楳、手術延期。

先ほど楳を病院に連れて行き、手術前の血液検査をしたら、医師もまさかと驚く結果が出てしまった。
通常楳の様な若い猫には見られない腎臓と肝臓の数値。楳は大分、腎臓と肝臓が悪かったらしい事が判明した。それにより血液が薄まっているという。年齢と数値を見るに、随分前、もしかすると保護前からの持病ではと医師。日頃ダルそうだったり、縦の動きが減ったり、寝てばかりいたのは、夏バテや楳の性格でもなんでもなかった。「生活する事自体辛い状態」と医師に言われ、凄くショックを受ける。初めての猫とはいえ、そこまでの状態に全然気付いてやれなかった。いや、毎月医師には「どうも元気が無い。涙の量も増えている」と申告していたのだけれど、医師も若年の猫がまさかそんな状態とは思わなかったらしい。(それは腫瘍も同じく)
本当に楳には謝ってばかり。ごめん楳。

という訳で、つまり楳は今、全身麻酔に耐えうる体ではないので、手術は避けるべきという結論に。というよりも、手術を受けられる様になるまで、まずは肝臓腎臓の治療から始めなければならなくなった。あああ。
医師が言う様に、今わかった事を不幸中の幸いと思うしかない。まだ食事と投薬で回復出来る可能性のあるレベルという事も。腫瘍はもう焦っても仕方がないから、まずは健康体を取り戻す事が最重要。
早速、専用食のサンプルを3種と飲み薬を貰い、まずは一ヶ月これで様子を見る。帰宅するなり腹ぺこの楳に専用カリカリをあげたらペロリと食べた。錠剤も上手く飲ませられた。一ヶ月後の血液検査まで、どうか効果がありますように!

前の日記でご心配おかけしてしまった皆様、スミマセン。さらにこんな展開で、自分の無知さや、無頓着ぶりに激しく萎えまくりの坂本ですが、一番辛いのは楳なのであって、私はやれる事をやるしかなく、とにかく治療を頑張りたいと思います。そして手術が出来る様になるまで、引き続き腫瘍が良性である事を祈って!!!
[PR]
by sakamotochiaki | 2010-07-09 11:59 | ◎楳猫 | Comments(4)
Commented by ぺすか at 2010-07-09 12:39 x
やっぱり楳ちゃんは運の強い子だよー
千明ちゃんに拾われ、病気もちゃんと気づいてもらえて。
野良の子は、過酷な環境で生きてるからね・・・
拾われた時に持病があるというのはよくあるよ。
飼い猫でも腎臓は悪くしやすいからね。
気長にやっていこう!
Commented by sakamotochiaki at 2010-07-09 13:33
ぺすかさん
腎臓、肝臓って話はよく見かけていたのですが、水を飲む量が増えてないかとか、尿の量が増えてなかったとか、今日も医師に聞かれましたが、私、比較対象がないから全然わかりませ〜ん!(泣)と。
夏だし、冬よりは水も多く飲むと思てったし。
でも本当に野良は過酷。短命というのは納得します。
ありがとうございます。気長にがんばります!
Commented by まちお at 2010-07-11 16:29 x
おひさしぶりです。
楳ちゃん大変な事になってるんですね…
うちのワンコも脳に水が溜まってる状態で毎日
目が離せない状況です。
ほんと、今やってあげれる事をやるしかないんですよね。
1日も早く良くなる日が来ますように…。

Commented by sakamotochiaki at 2010-07-11 19:42
まちおさん
えええ!あのまだちっこいワンコが?!
そんな病気があるとは...
ううう。つらいですね。
お互い頑張りましょう。
楳は薬と専用食3日目、涙目が少し良くなって来た気がします。
まあ「病は気から」のせいかもしれないけど。