午前中、ローソンで

c0138553_1515576.jpg

午前10時、ウォーキングがてら近所のローソンに、10月のキセルライブ@リキッドルームのチケットを買いに行く。

今日から2日間、高円寺は阿波踊り一色なのだが、すでにメインの大通りには場所取りの人が何人も居た。あいにくの空模様で、ぽつりぽつりと雨が降ったり止んだりの中、椅子に座って本を読む人、傘をさしたまま寝ている人、カップラーメン(朝食?)を食べる人、となり合わせた5〜6人(若い女の子とオッサンの2グループ)で既にビールを飲み始め、本番まで持たなそうな人までいた。やはり一大イベントなんだなあ阿波踊りは。
かくいう私も昨晩の小規模ながら踊りが見られる前夜祭の様な催しを、会社帰りのN美さんと観に行った。踊るならやっぱり男踊りよねーとか話しつつ。
そのまま、毎週行っている気がするのだが、阿佐ヶ谷オトノハでご飯を食べた。初めて頂いた『大エビの香草パン粉焼き』が、ココナッツ風味が効いていて、とーてーも美味しかった。オトノハは中華の枠を超えて、いつも新しい味を教えてくれる。

話は冒頭に戻るが、ローソンに行ったら、既にLoppi前には先客が2組居て、私の前には「ああ、これぞ」という感じの見事な腐女子(この言葉、あまり好きじゃないが)が居た。まあ、私も見た目が思いっきりウォーキングスタイルだったので、他人様の事を言えた義理ではないけれど、「捨てた感」ってんでしょうか、「あきらめ感」でもいいけれど、まだ20代前半くらいと思われるのに、全身から漂っていた。
で、この腐女子、なかなかチケット購入の操作が終わらない。背後からモニターを覗いてみたら、関東で行われるイベント一覧を一個一個チェックして、目当ての公演を探している様子。うそーん。Lコードはどうした。控えて来とらんのか。午前10時ローソン入りし二番手に付けて、意気込み十分と見せかけておきながらそりゃないぜ。そんな事してたらキセルが売り切れるっつーの!いや、それは嘘だが(キセルが発売日に売り切れる事はまあ無いだろうが)、恐ろしく無駄な時間がかかってしまうではないか。うーん、他のローソンに移動すべきか。
と、さすがに彼女もそれに気づいたのか、公演名とアーティスト名を入力する方法に変更。
公演名/ネオロマ  場所/パシフィコヨコハマ  アーティスト名/アルカディア
当たり前だが、世の中にはまだまだ私の知らないアーティストとその公演があるものだ。にしても、見事に見た事も聞いた事も無い。何だネオロマって。普通に考えたら、ネオロマンティックか?何でも略すのは日本人の悪い癖です。って、その昔伊武雅刀も言っておったよ。
しかしこの3つの情報だけで、アニメかゲームか、それに絡む声優なんかのイベントなんじゃないかしら、とわかってしまうのは何故だろう。モダンバレエ公演とか、次世代ジプシー(ロマ)音楽のライブと思えないのは。

して検索結果は該当項目無し。おーい。ホントにローソンで扱ってるのか、そのチケットは。お待たせしている私を背後に感じているせいか、焦る腐女子は頭をボリボリとかき出す。もう一度最初から打ち直そうとして(何度やっても同じと思われたが)、50音が並ぶタッチパネルの中から文字をなかなか探せず、余計に焦っている。漫画みたいに頭から汗が飛び散ってすら見える。落ち着け腐女子よ。生まれてこれまで死ぬ程見て来た50音だよ。ああ、焦るあまり「アルカディア」が「アルカティア」になっている!ますます見た事も聞いた事もないではないか!ホラ濁点濁点ー!と私の心の叫びも届かずそのまま検索(あああ)。当然該当無し(ああああ)。
頭をボリボリしつつ腐女子は濁点を打ち直し、再々々検索するもまたヒットせず。しつこく同じ方法を繰り返し、見えない汗を空中に飛ばし、たぶん「ガーン!」とか「ショックでありますう」とか、そのてのフキダシが付きそうな彼女を観察するのも面白かったのだが、私もそんなに時間がある訳ではない。早いとこチケットを買ってウォーキングに出たい(暇じゃん)。そして家に帰ったら即刻「ネオロマ」と「アルカディア」を検索したいじゃん(暇にも程がある)。って事で声をかける。
やはり「Lコードがわからないんですう」との事だった。お先にどうぞというご厚意に甘えて、とっととチケット購入させて頂いた。有り難う腐女子。私が発券した後も、しばらく粘っている様だったけれど無事チケットを取れただろうか。
で、二時間歩いて帰宅して、汗だくのまま検索したら、ははーん。という内容でした。 あとコチラ。いや意外性無さすぎて、ちょっと脱力。

話は全く関係ないが、昨日久々に高山なおみさんの料理本『元気になるスパイスクッキング』(もう絶版らしく、私も数年前古本屋で入手)を引っ張り出して読んでいたのだけれど、今さらながら料理本としてはかなり異質な本だという事を知った。料理本なのに合間合間に載っている短い文章がちょっと面白い。酔っぱらってゲロ吐いたり、草むらで用を足したり、昔の恋人の話が出て来たり、載っているレシピも大変魅力的だけれど、高山さん自身のさらけ出しぶりが魅力なのだな、これは。こんな本を作れたら良いのに。そう思うと、昔通ったkuukuu(高山さんがシェフをされていたお店)が懐かしい。ああいう独特な匂いを持ったお店には、なかなか出会えない。

さて、今日は阿波踊り(本番)見られるかなあ。雨が降らないといいけれど、雨の中ってのも、迫力があるかもしれない。

※オマケ写真は涼しさに気を良くして、昨日久々に焼いたズッキーニのケーキ。
焼き過ぎたか緑色がきれいに出なかった。さらにたまたま目についた生姜をすり下ろして入れてみたら、生姜ケーキになってしまった。でもなかなか美味しかった。
c0138553_1552522.jpg


 おひとつよろしくお願いします。
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-08-23 15:14 | ◎こんな日々 | Comments(4)
Commented by 加藤 at 2008-08-23 19:04 x
こんにちは。
阿波踊り始まったのですね。見てみたいです。
オトノハにも行ってみたいです。以前阿佐ヶ谷高円寺をひとりぶらぶらしていたのですが、北海道にはなかなかない景色があって、楽しかったのを覚えています。
くうくうにも行きたかったですが無くなってから知りました。
吉祥寺のまめ蔵というお店には行ってみたのですが、一人で入る気にならずやめました。


私は今日フットサルをしてきました。
人間関係築くのが苦手な私が、「先生」になったり団体競技をするのが自分でも不思議でなりません。
Commented by sakamotochiaki at 2008-08-23 22:16
加藤さん
夕方には雨が降り始めて、どれと同時に悪寒に襲われ、
結局、今日は鑑賞断念しました阿波踊り。
完全に急に訪れた秋に体がヤラレ気味です。

kuukuuは実際に行かれた事は、ラッキーだったなあと今となっては思います。
当時は自転車で行かれる場所に住んでいたり、バイト先が近かったりで、普通に通っていましたが、
高山さんの事はよく知りませんでしたし。
ただいつも、誰か友人のお宅にお邪魔して、おいしいご飯とお酒を頂いている様な気持ちでした。
「食と酒が好きな友人と行く店はkuukuu」と決まっていた気がします。

フットサル!いいですね。ちょっとやってみたいです。
人間関係は私も苦手ですが(何せ何でも1人で解決する癖のある一人っ子なので)、
加齢に伴い、あまりそういう事が気にならなくなりました。
まあまた60歳くらいになったら、人間関係が疎ましくなったりするのかもしれないですが。
Commented by 加藤 at 2008-08-24 10:36 x
雨降りとは残念ですね。

ラッキーと言えば、こうして電波を使い文字だけではあるけれど交流できて、私はラッキーです。

伝わりにくいと思いますが、こちらのblog読んでいるとホントに楽しいです。
いつもコメント返していただいてありがとうございます。
Commented by sakamotochiaki at 2008-08-24 16:21
加藤さん
いえいえ、こちらこそ。
こんな裏ぶれた所に沢山コメント頂きアリガトウございます。
友人らには無駄に長いと言われてますが、
そういう風に言って頂けるると嬉しいです。

しかし、今日も東京はやはり雨。可哀相な踊り手さん達。
私はまたしても家で残念飲みになりそうです。