化といえば、私が「動物もの」に弱くなってしまった事だろう。これは自分でも信じられない。というか、我ながらちょっとドン引いている。この間など、テレビで放送されていた「動物映画の名場面集」的な、本来私が最も「ケッ」とか悪態を付く番組内で「マリリンに逢いたい」の映像が流れ、それを見ていて、あろうことか泣いてしまった。前後の話がカットされ、物語もよく知らないにも関わらず、そこ(泣きポイント)だけで泣いている自分に「えええー」「おいおい、マリリンに逢いたい、だぜえ?」とツッコミ入れながら動揺。うーん、どうした事だ。ついに動物愛に目覚めたか自分。

でもふと、大島弓子の飼い猫「サバ」シリーズに描かれていた場面を思い出したのだった。
「私にとって動物はみんなサバです」
油で汚れた海で、油まみれになって飛べなくなった鳥のニュース画像を見て、大島さんは「サバが油まみれだー」と言ってサバに抱きつくのである。大島さんにとって、ありとあらゆるものが「サバ」なのだと。
ああ、そうか。私もみんな「楳」なんだ。マリリンに逢いたいと必死に海を泳いで渡ってくる犬が、マリリンを失って途方に暮れる姿が、楳が泳いで(んな事あり得ない訳だが)、楳が途方に暮れている様に見えたんだな。街で見かける野良猫に、これまで以上に勝手なエールを送ってしまうのは、それが楳に見えるからだ。事実、たまたま楳は家に来ただけで、まだ野良生活を続けていたか、とっくに死んでいたかもしれないのだから。そう思うと、もーみんな拾ってやりたい!と思ってしまうが、さすがにそんな事は出来ないから、エールを送る。
結局、純粋に動物愛に目覚めたとは言い難い。いつか友人が出産後に「子供を産むと、よその家の子も可愛く思えると言うけれど、私は違うな。やっぱり自分ちの子しか可愛くない」と話していたけれど、結局そういう事なのかもしれない。って、人間の子供と比較しちゃいけませんね。はい、スイマセン。

という事で、家人いわく「すっかり猫オバハン」と化しておりますが、それでも猫グッズは集めてないよ!猫漫画だけだよ!と言い訳(誰に)しつつも、楳はといえば、今だに「甘噛み」とは言い難い傷を量産してくれ、昨晩などは熱でうなされる私の鼻を本気噛みして励ましてくれ(ポジティブシンキン)、相変わらず家人にシャーフー攻撃も怠らない推定年齢2歳、人間で言えば23歳くらいとなりましょうか。その貴重な猫生を、偶然共にした者として、これからも大事に過ごしたいと思う。


1周年記念のモフモフマット(高円寺オリンピックで398円)はお気に召した様子で良かった。
c0138553_2117856.jpg



そんな訳で、まだ届いた「THIS IS IT」は特典映像しか観られておりません。
正直、これまでは特典映像というものには全く興味が持てずにいた坂本ですが、いや、アレはやはり良いものでした。昨年、清志郎のロックンロール葬に参列したした際、悲しみの中に強い光が見えた事を思い出しました。マイケルも清志郎も身体はこの世からいなくなってしまったけれど、その精神はしっかりと受け継がれているという事。本編は改めて、体調万全な時に。
して予約していたはずの「THE WIZ」、あろうことか予約確定していなかったという凡ミス。あいたー。で、再び注文して明日には届くはず。ついでに昨夜の「SONGS」も録画し忘れ。もーろくしすぎの坂本、せいぜい仕事でミスしないよう気をつけます。



ブログランキングに参加中です
[PR]
by sakamotochiaki | 2010-01-28 21:28 | ◎楳猫 | Comments(8)
Commented by しみず at 2010-01-28 21:58 x
ワタシも昨日の午後急に熱が出て、今朝はけろっとしたんだよ〜!!
千明さんとおそろいだわ。
なんだったんだろうね、あれは…。

楳ちゃん1周年記念おめでとう!!
Commented by sakamotochiaki at 2010-01-28 22:10
猫先輩しみずさん
ありがとうざいます!(というもの変なんですけど)
あれれ、しみずさんも…。
何なんですかねえ。
まだぶり返ししそうな気配もあるので、油断出来ないんですが、
熱が出る直前も、全然何ともなかったんですよね。
過労?てほど働いてないし!
お互いお大事に!!
Commented by goronote at 2010-01-29 00:24 x
坂本さん、ご無沙汰しています。
昨年6月の展示ではありがとうございました。
SONGSは国会中継などなければ火曜日の午後3時15分から
再放送があるかもしれません。チェックしてみてください。

くれぐれもお大事になさってください。
Commented by sakamotochiaki at 2010-01-29 13:01
goronoteさん
こんちは〜。ご無沙汰してます!
情報有り難うございます!
BSは観られない環境だったので、NHK総合の再放送を楽しみにします。
いや、国会中継を軽んじている訳ではないのですが。

goronoteさんの描かれていた猫の絵、
夢の中みたいに顔だけボンヤリとわからないやつ、
あれ、今の私には顔だけ「楳」アイコラみたいに見えているかも、です。

Commented by ナツ at 2010-01-29 13:09 x
そうかー、もう一年になりますかな。おめでとう!!
当時は大変だったよね。でももうすっかり家猫うめっち。
動物シンクロ率はハイスコア更新中、ね!
Commented by sakamotochiaki at 2010-01-29 14:52
ナツさん
あは。アリガトウございます!
一年経ちました。元気になってくれて良かったです。
ベランダの窓が開いていても、全然外に出ようとしない楳です。
確実に運動不足。
もう少し縦の動きが出来る環境に住めるといいなあと夢想中です!
Commented by kyoe_noriko at 2010-01-30 08:56
わかります!動物ものに弱くなる・・っていうの。
なんか身にしみちゃうの。
だから、それまでは、子供モノにうるっとくる周りの人をみて、ちょっとひいてたんだけど、やっぱりそれも同じことなんだろうなあって。いやいや、世の中自分がその立場に立ってみないとわからなうことだらけ。いくつになっても・・ねえ(ぷ)。
Commented by sakamotochiaki at 2010-01-30 09:23
kyoueさん
どうしたらいいんですかね。どうもしなくていいのか(笑)
何かね、涙腺の弱さが度を超えているというか、
時と場所も選ばなそうな感じで、それがヒジョーに困ってます。
昨日も電車乗ってて、友人から届いた1周年メール(楳宛に書かれた)で、危うく涙がポタリと垂れんばかり。

いやホント、自分がこんな事になるたあ。
逆に他人様の行いにもあーだこーだ言えないですね。
知らずに言っちゃうんだけれども。