今年もやって来た

c0138553_12122560.jpg

このところ、明け方暑くて寝苦しくて目が覚める。まだ梅雨明け前だっつーのに。
激狭トイレ(恐らく元々和式だったのを、無理矢理洋式にしたせいだろうと思われるのだが、友人N美さんに「今まで見た他人んちのトイレの中でダントツ一番狭い!」とお墨付きを貰っている)の温度も朝っぱらからグングン上昇中。ああ、またこの季節がやって来たなあ、と思う。去年引っ越して来た時も、この灼熱地獄トイレの洗礼を受けたのだった。ちなみに去年描いたイラスト、コレ↓一年経っても同じ事描いてる…。
c0138553_12263651.jpg


夏の太陽光の角度に、実にドンピシャリの場所に付いているのである、窓が。それはもうビカーッとサンシャインなのである。狭い上に灼熱、ここは日サロか?と思う。日サロ行った事無いけど。
私の様な、軽く日光アレルギーを持つ人間は、湿疹が出現しかねないので本当に困る。がしかし起き抜けに、寝ぼけて朦朧としつつ、尿意をこらえて、わざわざ日焼け止めを塗ってトイレになど行けないのだ。家人の様に、太陽光を面白い様に皮膚に吸収してしまうタイプは、そのうち
「いい色に焼けてますねえ。
 何処か(海外のニュアンス)行ってらしたんですか?」
とかなんとか聞かれたりなんかして、しかし
「いえ、トイレです。大きい方です。」
とは言えないのである。
ともかく、夏が終わるまでは我が家のトイレで堅便で長時間苦しもうものなら、排泄前に焼死の危険性がある故、改めて思う食物繊維の必要性。毎朝バナナ一本with水生活を始めて1ヶ月以上経過したが、面白い程に快腸。あんまり瞬間排泄過ぎて、ちょっと名残惜しくなる程である。宿便は万病の元とは言うけれど、皮膚がんや焼死も回避出来るのな。(我が家調べ)
体重も最高時を考えたら運動もしていないのに2キロ程減ったし、体脂肪も2〜3%減った。バナナ、出来る奴。

さて、今日は昨日書いた田中泯『場踊り』谷中初日(快晴だな)なれど、結局土曜日のアラーキー公開撮影の回に照準を当てる事にしようかと思います。とか言いつつ、今日行ってしまうかもだけれど。


以下、お知らせです。
私の学生時代の恩師である神山明先生の個展が開催されます。
________________________________
2008.7.7(月)-7/19(土) 11:30-19:00
コバヤシ画廊企画室 中央区銀座3-8-12 ヤマトビルB1
tel 03-3561-0515 ※日曜休廊 最終日17時まで

(DMがとっても素敵なのですが、画廊サイトなども特に無いようなので、
 画像の掲載は自粛させて頂きました。
 神山先生のサイトから、過去の作品は見られますので、
 その素敵ぶりを想像してみましょう。)
________________________________

元々、木を扱った作品が多い先生ですが、最近は新たに紙で作られた作品もあって、凄く、良いのです。どんどん先生独自の世界が広がって行く様に感じます。私は平面も立体も「しん」とした作品が好きで、じっと見ているうちに、その「しん」という音がどんどん大きくなって、ちょっと耳鳴りみたいになってきて、ソレにぐるっと身体が包まれて、正気を保てるかどうか自信が無くなる瞬間が特にたまらなく好きなのだけれど、先生の作品はまさに、その様な体験が出来ると勝手に思っています。
興味のある方はぜひ。

他にも明日から経堂のROBAROBA cafe中里和人さんの展覧会も始まるし、あー本当に盛り沢山だな、7月は。
毎年そうである様に、自分の生まれ月は、他のどの月よりも、始まったと思ったら終わったという感じで、一瞬で過ぎて行くのだ。だから、つい、自分が何歳になったのか、さっぱり自覚が出来ない。言い訳でした。すいません。

おまけの写真その1。いくらなんでも過密すぎだ↓
c0138553_1218958.jpg

そしてベランダはやはり水はけ最悪。ボウフラの温床。昨日今年初、家の中で蚊に刺された。 しかも足の甲。憎い。

その2。パソコン新調して以降、ギッチギチでどうにもならなかった仕事机がやっと広くなりましたの図↓
c0138553_1219542.jpg

机の上にあったスキャナプリンタを可動ラック(オリンピックで2900円)で机の下に!でも私の背後は相変わらずカオス。どうにもならん。


←バナーというものをこさえてみた
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-07-04 12:38 | ◎こんな日々 | Comments(0)