『鵜の森文庫』始まっています。

★終了しました。沢山のご来場有り難うございました!
c0138553_19372479.jpg

5/24より鵜の木Gallery and Cafe Hasu no hanaにて Hasu no hana book week 鵜の森文庫が始まりました。
私は今年の1月に出版した『退屈をあげる』の原画を展示しています。原画と本の他にも猫はがきとメッセージカードも少し置いています。
初日の昨日、Hasu no hanaにお邪魔しましたが、広い空間が狭く感じられるほど、沢山の絵本の原画作品や本で埋め尽くされていて見応え十分でした。
町田の工房の大先輩でもある高橋キョウシロウさんとも久しぶりにお話出来て嬉しかったなあ。キョウシロウさんの素晴らしい原画展示は会期の途中で差し替えもあるそうです。何度か足を運ばれても楽しいのではないかと思います。(最初の写真は可愛い黒猫スカートがとてもお似合いだったキョウシロウさんと私の原画スペースです)

そして本や原画はもちろんですが、Hasu no hanaはコーヒーもジンジャーエールもスイーツも美味しいのです!全てにおいて手を抜かないオーナー渾身のメニューばかり。ぜひご賞味ください!昨日テイクアウトしたキャラメリゼナッツどっさりのバナナケーキ(写真)も絶品でした。と言いつつ、ブルーチーズのケーキも強くおススメします。色んな本に囲まれながら、一緒にお腹も満たしてください。
c0138553_19521921.jpg

さらに鵜の森文庫ではオーナーであるフクマカズエさんが過去に作られた本の販売と、原画の展示もあります。こちらもぜひ実物を見に来て下さいね。



話は全然違いますが、猫のヒゲを集めています。
以前友人ガラス作家の梅田香奈さんに頂いた(何処のお土産だったかなあ)ガラス瓶に、家の中で見つけては何となく捨てられずにいたヒゲを入れています。白いものは楳の、黒いものは煤墨姉妹のもの。楳の遺品らしい遺品というのもあまり無くて、気付いたら今ではこれが宝物になっています。改めて比べて見ると楳のヒゲは太くて立派だったんだなあ。しみじみ。
c0138553_2011062.jpg

[PR]
by sakamotochiaki | 2014-05-25 20:05 | ◎お知らせ・展示など | Comments(0)