1週間と4ヶ月のストレス、その元凶

c0138553_9485291.jpg

朝霧から帰宅したら玄関のドアが壊れてた、という話は前に書いたが、即座に大家に修理をお願いしたにも関わらず既に一週間以上経ち、我が家のドアは本来4つで固定されるべき所を1つのネジで実に不穏な状態をキープしておりまして、逆に言えば企業の新商品耐久実験の様なしぶとさで、このままどこまで持ちこたえるのか、最後はやっぱりドアノブ引いたらドアも外れちゃいました、って面白い画が拝めたりするのか、今後何の参考にもならないが見届けたくもあった好奇心を、イライラの方が上回ったため(当たり前)、今朝再び大家に修理の催促を最速でプリーズと電話。そしたら前回修理依頼時に、即座に大家が発注してくれていた業者が単純に忘れていただけだったという事が判明。あんだとおおおう?
先日、不意打ち大家訪問で動揺してしまった私が、

「まあ、急を要する訳でもありませんので。」

とか調子の良い事を口走ってしまった手前、ゆっくりじっくりコトコト待ってしまった1週間を返してプリーズ。出来たらお金に換算して。「まあ、大家さん、お婆さんだしな」とか無駄な遠慮も泡と消えました。遠慮バブル崩壊ですわ。
で、30分後、申し訳無さそうに駆け付けた業者(大家と親しいらしき50代のオッサン)により10分で修理完了。正味40分で、この1週間のストレス(そっと開け、蝶番を手で補助しつつ、30cm程の隙間から出入りする)から開放。あああ。

業種違いとはわかりつつも、大家から「色々詳しい人だから聞いてみて」と言われていたので、待たされついでにテレビの映りが悪い事も相談してみたら、「見てみようか」と家宅侵入(使い方間違い)。
で、最近とんと見かけなくなった旧タイプ(なんか、アースみたいなやつ)のアンテナ差し込み口を見たオッサンに、

「あー、こりゃ古いなー。
 確かに映りがひどい。
 いっそ差し込み口を大家さんに交換してもらった方がいいよ。
 私からも言っておくから。」

と言われ、思わず心でガッツポーズを取った。
というのも入居時、差し込み口を新タイプに交換してくれるよう不動産屋経由で大家に打診しようとして無下に断わられ、仕方なく旧タイプの配線を購入していたのだった。そしたらどんなにテレビを離れて見る良い子のみんなだとて、体に悪影響を及ぼしかねない程の映りの悪さ。ゴーストやら雑音やら最悪の状態で、自他ともに認めるテレビッ子の私ですら、テレビ離れしそうになっていた。(それでも最近テレビがつまらないからまだ良かったのだけれど)
大家と親しいオッサンの口添えがあれば、いよいよこの最悪の状況から脱出出来る!テレビが私の生活に帰ってくる!と喜んだ。が、

「あれ?いや待てよ。はーはーなるほど。」

畳に這いつくばってオヤジが差し込み口をいじり出したかと思ったら、なんと画面(一番最悪だったNHK)が一瞬でクリアに。え!えええー!!

「ちょっと他の局、見てみて。」

ええええー!!(フジもクリアに)

「あ、キレイだね。」

えええええー!!(TBSもバリクリアに)

「うん、ちゃんと映ってるね。」

ええええええー!!(日テレなんか眩しいほどに)
それってそれってもしかして‥‥

「差し込むとこ、間違ってみたいね」

ぎゃああああああーーーーーーーー!!

「えーとテレビ、もう一箇所あるんだっけ?そっちも治す?」

い、いえ‥もう‥‥結構です。(自分の尻は自分で拭きます)

「じゃ、どーもー」

‥‥お、お手数おかけしました‥‥。(形勢逆転の90度お辞儀でお見送り)


オヤジが忘れて待たされた1週間、帳消し。
それどころか引っ越して4ヶ月以上、不快な思いをしながら見ていたテレビによるストレスも泡と消えました。しかし、その原因は己という「5t」と書かれた分銅の様な事実が新たに頭上に。

「この4ヶ月の間に録画を諦めた番組を返してよおおおーっ」

て、安っぽい2時間ドラマに出て来る愛する夫を殺された妻の様に、法廷で被告に向かって叫び出したい気分。でも振り返った被告人も自分でした。なんと恐ろしいドッペルゲンガー現象。いや、情けないが正解。そのストレスをお金に換算したら相当な金額だよ。損害賠償請求したい気分だよ。でも請求先、自分。あああ。

今まで色んな賃貸物件に住んできたつーのに、まだまだ知らない事はあるのだわね。

※昨夜のハナレグミのライブの事を書こうと思っていたけれど、あまりのショックに
 吹っ飛んでしまいました。
※あと山田美容室ブログ、番外編でちょろっと更新しました。
 →http://yamadabiyo.exblog.jp/
[PR]
by sakamotochiaki | 2007-10-18 09:52 | ◎こんな日々 | Comments(0)