軽量化

c0138553_11502776.jpg

昨日、山田美容室にて髪を切った。あーもーほんっとにスッキリした!頭が軽い!首が伸びた(様に見える)!涼しい!お手入れ楽! うれじい!

一昨日行ったリトルコのオーナーひらまさんが、やけにスッキリさっぱりした髪型になっているのを見て、「ずるーい!抜ーけーがーけー!」な、実にイヤラシイ女子的ジェラシーにとらわれ、矢も楯もたまらず山田さんに予約メール。
で、昨日1時半からカットとカラーをやってもらったのだけれど、そのまま暇に任せて、山田さんの仕事終わり(8時)を待ち、結局夜は旗の台で飲んで帰った。どんだけ旗の台に居たんだか。帰ったら、なんか懐かしく感じたよ、家が。しかも散々食べたのに、体重計ったら減ってたよ。髪の毛の分か?

「もう、今日は7時で店閉めちゃおっかな〜」という問題発言を繰り出す山田さんを「まあまあ」となだめていたら、夕方滑り込みで予約が入ったので、しばし一人、外で時間を潰す。
今どき珍しい喫煙全面OK故か、客の9割が喫煙者という駅前のサ店(というイメージ)で、1割の私は煙に巻かれつつ、読みかけの本を読みつつ、窓の外で瞬間どしゃぶりに戸惑う会社帰りの人々を安全地帯から眺めつつ、隣の席の「明らかに同伴出勤」の不似合いなカップルの、重さにして10g程度の会話を盗み聞きしつつ、旨くも不味くもない、の割にはやや高いケーキセットを食べながら、「ま〜だかな〜」とかやっていると、殆ど疑似恋愛。彼氏の仕事終わりを待つ彼女。用もないのに、改札口から流れ出てくる群れを「はっ」とか見てみたりして(アホ)。
今後、あの店は疑似恋愛サ店と呼ぼう。

読みかけの本とは「造音作家」である山本精一さんの『ゆん』。
いやー面白かった!午前中、いつもの病院の待ち時間で読み始めて、山田待ち時間で読み終えてしまった。つくづく変な人。の周りに集まる変な人エピソード。変な(褒め言葉です)文章。でもこういう人の文章には全く叶わない。要所要所に「うんうんうんうん」と納得して、思わずお礼を言いたくなるほどに、自分の中で整理のついていなかった物事に、ポンと答えをくれる。
宮島に訪れたという山本さんが、その自然に感動し、海にジャボジャボ入っては水面に浮かぶホンダワラをすくってみたり、水没していた大きな木を引き上げて、わざと担いであがってきて海人をきどってみたり、見つけたカニを指でつっついたらサッとハサミで威嚇され、そんな姿に涙を流したりしているのだが、それだけで、相当に絵的に可笑しいのだが、それはどうしてか?要するに自然に飢えているのか?と思いつつ、同時に一方では「『おじゃる丸』を録画予約してきている」という自らの矛盾を思う。
「一方ではカニや砂に涙しつつ、もう一方ではちゃんと都市との"いのち綱"を握りしめている。結局、いくらオーガニックだのエコだのサスカッチだのと言ってみたところで、巧妙な逃げ場を確保しつつの、あやしげなセンチメントにすぎないのではなかろうか。」
この部分に深く同意。『おじゃる丸』と『サスカッチ』はよくわからんけれど(笑)小西克哉も「エコエコって、みんな『エゴ』に聞こえる」と言っていたけれど、あれに膝を打ったのと同じ感覚。この感覚って、決して反エコではないという所がミソ。山本さんは変な人だけれど、私は勝手に信用する。

昨日はipod内の小人DJが実にいい仕事をしてくれて、午前中、梅雨空の下、30分かけて中野の病院に歩いて向かう道中(なーんもない道)がとても楽しかった。久しぶりに聴いたキリンジの『雨を見くびるな』に妙に感動してしまい鳥肌。今まで何度聴いているんだよ、て話なのに。

 もう、憂鬱はいつものように 優しく包んでくれやしない
 低い温度でゆっくりと 僕らは火傷をしたんだ
 街の灯が水に滲んでゆく
 「夜中には止む。」この雨を見くびるな
 みぞおちを蝕んでゆくだろう 深く深く

凄い、堀込兄。そんな事知っちゃあいたけれども。ちょっと凄すぎて怖い。
最近のキリンジは正直ちゃんと聴いていないのだけれど、最新アルバム聴くべきか。どうなのか。誰か聴いている人いたら、おせーて。私に強力に勧めてみて。

さて、今、まとめて聴いている『コラムの花道』の吉田豪さんの回、出川哲朗、面白い!hon-nin買わなくちゃ。あと、なんと私の出身大にて、豪さんの講演会があったそうで、あんな小田急のはずれの、湘南とは名ばかりの山の上のキャンパスに行かれたのか…と心苦しいやら、数週にわたりネタにしてもらうほど、てんぱり後輩らのご無礼に申し訳ないやら、切ないやら。 本当にお疲れさまでした!!!

それと、どうでもいいけれど、私の担当であるS気質のS女医の右手首の総合格闘技用のグローブ(正:腱鞘炎用サポーター)は夏仕様(メッシュ)になっていた。左手首に数珠二つ付けているのも、なーんか、気になるんだ。

久々に版画。今日は晴れているけれど、「雨を見くびるな」にちなんで。
タイトル『雨の温度』
c0138553_1151294.jpg


↓梅雨の晴れ間にひとつよろしくどうぞ。
人気ブログランキング
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-06-24 11:51 | ◎こんな日々 | Comments(0)