こんな日は家に限ります

c0138553_14205819.jpg

横浜BLIZの岡村ちゃん、行かれた方々の感想を見る限りでは声も出ていて、踊れて、目つきもイッちゃっていたらしいので良かった。これで来月のZeppTokyo(念願の初生岡村ちゃん)が楽しみになった。
こんな風に「声が出ているか」「踊れているか」「楽しそうか」なんて心配をされ、その一挙手一投足が見守られて続けているのも彼と清志郎くらいなものかもしれないが、彼のここ数年を思えば無理も無い。

それにつけても「一人参戦」という人の多さよ。それぞれの横の繋がりって意外とないのかも。まあ、かく言う私も周囲に岡村ちゃん好きっていう人は山田美容室の山田さんくらいなものなのだけれど。
学生時代は「岡村ちゃんを聴く」と言えば、周囲からあまりよろしくない反応が返ってきたものだったし(全く腑に落ちませなんだが)、横の繋がりを持とうにも持てなかった。或は「うそ〜!私も靖幸好き〜!!」的な人には出会えるのだけれど、それは私の岡村ちゃん愛とは、微妙に15度くらいのズレがあったりして、そういう人は大抵「TMネットワークも好き!小室さんが好き!美里とか松坊(注:松岡英明)も聴くよ!」という確率も高かったりして、話をしていくうちに「ごめん、ごめんよ」と何故か心で詫び続けなければならなくなるため、やはり横の繋がりを持つ気にはなれなかった。結果、必然的に岡村ちゃんは一人でがぶり四つで聴くものとなった。

で、もちろん1人参戦。全盛期を観た事が無いという事が本当に悔やまれるけれど、このまま観られずに終わる(色んな意味で予想を裏切る人なので)のはもっと嫌。とにかくこの目で見届けたい。と、今から出そうな鼻血をグッと堪えている。


さて、雨です。台風です。
残念ながら本日出店予定していた友人陶芸家である工房くらげと絵かきのなよごん@代々木アースガーデンはお休み。明日は予定通り出店するそうです。
http://www.earth-garden.jp/en_event/2007/08/post_11.html
原宿のほうの入口からすぐ4番ブースだそうです。
あ、同じく友人アップリケTシャツブランド『NEW WAY,NEW LIFE』(http://nwnl.hp.infoseek.co.jp/)も出店してるそうです。皆様こぞって遊びに来て下さい。
今日みたいな日は私も大人しく仕事をして、明日は午前中から参上します。台風一過の晴れを期待しつつ。
で、夜は青山に流れて『月見ル君想フ』にてキセル、SOUR、GROUPのライブ。楽しみ。

そうそう、昨日は山田美容室で雑用バイト後、毎年阿佐ヶ谷で開催されている『阿佐ヶ谷ジャズストリート』なるイベントを観て来た。阿佐ヶ谷の町中を開放して様々な場所でジャズ演奏を聴く事が出来るもので、ジャズバーはもちろんのこと、区役所や、郵便局など、およそジャズとは無縁の場所もあり、なかなか面白い催し。ハニカミ学院なんてのもあり。阿佐ヶ谷到着が遅れたせいで、既に会場は限られていたけれど、ご近所友Hとともにジャズバー『KLAVIER』へ。金子晴美さん(http://homepage1.nifty.com/kfcnews/)という方のライブで、短い時間だったけれど楽しかった。(写真はHPから拝借。昨日のライブのものではありませんが)
c0138553_14201075.jpg

音楽に疎い(そして偏っている)私にとって、同人種が恐らくそうであるようにジャズは敷居が高い。聴き方がわからない。肩をすぼめて口尖らせて困り顔で聴かなきゃダメか?(これは私だけの偏った妄想だが)と思っていたが、そんなこた無かった。イベントって事で気軽な雰囲気にしてくれている部分もあろうが、敷居も低く、間口も広いものだった。また普通に観に行きたいと思えた。
こういうイベントで町興しっていうのは良い事だし、阿佐ヶ谷という場所にも実に合っていて的を射ている。引っ越し以降、「なんだかんだ言っても高円寺でしょ」と思っていた私の阿佐ヶ谷株は上昇するばかりだな。
しかしこの天気じゃ、今日(最終日)の屋外ライブは悉く玉砕か。勿体ない。

※イラストは『家庭教師』ツアー時の岡村ちゃん。時代を物語りすぎ。
[PR]
by sakamotochiaki | 2007-10-27 14:22 | ◎こんな日々 | Comments(0)