冬の芝生展『いきるもの』に参加します。

c0138553_1163494.png
《12/20追記》芝生さんでお取り扱い頂いていた『退屈をあげる』第2刷と2016年楳カレンダーは完売いたしました。有難うございました。『退屈をあげる』の現在のお取り扱い店と在庫はコチラをご覧ください。

めまぐるしかった(あくまで当社比)2015年を締めくくる嬉しい企画展に参加いたします。

随分前にお声をかけて頂いて、そのタイトルを聞いた時からずっと楽しみにしていました。
壮大で漠然としていて、おそらくそれはずっと捉えることはできないものだろうけれど、たぶん今後も私が対峙し続けるテーマとなるかもしれません。
て、またまた猫を描いた訳ですが、猫は私にとってそのまま「いきるもの」であり「いきること」であり、やはりどうにも捉えることのできない謎の存在ですから。

参加される作家の皆さま、憧れの方々ばかりで、緊張でポワーンと頬を赤らめておりますが、とてもとても楽しみです。
私は全て新作の額装版画6点(多くはないですが全てシート販売もあります)、新作猫はがき、紙ものグッズ、お久しぶりのりんごはがきや芝生5周年記念(?)ロール芝生はがきなど出展いたします。
それからカレンダー展に引き続き「2016年楳カレンダー」や過去作はがき、既に通販分は締め切られていますが「退屈をあげる」も少し並びますよ。(おかげさまで第二刷も既にお取り扱い頂いているお店に並んでいる分で完売となりますので、この機会にお求め頂けたら嬉しいです)。

師走の慌ただしい中とは思いますが、ご高覧頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!
(在廊予定などは改めてTwitterでおしらせします)
______________________________
c0138553_1050584.jpg

c0138553_10512669.jpg

冬の芝生展 いきるもの

2015.12.18fri. - 12.27sun.
13:00-19:00(展示最終日は18:00まで)
会期中休み:12/24thu.

東京/経堂 cafe+gallery芝生
156-0052 東京都世田谷区経堂2-31-20
tel 03-3428-5722

うえのけいこ
落合恵
坂本千明
ザ・キャビンカンパニー 

・・・・・
それぞれの形で生きるものへの想いを持ちながら制作活動を続ける4組の作家たちによる作品展です。
野を歩き、地に育ち、家族として、そして空想の中にいるいきものたち。
それぞれの生きている姿をご覧ください。

作品がのびのび生息する場所になれば、と続けてきた芝生5周年の今年を締めくくる記念展でもあります。


______________________________

[PR]
by sakamotochiaki | 2015-12-05 10:19 | ◎お知らせ・展示など | Comments(2)
Commented by hana at 2015-12-13 22:03 x
はじめまして。
「退屈をあげる」という素晴らしい本があることを知って検索して参りました。
東京は遠く、通販も締切のようで残念ですが、いつか本に巡り合えるといいなぁと思っています
Commented by sakamotochiaki at 2015-12-14 21:58
hanaさま
コメントありがとうございます。
『退屈をあげる』第2刷はお陰様で私の手元の在庫は全て巣立ちましたが、もし秋田の和装はきもの・小物 加藤さんに在庫がありましたら通販のご対応くださいます。また東京の寅印菓子屋さんではお菓子のご注文と共にという事になりますが、通販も出来ます。とても美味しいお菓子屋さんですので、もしご興味ありましたらぜひ。
それから第3刷も来年3月までには発行出来ればと思っております。何分私家本のため部数も少なく時間もかかりますが、ぜひ手にして頂けましたら幸いです。