とりあえず只今

c0138553_23591032.jpg

帰省したのに体重がほぼ変わらなかった。
これを奇跡と呼ばずして何と呼ぶ。
4日ぶりに、帰省後いつもそうする様に恐る恐る体重計に乗って驚き。そしてガッツポーズ。初めて「帰省」という魔物に勝利した気がしたな。ウィーンッ!!

それもこれも義父母の自家菜園で採れた無農薬野菜と地魚中心の食事のお陰か。魚がもー旨くて旨くて、当分白身のお刺身は食べずに暮らせるという位、3日間腹一杯食べ続けたのに。
はたまた甥っ子のお相手に励み、背中とスネに数箇所青アザをこしらえた(主に5歳児によるマジ蹴りで出来たもの)事へのご褒美か。
或はその甥っ子のためにと買われたWiiスポーツのボクシングを試しにやったりして、しかも本編ではなくトレーニングメニュー(サンドバックを打つだけのやつ)であったのに、2セットやっただけで翌日全身筋肉痛になる程の脂肪燃焼率の高さだったという事か(それはない)。
とにかく本当に良かった。この勝利を誰に伝えよう。とりあえず田舎の両親に。

そう、田舎の夜は早くてねえ、暇で暇で、暇に任せてWiiで色んな人の似顔絵作って遊んだ(図参照)。我ながら似ている。
c0138553_002643.jpg

「ウキャキャキャ!変なかお〜〜〜〜〜!」と甥っ子にもウケが取れた(甥っ子の家系には私の様な線のみで構成可能な公家顔が一人も居ない)し満足。満足過ぎてWiiが欲しくなった。正しい遊び方では無い気がするが。

明日はO-EASTでのbonobosやスペアザのイベントに1人参戦し、翌日のお料理教室が終わったら、しばしスローライフとオサラバし目まぐるしい日々をしのがねばならなそうである。普段あまりその役目を果たしていない私のスケジュール帳が珍しくプレッシャーをかけてくる。いや、相変わらずページは白いのだが、炙り出すと見えない字面がうじゃーっと見えそう。コワイ。ああ、流行にはとんと疎いが緊張だけは誰よりも先取りしてしまう体質が恨めしい。早くも胃炎になりそう。


※イラストは甥っ子のWii中に笑い屋のオバハン状態で場を盛り上げる伯母。
 たまに刀(新聞紙)で切られたりもする。「そこになおれ」とも言われる。
 そして冬の帰省時には専用の「はんてん」を着るのが通例となっている。
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-01-29 00:01 | ◎こんな日々 | Comments(0)