DMと元になった版画。

c0138553_1075951.jpg

「あ、そういえば」という感じで、ご紹介し忘れていましたが、『雨の日は、手紙を書く。』展のDMはこんな素敵な雰囲気に仕上げて頂いたのでした。作品をデータ納品して、その日中の印刷入稿という早業をやってのけたのはシマシマヤトーキョー店主・ヒロミさん。いやー仕事の速い人って素敵。元の作品の泥臭さをいい塩梅に中和して頂き有り難やー。やはり焦げ茶は大正解でしたなー。

ちなみにこちらが元になった紙版画。
c0138553_1018261.jpg

こうして改めて見ると少し冷たくてハッキリした印象。刷ってる時は大分モヤモヤとした印象だったのに我ながら不思議。既にDMの方が目に馴染んでいるからか。

こんな風に自分の元を離れてから、誰かの手によって少し違う顔になって戻って来た作品を出迎えるのは楽しい。大学進学で東京に出た息子が初めて帰って来て「あら、何だか顔つきが変わって頼もしくなった」と感慨に浸る母の様な気持ち。かどうかはわからんですが、自分だけではどうしたって偏ってしまうもの。こんな風に新しい空気を吸えるというのはやはり嬉しい。逆に他人の作品に手を入れるという事のプレッシャーたるや、そらもう胃がいくつあっても足りないくらいだろうと思う。まあ、中には無慈悲なデザイナーさんもおられますが、殆どのデザイナーさん達を私が尊敬するのはそういう所もある。デザイン科卒のくせにセンスゼロな身としてはなおさらに。


さて、今日もパッとしない天気ですが、日向の楳画像でもひとつ。働くの嫌になるけどね。
c0138553_10311197.jpg

[PR]
by sakamotochiaki | 2011-06-13 10:31 | ◎これまでの版画作品 | Comments(2)
Commented by kyoe_noriko at 2011-06-22 14:55
こちらでは、ご無沙汰しております。
サカモトさんの描く静物版画が大好きなんですけど(建物とか)、これって切り抜きですよね?
そうするとこの紫陽花は、一つ一つ花にインク持って拭いて、並べていったってことですよねー。すごい!!
私だったらきーーーーっとなります。というか、私も一時色版は切り抜き方式にしていたんですが、置くときに手にくっついてずれたりして一々きーーー!となっていたので。
でも、こういうのを見るとまた切り抜き方式で作ってみたくなります。頑張ってみようかな。
Commented by sakamotochiaki at 2011-06-22 21:16
kyoe_norikoさん
銅でも塩ビでもなく紙で版画をやろう、という時に、
その特製を生かしたい、というのを考えると、
やっぱり版の不定形性、というのがあると思うんです。
それにより多少の不便や、ただ線を描くというよりも相当の稚拙さは出てしまうし、ズレも生じるので失敗する事も多いです。
この版も、色はこっちが良いのに、版の位置はこっちが良かった...というジレンマがありました。
たぶんもっと効率的で上手いやり方があるのかもしれないですが、私はこの不便さが案外気に入っています。
そもそも絵を描くという事より、何かしらの不便さ、思い通りにいかなさ、が面白くて版画をやっているのかもと思うくらいなので(笑)
それよりkyoeさんのコラージュや数版重ねるという事も、相当私には「きー!」となる所行と思います(笑)