1週間とエコバッグ。

c0138553_22414727.jpg

煤と墨が我が家にやって来て1週間経った。
今、2つ前の日記の写真を見ても、大きくなったなーと感じてしまうほど、2匹はグングン成長している。
何せ人間に置き換えたら巨大皿に盛られたカレーライスを1日3食も食べ切っている様なものであるから納得するほかない。
それにしても子猫てーのは凄い。何が凄いって一瞬たりとてジッとしていないのが凄い。食べている時と寝ている時以外は駆けずり回っている。常に早回しでドタバタしているのに、ましてや黒い2匹を写真におさめるのは難しくてしゃーない。撮った写真はほぼ影絵。
c0138553_22444399.jpg

ダイニングチェアー登頂には時間がかからなかった(ダイニングテーブル、仕事机を順当に制覇して、昨日ついにガス台も制覇。キケンエリアの対策を早急に考えねばならない...)ので、せっかくご近所の椅子職人のく山氏に張り替えて頂いたばかりの座面がボロッボロになりそうだったので、急きょ家にあった帆布で保護する事に。

奇跡的に止まっている煤を撮れた貴重な一枚。
c0138553_22472818.jpg

見た目や性格も2匹の違いが大分明確にわかって来た。煤はマイペースで甘えたがり男子。
一方煤はまだまだ細っこくて、体の形がほとんど漫画かアニメ。走る度にチョロロロロ〜ンとか効果音が聴こえそうである。まだ体格では煤に負けているけれど、恐らく気が強く、運動神経抜群で、でも優しい女子。丸めた紙を与えるといつまででも1匹で遊べてしまう紙好き。
c0138553_22495131.jpg

いやとにかく、何でも遊べてしまう子猫は凄い。次々と私が投げ込む小道具でどんどん遊んでいく様は、『ガラスの仮面』の「奇跡の人」オーディション課題「ヘレンとして遊べ」における金谷英美である。「全部のおもちゃをつかって遊ぼうというのか...!」である。先住楳が玩具という玩具にほぼ無反応な猫であるせいもあって、見ていてひたすらスゲー!の一言。

と、その楳。
2匹がやって来た当初、2匹への警戒はもちろんのこと、私へのシャーフー抗議が凄まじく、覚悟はしていたものの正直へこたれた。加えて少し前より気になっていた楳の体調不良(食欲不振→食欲増進薬で食欲過多→便秘嘔吐コース)に拍車をかけてしまった事への罪悪感もあり、鬱々とした日々を送り、楳の夜鳴きや子猫らの世話やらで疲れが溜まっていた所に家人の夏風邪がうつり、3日前ついに寝込んでしまった。が、その間ほぼ楳が引きこもっていた寝室に一緒にいたのが功を奏したのか、ダウンした私を見るに見かねた楳の優しさなのか、以来シャーフー抗議をしなくなった。
2匹との距離はまだまだある、というか先が見えないけれど、近寄る度にケンカを売っていたケージ前を無言で通過する程度に空気は軟化(?)してきている様な気がする(あくまで希望的観測)。まあ、煤墨は我関せずといった風で、どこまでも呑気でどこまでも自由である(それも子猫スゲー)。
楳の体調が良くなって、少しずつでも3匹が仲良くなる日が来ると信じて、焦らずじっくり行こうと思う。

階下の2匹をビクビクしつつ見る楳。基本階段は途中までしか下りて来ない...この季節は1階の方が涼しいのに(泣)
c0138553_231041.jpg



さて、墨の写真に映り込んでもいる私手作りのダンボールハウスは、お陰様で子猫らに大好評である。こちらの思惑通りに仕掛け1つ1つで遊び倒してくれるので嬉しいやら可笑しいやら。
c0138553_23283351.jpg


んが、実はこの箱にはコレが入っていたのであった。
c0138553_23163384.jpg

阿佐ヶ谷『土の記憶』オリジナルエコバッグ。大きめのマチ付きキャンバス地タイプと小さめの麻タイプの2種類あります。イラスト(今回はペン画)は私が担当させて頂きました。6/30(煤墨が我が家にやって来た日)にオープンした阿佐ヶ谷パールセンター内の新店舗にて販売中です。なかなか素敵に仕上がってくれて良かった。しかも丈夫そう(これ肝心)。特にキャンバス地は米でも一升瓶でもイケますよ!
肝心の『土の記憶』新店舗もこれまたとっても素敵です。広々と開放的な空間に目移りしてしまう器や道具達が勢揃いしていました。私はお馴染み「紙版画はがき」の他に「型押しメッセージカード」もお取り扱い頂いております。ぜひ阿佐ヶ谷にお越しの際はお立ち寄りください。



最後にホルターネック保護服(夏バージョン)の楳を。
c0138553_2329554.jpg

Tシャツタイプに比べて解放感があるのか、無理矢理脱ごうとしないし、何より涼しそう。
楳は来週末3ヶ月ぶりの精密検査である。病院ばかり連れていく私、また嫌われてしまいそうである...
[PR]
by sakamotochiaki | 2012-07-08 23:48 | ◎猫たち | Comments(0)