めだかの日

c0138553_1485646.jpg

私のお出かけ時の必需品に「汗ふきシート」と「着替え」が加わる季節に突入いたしました。今年はちょっと油断した。まだまだ梅雨、と見せかけてズバーン!と来た。何この暑さ。馬鹿じゃないの。脳が、身体が、完全に周回遅れ。膝が笑う。
そんな中、久々の二日酔い頭痛を引きずりつつ、昨夜ついに堪えきれずにスイッチを入れたクーラーの冷風を浴びて寝たせいで、全身ダルダルのまま、本日も出かけて参りました大江戸骨董市。
お友達である「みずたま雑貨店」女主人・チエちゃんの骨董市散策に便乗です。朝9時、大江戸骨董市が開催されている国際フォーラム集合です。 早いです。
しかし、どんなに二日酔いだろうと、ダルダルだろうと「市」と聞けばアラエッサッサーと踊る血が、私の体内には流れておる様です。市川市とか、たまんねー訳です。(それはどうか)

してチエちゃんは、屋号にぴったりの黒地に水玉模様のアンティーク着物で登場。とても良くお似合いなんですの。同性ながらうっとりいたしました。いつもは出店者であるチエちゃんの背後にくっついて、2時間以上グルグル散策して、そんなつもりは無かったのに、うっかり買ってしまいました蓋物を。「もうすぐ沖縄だから散財厳禁!」という私の意思、あっさり崩壊。
だって、どうしようもなかったのよ。と、火サスのクライマックスで、東尋坊を背負いつつ、己の犯した罪を白状する坂口良子の様な気分で言うけれど、何せあーた、「メダカ」柄だったの↓
c0138553_1563026.jpg

コレ、私が買わにゃあ誰が買うの。しかもお安かったの。縞模様部分なんて、ちっと北欧の風すら感じるの。坂口良子って今何してんの。(と思ったら公式サイトがあって驚いた)

罪の意識は何処へやら、その後、中野に移動し、これまたお友達の鶉屋さんのお店『アンティーク スピカ』へ。以前、お店があった東高円寺から、現在は新井薬師にある『古着の橘』というお店の二階に引っ越されて、早数ヶ月。ようやくお邪魔する事が出来ました。
以前から気になっていた『日本字フリースタイル700』↓
c0138553_2385643.jpg

と鶉屋さんお勧め『動物図案集』の古本2冊購入。これで苦手なレタリングと動物も描けるね!って盗作か。
エアコン導入前のスピカは大変お暑うございましたが、私、しぼり損ないの雑巾ばりに汗だくでしたが、相変わらず素晴らしい品揃えでした。ご興味のある方は、冷たい飲み物とタオル持参でぜひ遊びに行きましょう(笑)。
ついでにスピカ近くにある、人気の飴屋さん『papabubble』へ足を伸ばしてみたら、ちょうど飴作りがスタート。

熱々ドロドローンの飴の半分を緑色に。
c0138553_275497.jpg

デロデローンと混ぜたら、すばやく手延べ素麺ならぬ手延べ飴。
c0138553_29656.jpg

みるみる固まる飴との戦い。テキパキテキパキテキパキテキパキ!
c0138553_2103199.jpg

バスマットか、お化けキュウリか。
c0138553_2112062.jpg

みにょ〜んとひたすら伸ばして、
c0138553_213767.jpg

専用機械にみにょ〜んと通し、スタタタタタタタタ!
c0138553_2131683.jpg

と、この様にドロドロだった水飴が、職人のお兄ちゃん二人の素晴らしい手さばきと連携プレーにより、みるみる美しい飴になっていく様を見て、チエちゃんと二人やんややんやと大喝采。飴職人のお兄ちゃん達も何でか皆小洒落系。「飴職人男子」とか言って新たにカテゴライズ出来そうな。いや、何にしてもいいもの見た。出来立てのまだほんのり温かいミント味の飴、んまかった。

続いて高円寺に移動し、『百音』にて美味しいランチを食べた後、同じく高円寺の古道具屋『Part of Life』を冷やかし、そのまま歩いて阿佐ヶ谷の『CONTEXT-S』へ。
本日は中国茶インストラクター奥泉富士子さんによる『中国茶と小さな甘味のお茶会』が催されていたのだけれど、数日前に問い合わせをしたら、既に予約いっぱいとの事だったため、諦めて常設展示だけを見させて頂くつもりだった。が、なんと当日キャンセルが偶然2名出たとの事!昨日の「場踊り」に続いてミラクル!オーナーのイシガミさんから、わざわざ携帯の留守電にお知らせを頂いていたにも関わらず、全く気づいていなかった私のアホぶりは何とも救い難いが、その割には時間ギリギリ間に合ったのも、かなりミラクル!イシガミさんのおっしゃる様に、念をキャッチしたのか。
お茶会は4種類の中から、それぞれ好きなお茶を選んで、それぞれ違った茶器で頂く事が出来たのだけれど、私が頂いた茶器が、またしてもメダカ柄!
c0138553_156175.jpg

三たびミラクル!私がメダカを呼ぶのか、それとも今朝エサをやり忘れたまま家を出た私へのメダカの念をキャッチしたのか。
中国茶は香りも味も優しくて、とても味わい深く、「小さな甘味」を担当されていた瀬戸口しおりさんのお菓子(特に茄子キャラメリーゼ)も驚きの美味しさでした。

歩き通して、尋常でない汗をかき、体力も消耗しつつ、ミラクル盛り沢山な一日だった。今日の様子はそのうちチエちゃんのブログ『アンティークと雑貨と骨董市日和』でもご覧頂けると思います。さらに7/7(月)からWEBサイト『今日のお手紙』にて、『みずたま雑貨店の奮闘記』が2〜3週間に渡り、連載されるそうです。こちらもぜひどうぞ。

帰宅後、ジャンバリで仕事。
何しろ明日は早くも料理教室5回目参加なのだ。何とも遊んでばかりの様ですが、ちゃんと働いてます。本当よ。誰に向かっての言い訳か。でも本当よ。

[PR]
by sakamotochiaki | 2008-07-07 02:10 | ◎こんな日々 | Comments(0)