星とテントウ虫

c0138553_0591897.jpg

最近目覚めがヒジョーに良い。
ちょうど仕事の谷間だからか、朝食をバナナ1本と水にした(早一ヶ月程継続)からか、夕飯を食べ過ぎていないからか、バッタもんの低反発枕をやめたからか(それだ)。
何にしても快腸なのが小確幸。

昼は久しぶりに荻窪にて、学生時代の友人ほっぴーとランチ。
毎朝荻窪のヨガスタジオに通っているほっぴーと11時半に合流後、結局夕方まで。ほっぴーは、最近某プラネタリウムの解説員の職に就いたばかり。夏休みのかきいれ時を前に、もうすぐ本番デビューするとの事で、目下その予習で大変らしい。マイクで生解説に始まり、音響、照明などの機械操作も全て一人で行うという、まさにデビューワンマンライブである。 こりゃまた外野としては、うっひょーと盛り上がる。
「ほっぴー」とは、もちろん学生時代からのあだ名で、本名は星さんという。
星さんがプラネタリウムで働くなんて、児童書か何かの物語の様で、最初に聞いた時は「そんな上手い話があるのか!」と大いにウケた。星の解説をする星さん。面白すぎるのである。学校行事で見学に来た小学生が、彼女のネームプレートと顔を交互に、不思議そうに、まじまじと見るという気持ちもよーくわかる。そりゃ見るよな。見ないでか。
もしも私がその施設で、何か権限のある立場だったなら、こっそり星さんのネームプレートだけ文字の級数を大きくするだろう。或は他の従業員の名前表記が明朝体に対し、星さんだけ太ゴシック。それどころかいきなり昇給。星手当て。
しかしビックリしたのは、星さんが勤め始める前から、同じ職場に既にもう一人の星さんが働いていたという事実。これには星さんも驚いたそうだ。星さんという名前の人は、星好きなのか。それとも面接官の粋な(?)はからいなのか。

ようし、こうなったら星さんの星の解説デビューを観に行ってやろうと思ったけれど、「お願いだから、夏休みに場数を踏んで慣れた頃に来て。応援は心でよろしく。」と言われたので、冷やかし隊長、素直にあきらめる。ちぇ〜。

ランチは『ル・クール・ピュー』というお店で、星さんおすすめの「そば粉のクレープ」を食べた。真ん中に卵が落とされていて、チーズやひき肉や、ズッキーニなんかが入っていて、むぬすっごく美味しかった。昔、旅行中、パリで食べたジャンク味な「ご飯クレープ」の何倍も美味しかった。
で、食べている最中、何やら首がムゾムゾすると思ったら、「あ、テントウ虫」と星さん。どこからついてきたのか、黒い小さいテントウ虫が、私のTシャツの首周りを這っていて、星さんに指で「ピッ」とはじきとばしてもらう。で、またしばらくすると同じ場所がムゾムゾ。はじいたはずのテントウ虫が私をよじ上っていた。しつこいやつめ、と再び「ピッ」。

夕方帰宅して、洗濯物を取り込んだら、居間のちゃぶ台の上に、また黒いテントウ虫。げ。さっきのと同じかどうかはわからないが、もしも同じだったら、このつきまとわれぶり、私と何かの縁(えにし)のある人の生まれ変わりかなんかなのか?もしやアナタは前世で、やむにやまれぬ事情(身分の違い、親の反対、同性同士、血縁関係、年齢差、不倫などなど)で生き別れた恋人かっ。

と、一瞬脳内一人遊びして(一人っ子の特技)、ティッシュでやんわり掴んでベランダにポイ。さらば恋人、達者でな。

て事で、本日の版画は『はなればなれ』 。
c0138553_0594653.jpg


↓登録してみたものですから。
人気ブログランキング
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-06-28 00:59 | ◎こんな日々 | Comments(0)