猫は夢うつつ

まだ北におります。そろそろ帰京出来そうな気配。

ところで何故か実家周辺には野良猫の気配がない。冬は仕方ないにしても夏でもなかなか遭遇出来ない。「歩いていれば猫に当たる」杉並区に暮らしているとこれが本当にツライ。

猫欠乏症状も激しくなり、猫はおらんか〜猫はおらんか〜と目を血走らせて過ごしていたせいでついに幻覚が!!と思ったら本物の猫だった。ぎゃーいっぱいっ!!
c0138553_12530956.jpg

旧実家近くのお宅。田舎ならではの何と何を掛け合わせたらこーなるの⁈な超雑種犬を飼っておられる(もちろん外飼い)のだが、数ヶ月前から1,2度黒白ハチワレ猫も見かけた事があった。通いの野良に家主のお婆さんがごはんをあげている様だった。で、久しぶりに通りかかったたらコレ。思わず運転していた車中で悲鳴をあげた。田舎故、まだまだ避妊去勢の概念は定着していないとはいえ、黒白ハチワレ母さん凄すぎる。この先どうするんだろう。考えると眠れなくなる。



幻覚かしら?な写真をもう一枚。
c0138553_13080114.jpg

実家近くの広大な空き地にポツネンと現れた猫。私有地なので中に入れず、声をかけたら鳴き返した。2度目に遭遇した時、ついに触らせてくれた…どころか甘々な飼い猫さんだった。
c0138553_13082322.jpg

以来、無理矢理用事を作ってはこの空き地を見に行ってしまう。会えたり会えなかったりのやきもきが完全に恋愛。「笹かまちゃん」と呼ぶことにした。



そして母の友人で、今や私の猫友達でもあるヒグチさんちのチビにも会えた。
c0138553_13113255.jpg

相変わらず魅力的なチビ。15歳くらいとは思えぬ美しさ(オッサンだけれど)。
c0138553_13281103.jpg


猫は本当に幻のようで、眺めたり、頭を撫でたり、髭や尻尾が頬に触れたりするけれど、何故か輪郭が曖昧で儚い。突然目の前に現れてフッと居なくなる。一緒に私のモヤモヤも連れて行く不思議な生き物。



実家では相変わらず実家でも制作出来る手法としてマーカーイラストを制作中。
c0138553_13151890.jpg

c0138553_13162780.jpg

c0138553_13164964.jpg

c0138553_13170562.jpg

c0138553_13173496.jpg

c0138553_13180341.jpg



[PR]
by sakamotochiaki | 2014-09-02 12:47 | ◎こんな日々 | Comments(0)