久しぶりに刷り。

c0138553_12485171.jpg
c0138553_1249795.jpg

ちょっと怒られそうな程のブランクを経て、昨日は久々に町田の工房で刷り作業。もう春だというのに、相変わらず真冬なものを。だってやっぱり描きたいと思うものがそれだから。

工房に行かない間も版はちょこちょこと作り溜めてはいたものの、半日のみの日程だったので、浸水要らずの半紙に刷る版を優先。実験もいくつか。さすがに全ての版を刷るのは無理だった。が、午前中は利用者の少ない一番小さいプレス機をほぼ独占状態でフル稼働。インクも黒一色で、忘れている感覚や作業を思い出しつつ。
想像していた様に刷り上がったり、刷り上がらなかったり、あまり期待していなかった版が良かったり、全てが面白かった。これ、私の大雑把な性格故だろうか。自分の絵が反転するというだけで、まだワクワクしてしまう版画素人である故かもしれない。

工房での話題は、当たり前だがオリンピック色強しで、ボンヤリ鑑賞しかしていない私はあまり参加出来ず。そんな中、隣の机で作業していた女性が話していた某私鉄沿線の某駅の話に耳ダンボ。
その駅のある地域は、いわゆるお金持ちが多く住む事でも有名で、さらにそこには某有名校があるため「お受験」のメッカとなっており、それに狂った親たちが、こぞってその地に引っ越してくるのだという。「住民票」がある事がお受験にはとても有利に働くという事らしい。しかも「賃貸」よりは「持ち家」がより有利らしく、皆わざわざ購入するのだとか。聞いているだけでも眉毛が八の字に、或いは眉間に皺が寄ってしまう内容だが、話はそれだけでは終わらない。
昨今の不景気のせいで、購入した家のローンが払いきれなくなった人が続出し(そりゃそうだ。最初から無理矢理なんだもの)、追い詰められて自殺、無理心中をする人が増えているというのである。ドヒャー。
ドヒャーではあるが、昨日耳に挟んだ中では一番コクのある話として心に残った。まあ、少々都市伝説的ではあるので、真相のほどはわからないが。他人の不幸話を笑うつもりはないけれど、いや、そもそもどこからが不幸なのか線引きは人により様々だろうが、こんな風に、人間てとことん馬鹿で強欲で情けないよな、という話を聞くと胸が熱くなる。人間て素晴らしいよねという話の何倍もの波が、私に押し寄せてくる。これでまた一個作品が作れてしまうくらいの波。昨日の工房での収穫。

で、別に上手いことがいいたかった訳ではないが、刷り作業を終えて、携帯でツイッターを見たら私のTLがほぼ「津波」に埋め尽くされていて驚いた。状況がよくわからないまま、その場ですぐ父の携帯に電話してみる。案の定、のんきすぎる程にのんきな会話。
「百石の方は避難してるみたいだけど。ま、こっちは大した事ねーべ。それより今日は町長選挙だから大変だ」
と、投票所に行こうとしていた(その後さすがに選挙は翌日に延期。或いは開票のみ延期という事になったが)。
両親は昨年正月に大規模断水の際も「これは明日には、水が止まってしまうぞ。マズイぞ」という状況で「眠いから先に寝るね〜」と何の準備もせずに寝てしまった危機管理能力に乏しい人達であるから(結局私と家人がボウルやバケツに水を溜めたが、案の定足りる訳も無かった)、こういう時、どうも信用出来ないのだ。海沿いに家がある訳ではないので、私もそこまで緊迫してはいないものの、とりあえず地元に住む幼なじみに状況確認メール。「報道は凄いけど、こっちは大丈夫」という返信に、ようやく落ち着いて阿佐谷へ戻る。

家に帰る前に、今年初(!)のCONTEXTに寄り道。「柚子ジャムあるから寄ってね」との伝言を承り、本当に頂きに、のこのことふわふわと。あともう少しで切れそうだった番茶も買って、駒ヶ嶺さんにお茶とお菓子をご馳走になり、なんやかんやとダラダラと話して、工房でヨレヨレになった心を建て直し、次にやって来た心ヨレヨレ客(私と同じと勝手に決めつける)とバトンタッチして帰宅。

頂いた柚子ジャム。駒ヶ嶺さん、ご馳走様です。いや〜我が家今ジャム天国。しかも全て頂き物。そして全てタイプの異なるお味。ジャムがS極で私がM極つー感じで寄ってきて、ああしあわせ。
c0138553_1395379.jpg



そうそう数日前に実家より食料が届いた。今回の母の気合いの入りようは凄かった。海幸、山幸、お菓子がびっちり。有り難い。中でもヒットはこれら。

左から鮭トバ、鱈、ほっけの乾物。そのままむしっておつまみに。日本酒か焼酎だね。こんなにワイルドな鮭トバは初めて見た。鮭トバって美味しいモノはハモンセラーノみたいな味がするよな。
c0138553_13114048.jpg


こちらも初めてみたリンゴジュース。母はたまにこういうおセンチな代物を送ってくるのであった。そう、つまり私の幼少時の呼び名です「ちいちゃん」。味はもう少し酸味が欲しかったかなあ。まあ「ちいちゃん」の想い出の味は甘いんでしょう。
c0138553_13103117.jpg


ずんだかりんとう。超素朴な味ながら、歯ごたえ風味が私の好みド真ん中。さすが母。
自分でも作れそうなんだよな。作ってみたい。
c0138553_1311431.jpg


あ、版画・ドローイングのカテゴリーだったのに、結局食べ物の事書いてる。スイマセン。



ブログランキングに参加中です
[PR]
by sakamotochiaki | 2010-03-01 13:15 | ◎これまでの版画作品 | Comments(0)