春の味覚まつり

c0138553_1172262.jpg

昨日昼間、2人展のDMを置いてもらうお店巡りの旅に出て、一軒目に行ったご近所のカフェ『百音』(http://www.cafemone.com/)で、いきなりひと休み。こういう時、近所は最後に回るべきなのだった。美味しい「りんご番茶」を頂く。さらに立派な採れたて筍を頂いてしまった。DM20枚が筍にすり替わるという、完全な「わらしべ長者」ぶりに気を良くして、その後に向かった高円寺書林(http://www.geocities.jp/fuzainoisu/shorin.top.html)ではDM20枚が『こやたちのひとりごと』( 谷川俊太郎/文、中里和人/写真)という本にすり替わった↓
c0138553_1173539.jpg

って、衝動買いしただけなのだが、散財の罪悪感を、そう思う事で誤摩化してみた。DMを置いてもらう代わりに絵はがきでも買おうかと思っていたら、偶然見つけてしまった写真集。色んな場所にポツネンと佇む寂れきった「小屋」ばかりを撮ったもの。ボロ小屋好きとしては捨て置けず。無造作で無作為な造形、トタンのコラージュ、はげ落ちた塗料、錆、すごーく良い。中里さん(http://www.nakazato.info/)は初めて知ったのだけれど、後でネットで調べてみたら他の写真集もそそられるものばかりで、色々迷った挙げ句、『4つの町』というのを私が、『キリコの街』というのを家人(「これ誰か住んでんの?」レベルのボロ家好き)がそれぞれネット買い。思わぬ連鎖散財だが、まあいいや。届くの楽しみ。
あと吉野純粋蜂蜜店(http://www007.upp.so-net.ne.jp/disco/junsui.html)という一階は蜂蜜店、2階から上は貸ギャラリーという変わったお店にも置いて頂いた。あとは発送分の準備に取りかかるのみ。


夕飯は筍まつりだ!いや、いっそ春の味覚まつりだ!と山崎製パン気分で、ちょうど買っておいたふきのとうを天ぷらに、グリーンピースを豆ご飯に、頂いた筍を茹でて半分を煮物にした。作りおきしていた「ふき味噌」もチビチビやって、春の味覚を満喫し、身も心も大変満足で「これにてまつり終了!」という段になって、ジワジワと不穏な気配が上顎に。
上顎が、か、痒い!と思ったら、間もなく耳の奥が、首筋が、腕が、背中が、太ももが、全身痒いいいいい!!と身もだえる。
久々の全身蕁麻疹。ふき味噌を作った時も、花をみじん切りする行程で、軽く花粉症の様な症状が出たので「ひょっとしたら私、ふきのとうと相性が悪いのかもなあ」とは思ったけれど、それにしても蕁麻疹とは意外性がありすぎ。
お友達の料理家Yちゃんによると「春野菜はアクが強いので食べ過ぎは厳禁ですよ」との事。確かに山盛り食べました。何せ年に一度の「まつり」だったので、危険など省みず。ああ、岸和田だんじり祭りに命をかける男の気分てこんなかな。全然違うよ。怒られるよ。

で、幸い今朝起きたら蕁麻疹もほぼ収まり、病院や薬のお世話にならずに済んだ。もしもアレルギーだったら悲し過ぎたので良かった。次回からは量を加減して食べる。食べないという選択肢は、無い。
やっぱりこの時期にしか食べられないものは、ついつい食べてしまうもの。この時期だけは水煮筍も断じて買えないもの。あの歯ごたえを知ってしまったら。

そんな訳で、今日はほぼ一日外出せずデスクワーク。
ようやくDVDで『めがね』も観た。『かもめ食堂』より、あれですね、さらにスタイリッシュ。『かもめ〜』の時も、何もそこまでーな感じで、終いには小洒落た布巾なんかに「なんだとおおお?」って八つ当たりに近い感情を持ってしまったのだけれど、それ以上。あれですかね、オリーブシニア(という言葉を最近mixi内『arne』コミュのカキコミで見かけて、しかもカキコミされた人が自分の事をそう称していて、ちょっと驚いたんだけれど。これって普通に使われている言葉なのだろうか。あれこれ検索してもヒットしないのだけれど。街によくいるオリーブオバハン(私はそう呼ぶ)の事だろうと思うのだが。オリーブを愛読していた少女がそんままオバハンになった様な人、たまに居ますね。しかし、だとしたら、呼ばれて嬉しいだろうか、という謎ばかり。)はグッとくるんでしょうか。あ、薬師丸ひろ子が一瞬だけれど出てくる場面、あの揶揄ぶりは最高だった。しかし『かもめ食堂』同様にひたすらに、ただひたすらに腹の減る作品である事は間違いない。フードスタイリストの飯島奈美さんの凄さでしょう。

何だか食い意地のはった日記になってしまった。

あ、17日のO-nestでのSOUR(http://sour-web.com/)のレコ発ライブ、結局予約してしまった。息抜きの予定を先に入れてしまう私なのだった。
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-04-14 01:21 | ◎こんな日々 | Comments(0)