5月が終わる。

c0138553_22533168.jpg

ザブンザブンと月日は流れてゆく。GWに行った笠間の陶炎祭やら、実家帰省やら、同じ一ヶ月の間の出来事だったとは到底思えないほどに遠い記憶。

あ、一昨日自転車で派手にコケた。車道脇の脇にある下水(?)かなんかの蓋(鉄の網目状のやつ)の端っこがほんの少しズレていたのか何なのか、そこだけ格子状になっていたらしく、見事にタイヤがハマってウィリーの逆(ってなんての?)、つまり前のめりにつんのめって自転車ごと前転しかけた所を己の重みにより回避したものの実に無様にズザザーッ!とやりました。直前まで悶々と考え事をしていてボンヤリしていたのがマズかった。なにせ昼間の方南通り、車通りも多い訳で、一瞬の事で訳がわからないなりに、とにかく歩道側に倒れようという一心でズザザーッ!と。咄嗟に地べたについた左腕がビキーンと痛くて(でも骨折とかじゃない)腱鞘炎を忘れるほど、つーか荒療治(かなりの)的効果で腱鞘炎治ったんじゃね?つーくらい痛かったものの、今日はもう傷みは和らぎ、何事も無かった様に腱鞘炎復活。いや、腱鞘炎はずっとマイペースで痛かったのだろうけれど痛みのコントラストマジックによりなりを潜めていたのですな。
それにしても、もう41歳を目前にして自転車で(人前で)転びたくは無いものである。と、2年くらい前と5年くらい前にも思ったはずである。つまり結構ズザザー!とやっているんである。自転車乗るの止めないと、コレ、数年に一度見られる自然現象化してしまうのではなかろうか。観察用メガネ不要の。

で、そんな5月が終わると当たり前だが6月だ。
6月には今年も参加させて頂く下北沢シマシマヤトーキョーさんの『雨の日は、手紙を書く。vol.2』が待っている。現在そのための版画や小物を制作中。
冒頭のは消しゴムハンコを元にして作ったA4サイズの包み紙。文庫本(新書もいけるか?)などのカバーや、自作封筒、もちろん贈り物のラッピングなど何でもドウゾ。白、茶色、グレー地の3枚セットにして販売する予定です。

そして今年も紫陽花を刷りました。こちらは紙版画はがき。一枚一枚プレス機で刷っています。銅版画などの足元にも及ばないながらそこそこ時間がかかる上に、紙版の性質上、沢山作る事が出来ないので1枚630円(税込)で販売させて頂いております。
c0138553_2258363.jpg


今日は小さいメッセージカードもこさえました。紙版で型押ししたもの。これから封筒をチマチマ作ってセットにしようと思ってます。贈り物にちょこっと一言添えるのにも良いかもであります。
c0138553_2311890.jpg



そうそう。6/2(土)〜6/10(日)には以前二人展でご一緒させて頂いた駒ヶ嶺三彩さんの個展『ドレミファ 空に渡る鳥』が開催されます。西荻ギャラリーみずのそらにて(月火休)。
この素敵な写真は写真家の杉本文さん。私はデザイン作業の最初の最初部分をお手伝いさせて頂いたのだけれど、今回の作品制作に関する話を駒ちゃんから聞き、すぐ頭に思い浮かんだのが『トゥオネラの白鳥』だった。山岸凉子の『テレプシコーラ』の中に登場する、無くてはならない1曲。それにあまりにもぴったりだったので、何枚かの候補写真の中から最終的にこの一枚に決まりました。駒ちゃんらしいスッとした良いものが出来たと思います。新しい作品たちも楽しみ。
あ、2,3日は駒ちゃんに代わって、ワタクシめが阿佐ケ谷CONTEXT-Sで店番をしております。西荻茶散歩も開催中なので、余力がありましたら帰りにでもお立寄り下さいませ。
c0138553_091065.jpg






さて6月はいよいよ我が家も新体制になりそうである。
楽しみな様な、不安な様な、考えていると鼻血が出そうである。
どうか後々になって、ああ良かったと思える日が来る事を祈っている。ひたすら祈っている。



それにしてもマウス絵サボりすぎ....
[PR]
by sakamotochiaki | 2012-05-30 23:12 | ◎こんな日々 | Comments(0)