しみじみしじみ

c0138553_18323477.jpg

先日、仕事で描いたラフスケッチが描き直しになった。
いや、ラフ段階の描き直しなんてのはよーくある事なので(そのためのラフスケッチですからね)、普段ならば全く気にしないのだけれど、まあ今回もそんなに気にしている訳では無いのだけれど、どちらかというと「ほええ」と妙に感心したというか、笑えたというか、ちょっとだけ引いたというか。

色々伏せて描くのが難しい(だいたい察しは付くでしょうが)けれど頑張ってみる。
大まかに書くと「二日酔いの朝には『しじみ』のおみそ汁がイイ」という様なテキストに沿ったイラストを、というもので、二日酔いの旦那のリクエストで、奥さんが「はいはい」とみそ汁を作る(しかもこの事態を予想して、前夜に砂抜きも済ませていたという素晴らしい奥さん)様子を描いた訳です。
で、この何て事の無いカットに描き直し指令が下ったその理由とは、

 クライアントである食品会社はクレーム対象として非常に狙われやすく、
 ここ最近では広告表現において、
 「女性が食事の支度をするのが当たり前という風に見える」
 という事でクレームが入っており、
 今回のイラストでも同じ様なリスクがある。

というものだった。
ナヌーーーーーー?馬鹿言ってんじゃないよこの。そんな入るかわからんうちからクレームにビクビクするなんざナーンセーンス!!表現の自由はどうなるのじゃ!!クリエイターとして恥を知れ!!
‥‥なんて事は全くちっともさっぱり思わねども、むしろクライアント及び代理店の方々ご苦労様、大変ですね、と思い、仕事に関しては良くも悪くもこだわりレスな私は「あー、さいですか」て言って、即刻描き直して、要望通り「夫婦二人でしじみ汁をすすり、二日酔いから復活!」というカットを仕上げた。
ただ、なんつーか、一番「すげいなー」と思ったのはクレーマーですよ。田島陽子かと。いや、田島陽子級の輩が巷のそういう「女、使われる身」的なモノや事柄にいちいち目を光らせて、キイキイ言って、それこそ松居棒でも使って便器の見えない裏側部分まで、きっちり拭き切ろうとしているという馬鹿馬鹿しさに笑けてきた。暇だよね。暇なくせに心の余裕無し。心も視野も狭小。
(これ、行き過ぎた動物愛護、行き過ぎたエコな人にも言えるけど)

いーじゃん、女が食事の支度して、何が悪いんだよ。食事を作るっていう素晴らしい行為をナメちゃいかんよ。主婦ナメんなよ。あまりに単細胞。この似非フェミニストめ。
まあ、お金目当ての「何でもクレーマー」ってのも存在するので一概には言えないけれど。そういう理由で描き直しってのは、雑誌などではそうそう無い事なので、広告やインターネットの不自由さというものが、新鮮と言えば新鮮で、笑えもしたけれど、でもやはり、ちょっと引いたというのが正しい。


して何故、私的にはとっくに旬を通り越したこの話を書いているかと言うと、昨日飲み過ぎて、今朝無性に「しじみのみそ汁」が飲みたかったからなのだけれど。でもそんな時ちょうど良く「しじみ」が家にあったりはしないので、エリンギと里芋のみそ汁を飲んだ。しかも、私が仕事している間に家人により作られたみそ汁。(どーだ。似非フェミニストよ。羨ましいか。)

昨日は家人と友人Yちゃんと3人で、高円寺のジョンの店こと『ラス・メニーナス』で飲み。3人で赤ワイン2本空けて「うーん、程良い感じ酔っぱらった」と思いつつ帰宅したら、バタンキューで爆睡だった。

しかも店を出ようとしたら、友人Aさんが飲んでいた(笑)
薄暗いとはいえ、あの狭い店でそれまで気が付かなかった事がかなり凄い。思いがけなすぎる遭遇(私が男だったら、確実に運命の人認定)と、双方酔いが回っていたせいで、何だかデヘデヘと話して、ヘラヘラしたままお別れ。
いやー、ああいう偶然はホント面白いですね。後々まで笑える。

今回もジョンさんの美味しい料理とワインを堪能。ハモンセラーノはやはり旨し。(私が赤ん坊だったら、おしゃぶりの代わりにハモンセラーノを与えておけば一日中クチャクチャしてご機嫌だと思う。)
スペイン風オムレツもアツアツで旨し。自家製のオリーブのマリネも、鶏とマッシュルームのパテも、野菜たっぷりの骨付きチキンも、みーんな旨し。お金さえ許せば毎週行きたい。そんなイイ店です。

酔い覚まし(覚めなかったが)に『百音』にも行って、ケーキを食べてお開き。ここもいつも飲んだ後にばかり行く事が多いので、今度はちゃんとご飯を食べに行かねば、と思う。ここもほんとイイ店です。



で、ワインを飲み過ぎたせいか、寝ている間中口の中がカラッカラで、いよいよそのカラッカラ度合いが尋常でなくなり、睡魔に勝利した時点で起床@10時。

仕事しつつ、カレンダー着色作業を超速で進行。気付いたらもう夕方。
さっき3時のおやつを食べながら、テレ朝で『家政婦は見た』シリーズの初期のものが再放送されていて、うわうわ言いながら見た。昔の『土ワイ』(略すな)はいい。フィルムな風合いがホントいい。淫美な雰囲気もたまらない。今日見たやつなんて、ネグリジェ着た吉行和子が夫役の柳生博にせがんで、断わられてた。すでに8:2分け目なのに柳生博。中尾彬なんて、私の中ではいまだに土ワイのエロい金持ちオヤジ(ガウンが似合う)のイメージしかない。あの「これ、子供が見ていいの?」って感じが、小学生の頃とか、凄く惹かれたものだった。しみじみ。

て、おやつポリポリ食べながら、ドラマ見てるって、完全に主婦だわなあ。しかも「サザエさん」かなんかに出てくるレベルの。「待ってーおいもやさーん!」レベルの。

まいーや。祝日もガッツリ働くから。で、明後日ペペ・カリフォルニア@青山cay!楽しみ!


※タイトルは、以前、お友達が池袋リブロなどに置いていたフリーペーパー「しじみあし」のキャッチコピー。最近彼女に会いたいなあ、と思い、ネットなどで探してるんだけど、なかなか見つからない。
[PR]
by sakamotochiaki | 2007-11-22 18:33 | ◎こんな日々 | Comments(2)
Commented at 2009-07-17 16:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakamotochiaki at 2009-07-17 18:25
みつづかみかさん
はじめまして。
しじみちゃんは随分前のバイト先でお友達だったのです。
そうですか、地元宮城にも置かれていたんですねえ「しじみあし」。
私も当時(15年前くらい?)のもの数冊持ってます。

が、残念ながら彼女とはもう何年も会っていないのです。
以前の住所も変わられている様で、
私もネットで検索してみたりしたんですが、所在がわからず。
いまだに執筆活動をされているのかもわかりません。
たまに思い出しては会いたいなあ、元気かなあと思っています。
思っていると会えたりするから、そのうちバッタリという事があるかもしれない期待してます。