8/26 今日もマウスで5分

c0138553_8311813.jpg

友人のブログ開設を手伝っていたら案外面白くて、
今更ながら私もやってみるかつー感じで、何となく初めてみようかと思う訳です。
絵日記と言うからには基本的にイラストは載せますが、
そう言いながら写真も載せる事もありましょう。
何事もゆるめに参ります。その証拠にいきなり数日前に書いたもののコピペで更新。
いいのか。まあいいか。


最近、佐藤B作を(或はあめくみちことセット)をよくテレビで見かける様なきがするのだけれど、需要の在処が全くわからない。別に話も面白くないし、横柄な昔ながらの舞台人そのものを見せつけられ(へりくだっている風で目がコワイ)、1ミリとて興味の無い夫婦喧嘩エピソードを聞かされ、さしてトークも面白い訳でなく、この人を出演させるために、いったい何者の力が働いているのか、誰が得をしているのか、と思ってしまう。
妻のあめくみちこと言えば、私が昔アルバイトをしていた吉祥寺の喫茶店にちょくちょく一人で来店していた。初めて見た時は

「あ!『ひょうきん』の薬師丸ひろ子!」

と心で叫んだものだったけれど、思いの外小柄で、やたらとキレイな人で驚いた。今は普通のオバちゃんになってしまっていそうだけれど。今思えば、あの時既にB作の愛人だったのかもしれないなあ、と思うと、今『ウチくる?!』出演中のB作が何割増しで忌々しく感じる。


まあ、そんな話はどうでも良いですか。
昨日は学生時代の友人K別邸@和光市で『かき氷大会』。買い出し隊員として一足早く和光市駅に降り立ったらすぐ「クレオパトラか?」なノンフライ麺より激しく細かいウェービーボブカット(量多し)のオバハンを見かけ、思わずフラフラと尾行しそうになってしまうところを堪え、待ち合わせ先のイトーヨーカドーに向かう道中、トップ部分だけにパンチパーマを当てたオバハンとすれ違う。襟足はヤンキーの子供みたいな肩までストレート。その不思議さにまた吸引されそうになったが振切って友人と合流。和光のオバハンのヘアスタイル、今後要チェック。

『かき氷大会』と言いながら、前日にKがせっせと仕込みをしてくれていたお陰で、恐ろしく豪華な食卓となった。シャンパン2本、K母提供の芋焼酎(一升瓶!)もチビチビやって、ホロ酔いで去年の残り物花火しつつ、ベリーダンスの先生をやっているというAちゃんに、基本動作をレクチャーしてもらっただけで降参し、梅酒やら宇治小豆やらゴディバリキュールやらで、大人なかき氷を食らって、宿泊組を残し帰宅。

0時頃に高円寺駅に着いたら、まだ沢山の人で活気に溢れていた。阿波踊り初日だった。
昼間、家から駅まで歩いていり時も、高架下の飲屋街が年1の稼ぎ時を逃すまいと、いつもより早い開店準備に追われていたりして、早くも浴衣の人なんかも居て、街全体がそわそわと興奮している雰囲気にこちらもウキウキした。
帰り道は店先に大量のゴミ袋が並び、パル商店街では両端に座り込み、普段は閑古鳥な屋台のラーメン屋が満席になっていたり、先ほどまでの熱気の様なものがまだ残っている様な感じがして、まさに「祭りのあと」な光景だったけれど、風俗の呼び込みのお兄ちゃんは何事も無かった様にいつもの場所で働いていたりもして、いつもの様に茶髪で黒尽くめで、何だか凄くいいなあと思った。
我が家の近くのエトワール商店街もまだまだ賑やかで、通りを歩く人はみんなもれなく酔っぱらっていて、ご機嫌で、マンション入り口のタイルの上で、太鼓腹丸出しで寝ている人も居たけれど、これが普段だったら「おいおい」と思うところかもしれないが、やはり凄くいいなあと思った。引っ越して良かったなあ。
今日はちょこっと阿波踊りを観に行くつもり。
スタート前のカウントダウンを見た方がいい、と昨日観に行った家人に言われたはいいけれど、さて観られるか?

話は前後しますが、昨日和光市に向かう道中、文庫化したという事で、今さらながら『クワイエットルームにようこそ』(著:松尾スズキ)を読み始めた。前日に松尾さん離婚のニュースに衝撃を受けたからって事もないのだけれど、映画の前売り券まで買っておいて、原作読んで無いってのもなあ、と思ったりもして。

本当にこの人は凄い。
「比類なき」「鬼才」「唯一無二」「R25世代の兄貴」もー何でもいい。
出だしから「あーもう、あーもう」と地団駄を踏んでしまいそうな、鳥肌が立って立ち過ぎて結局フラット、みたいな言葉のリズムの洪水にオブブブブと溺れる。
やはり天才なんだなあ。こんなリズムを目で見せる人、いないよなあ。
昔、お仕事の飲みの席でご一緒した際に、お互い結婚直後で子供の話になって、
「おれは、まあ、作品を作るって事で、」みたいな事を話されていたけれど、これだけの言葉を生み出せる人なんだもの。もー何でもいいよ。今、改めてそう思う。
男やもめなブログには心が痛むけれど、病み上がりだけれど、ホント頑張り過ぎずに頑張って欲しい。

さ、続き読もう。
[PR]
by sakamotochiaki | 2007-09-06 01:15 | ◎こんな日々 | Comments(0)