一年。

c0138553_211555.jpg

漠然と、この日は自宅で、家人と共に猫らを膝に乗せて静かに迎えるのだろうなあと思っていたけれど、
こうして北の地で1人、過ごしている。
私が行かれない代わりに、線香と花を持って家人が楳に会いに行ってくれた写真を見て、
悲しい気持ちと嬉しい気持ち、有難い気持ちで満タンになった。

昼間、田舎のただっ広い平野の真ん中の道を車で走っていたら、それに並走する様に一羽の鳥が飛んでいた。
なかなか距離が縮まらないので、まるで空にはりついているみたいに見えた。
しばし一緒に飛んで(走って)別れた。
あれは楳の鳥だったかもしれない。




楳、我が家にやって来てくれて本当に有難う。
[PR]
by sakamotochiaki | 2014-01-09 21:12 | ◎楳猫 | Comments(0)