休日ダイヤ

c0138553_18391939.jpg

でっへっへー。
この異様な湿気を吹き飛ばすべく、先ほど十条はリトルコにお邪魔して、久しぶりにオーナーひらまさんの愛のムチの様な、辛くて美味しいカレーを頂いてきました。ああ、辛かった汗かいた。リトルコのカレーは、殆ど私の「東京のおふくろの味」と化している気がするな、しかし。

しかも大変ラッキーな事に、本日はひらまさん特製のニンニクの効いたズッキーニのスープと、バリッと新鮮で、色も形も美しい人参と人参の葉っぱのサラダまで御馳走になる。思いがけず完璧なフルコースで、「母ちゃん、腹ペコー!昨日のカレーまだあるー?」な泥んこ小学生男子気分だった私の胃袋は、勿体ない程に存分に満たされ、またしてもダラダラと長居。
ニゴジュウ展中にお知り合いになったU尾さんも偶然やって来た(たぶん、彼も「母ちゃん、腹減ったー」族の人)ので、カウンターのそっちとこっちとで、不思議な三角関係を築きつつ、酸欠症状が出るまでしゃべくり倒してしまった。うーん、なんで私いつもこんなかな。そぼ降る雨の音を静かに聴けんかな。ホント、うるさくてスイマセンでした、お二人とも。

さらに帰りには、ズッキーニと赤玉ねぎ(fromひらまさんのご実家の農場)というお土産付き。何と素晴らしいレイニーデイ。
今日は初めて十条まで、往復バスに乗ってみたのだけれど、雨の車窓の景色と、ゆったり感がとても良かった。しかも料金一律乗り換え無し!帰りは満腹だったのもあり、まんまと爆睡して、起きたら終点の高円寺で、ボヤヤーッと家に辿り着き、あれ、私ちゃんと「頂きます」って言ったっけ?ひらまさんに「召し上がれー」って言われたっけ?と思ったりする。でも何だか久々に「休日」という感じがした。
有り難う、ひらまさん。御馳走様でした。


で、現在開催中の展覧会『きたく』(陶芸の石原稔久さん 、縫い物のいぶきみのりさんの二人展)にて、またまたついついフリーカップ購入。(このところ手のひらサイズ器の衝動買いが止まらなーい)
c0138553_18451158.jpg

可愛いけれど、甘過ぎず、凛とした雰囲気がリトルコに似ていて、何より手に持った感じが良くて。こちらの展示は24日(火)まで。

でもって、間髪入れずに6/27(金)〜7/1(火)で福田紀子 さんの個展「goronote」が開催されますが、その期間中の28(土)と29(日)はindoor picnic『リトルこいち』も同時開催ですと!天然酵母パンや焼き菓子に、平間農場のお野菜も販売、新米の予約受付もされるという、これまた実に楽しみなイベントがあります。カレーもなんと2種類登場するとか。ひょー。こいつは手ぬぐいも2枚必須(何で)。
鬱陶しい天気も、気分も、カレーで毛穴から汗で発散して、絵を愛でつつ、お菓子食べつつ、おいしい野菜を買って、家でゆっくり丁寧に葉っぱから根っこまで調理して頂くべし↓
c0138553_1846649.jpg



さて話は変わって、昨日は久しぶりに我が家で飲み会だった。
「ききチーズ会」及び、「6月生まれの友人2人を祝う会」。そして実はその水面下で、学生時代からの長い長い付き合いであり、今は近い近い距離にいる友人の結婚報告会の計画を進めていたのだった。
なんせ、私が彼女から聞かされたのもつい一週間前。「彼氏が出来た」でも「結婚する」でも無く、突然の「入籍した」であったので、さらにお相手の転勤で、「8月には大阪に引っ越す」、「新居ももう決めてきた」、「式も9月に大阪で」というジェットコースタームービーさながらの、息もつかせぬ見事なたたみかけぶりで、いくら何かと省略するのが好きな日本人だからってアンタ、そりゃ省略しすぎだろ!という感じで、しかもそれが、2人で青梅街道の交差点で信号待ちしている時だったりして、私は当然何の心構えもしているはずも無く、「ふ、不意打ちとは卑怯なり〜!」と闇討ちに会った素浪人の様な状態で、全く事態が飲み込めなかった。(はい、ここで息継ぎ)飲み込めなさ過ぎて、最初は驚けなかった。一拍遅れて驚きの波が来て、わーっとなって、喜んで、何だよう〜とぶーたれて、淋しくなって、でも、やはり本当に嬉しかった。友人の吉報がこんなに嬉しいものだろうかと、猛烈にテンションが上がって、何かよくわからない感情で道ばたで泣いた。何でだよ、と思うけれど。今こうして書いていても、喜びがこんこんと湧き出て溢れてくる。いやー、おめでとう。本当に良かったね。

そのまま某ギャラリーの展示を2人で観たのだけれど、素晴らしい展示だったと思うのだが、作家さんには大変申し訳ない事に、思考が固まってしまい、何も目にも頭にも入らなかった。
「重大発表していいですか?」という前振りに偽り無しの、私の中で今年暫定一位の「重大発表」であった事は間違い無い。

にしても、本当に水くさいとはこの事だ。
まあしかし、彼女の気持ちもわかるのだ。彼女自身もあまりに急展開で、怒濤の日々で、言いそびれていたらしい。私にも何度となく伝えようとしたらしいのだけれど、その度にタイミングを逃していたとの事。どうりでここ最近、やたらと私を食事に誘っていた訳なー。その時の彼女の心境を思うと、悪いけどちょっと面白い。何とも彼女らしい。
人にはそれぞれの考えや、好みや、性格や、物差しや、ペースというものがあって、それは年齢を重ねるにつけ、余計に強くなるものだろうし、まあ、もう何でも良いのだ。彼女がこの先、幸せでいてくれればそれで言う事はない。
互いの距離は遠くなるのは淋しい限りだけれど、これまで未踏の地であった大阪に訪れる強力な理由が出来たのも、何だか嬉しいではないか。


して、誕生日を祝った後、頃合いを見計らって、ズバーンと発表。結婚会見よろしく結婚指輪をキラリーンとね。
皆ひとしきり驚き後は、祝福と質問攻め。お相手の写真回覧。当然の報い(?)である。
驚きつつも、同席していた工房くらげのシミズナオコ(6月生まれその1)から
「でも、私、何故か最近、○○には彼氏がいるって思ってた!」
と、この驚きを予知していた発言。
不思議なもので、実は私も、彼女から聞かされる少し前に、彼女が子供を持ち、母になっている映像が見えた事があった。それが妄想だったのか、夢だったのかは覚えていないのだけれど、「うん、アリだな」と思った記憶がある。そういうのって、何かしら飛んだ念をキャッチしたのかもしれんですね。

それにしても昨日は、何だか仕込み中から私が異様に緊張してしまい(まるで大手芸能事務所のお抱えタレントの電撃入籍会見の様に。というか、シークレット企画って性に合わないんだよね、たぶん)、上手く段取りも出来ず、いつも以上に妙な汗をかきまくったけれど、無事に済んで、本当に何よりだった。
普段、単独ではなかなか買えない色んな種類のチーズも食べられて良かった↓
c0138553_18503353.jpg

ききチーズ、なかなか良いです。定期的にやりたいもんです。
チーズ以外のメニューは 、
・レンズ豆と打ち豆、エビのサラダ
・花キュウリとトマトのサラダ
・阿佐ヶ谷吉澤精肉店のレバーペースト
・パリットフワットのクレヨン
・シミズナオコ(主賓なのに)作手打ちパスタによるジェノベーゼ
・晴れて(?)新妻な彼女のリクエストにより
 空豆と鶏肉の春巻きwith自家製スイートチリソース
(いつもより精魂込めて春を巻かせて頂いた)
・N美さんが寝ずに焼いてきてくれたバースデーケーキ
(ちゃんとチーズ使用。激ウマ!)↓
c0138553_18533999.jpg


昨日同席した人、みんなひっくるめて、幸せである様に。つくづくそう思った夜だった。

↓幸せついでによろしくどうぞ。
人気ブログランキングへ
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-06-22 18:56 | ◎こんな日々 | Comments(0)