朝からグワシ

c0138553_9482555.jpg

昨日、友人ブログで『漂流教室』のネームの一節を見かけたら、猛烈に読み返したくなってしまった。
でも私、今は『THE WORLD IS MINE』を読み返し中の身。寝る前に少しずつ読んじゃあ戻り、読んじゃあ泣きを繰り返しているので時間がかかり過ぎ。待ってて下さい楳図先生!もう少ししたら、我が家の楳図棚に進出しますから!
と言っておきながら、昔から大の楳図ファンだったのは家人で、私はその影響で虜になったクチである。小学生時代に友人宅にあった『まことちゃん』と、とても恐ろしくて手に取る事が出来なかった恐怖漫画のイメージしかなかったので、どちらかというと苦手印象だったのだが、『漂流教室』との出会いで一気に楳図教入信(在家)。
最初に印象の悪いものほど、好きになると一転、どんどん深く強く長くハマり込むもので、そこから我が家の楳図棚の殆どは私出資。でも最近ユニクロとのコラボで発売されたグワシTシャツは、何処に着て行けば良いのかわからず見送り。ムラのある信者だけれど。

あ、一個自慢して良いですか? ↓
c0138553_951264.jpg

デッヘッヘ。名前入りデッヘッヘ。しかも『洗礼』のさくらちゃん(勝手にそう思っている)の横顔入り!!!以前、家人が仕事の取材(完全に公私混同)でお会いした際にお願いして頂いたものです。これを手にした時は震えました。家宝です。

こんな写真まで↓
c0138553_9513724.jpg

あーーーーー羨ましい!!!!!!

しかし、実は私も先生にお会いした事がある。10年以上前、吉祥寺の今は無くなってしまったカフェでバイトをしていた頃、何度かお客でいらっしゃったのだ。ウエイトレスとお客としての短い会話もしている。なのになのに、何たることか、当時まだ私は『漂流教室』未読者だった。まあ、もし読んでいたら、とても普通に接客なんて出来なかっただろうから、実は良かったかもしれない、とも思うのだけれど。しかし、貴重な経験をドブに捨てた感はずっとぬぐい去れず、ファンになって以降は、吉祥寺に行く度、いつ何時先生に遭遇しても良い様に、鞄に『漂流教室』最終巻とペンを潜ませていたものだった。←バカ
しかし、吉祥寺遭遇率は相当高い、しかも見つけやすい(赤白のボーダーT)はずの先生なのに、全く会えずじまい。会いたい時にあなたは居ない、のだった。

いかん。また朝っぱらから漫画ネタで語り倒しそうになっている。熱く(暑苦しく)長くなってしまうので、この辺で。

昨日は寝不足のせいで、一切使い物にならなかった私。中野のShimachuにも行かれず。高円寺に一瞬買い物に出たら、『百音』http://www.cafemone.com/index.htmlの店主Aさんに遭遇。

「O君(友人のwebデザイナー)が百音に来て飲んでますよ〜」

と聞き、2人展のDM持って宣伝がてら『百音』へ。何故かその後、Macのイラレ講習にソフト(mac)とハード(私の部屋)を提供するという展開に。昨日はPCで仕事作業は一切しないと決めていたのでちょうど良かった上に、『百音』の美味しいケーキも沢山頂いてしまった。棚ボタ棚ボタ。
背後で主婦業と版画作品のファイリング作業をしつつ、専門学校で先生もされているO君の、実にソフトな教えっぷりを見て感心。教わる側に妙なプレッシャーを与えない所が、凄く上手い。こんな先生最高じゃーん。
しかし話を聞けば、専門学校で若者に教えるというのも大変そうで、生徒のモチベーションをあげる、って所からやらないとならんらしい。何しにわざわざ学校に来てるの?ってな生徒も多そうだし。二十歳そこそこな年代大勢と接するなんて機会も滅多にあるものではないだろうから、勉強にはなりそうだけれど、しかし相当に疲れそうだ。頑張れO2君。そして、今度はこの生粋アナロガーの私にも、イラレ教室開催して下さい。
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-04-07 09:59 | ◎こんな日々 | Comments(0)