悲しくて泣いている訳じゃない。

c0138553_2343610.jpg

保護した時から楳は右目が涙目なので、ちょくちょく拭いてやる。以前通っていたお医者は「そんなのは自分で拭くからそこまでしなくてよろしい」と言っていたが、今のお医者からは「拭いてあげて下さい」と言われている。で、私は以前も今も自分が拭いてあげたいので拭いてあげている。だから何という話だけれど。

前の日記を読んで下さった私の愛する諸先輩方より「四十路は怖くないよ。いいもんだよ。」と励まし(?)のお言葉を沢山頂き、いや、実際四十路を迎えるにあたり、大した考えも持ち合わせていなかったので面目ない気持ちだったのだけれど、お陰様で無事仲間入りさせて頂きましたはっはー。あとは先日半日費やして電気屋で選んだ冷蔵庫が配達されるのを待つだけであります(結果的に誕生日記念の品となった。今後3年は何も要らんまじで)。

今日も嫌な揺れがあって、4ヶ月前と何も変わらぬ慌てっぷりで、楳を抱えて部屋を右往左往してしまった。しばらく震えも止まらず、時間が経過すればするほどてんでダメな感じである。東京程度でそんな状態なのに、被災地の方々のメンタル面をたて直すのはどれだけ困難なことだろう。玄関には非常時用のリュックも4ヶ月間置きっぱなしの我が家であるが、果たしてこれを背負っていったい何処に逃げると言うのか。

来週は何年ぶりかの天草帰省が控えている。当然避暑になる訳はない。それまでに仕上げねばならないものを急ピッチで作業中。あと版画1点作りたいのだけれど果たして間に合うか。やれるだけの事をやりたい。
[PR]
by sakamotochiaki | 2011-07-16 03:07 | ◎こんな日々 | Comments(0)