いざ、鉛の30代へ

c0138553_21292391.jpg

今朝、我が家のトイレの小僧さんが、床に落ちていた。
落ちていたというよりは、床に移動していた。という感じ。何年か前に、世田谷ボロ市で買った小僧さん。顔つきが他人と思えず衝動買いしたのだけれど、何となく「トイレ」がしっくりくる様な気がして、長年トイレタンクの上に置かれている。今の家に引っ越してからも、トイレタンクと便座の気味の悪い薄ピンク色を、この小僧さんで中和すべく置いているのだけれど、たまに居場所が変わっている。嫌なのかもしれない、トイレが。逃げたいのかも。そのうち窓から抜け出して、何処かへ行ってしまいそう。
c0138553_21293558.jpg

こないだ水拭きしたら、眉が落ちてしまって、何か余計に不気味。

ちなみに小僧さんの反対側には、この悩ましいお嬢さんがいる。
c0138553_21294252.jpg


本日は打ち合わせのため神保町へ。
持ち込み企画でありながら、己のぼんやりぶりに反省。私はオリーブ少女か。ポニャラーとしずぎ。しかし、担当のCさんに様々なアイディアとご意見を頂き、やはりこの企画、何としても実現させたいと思う。どんどん詰めて行かねば。頑張ります。

しかし、それとは別に、久々に仕事でガクーッと来る事があった。
足掛け4年ほど続いた仕事が終わった。間に空白期間も挟みつつも、なかなかに長い仕事だった。実は終わるという話は、数ヶ月前に関係者でもある友人からチラリと聞いていたものの、直接の担当さんから話はないまま、気付いたら突然終わっていた。というか、担当さんとは連絡が取れず、あ、じゃあこないだの、あのカットが最後だったのか…?という感じで、こんな事は初めてだったので、ただ呆然とする。長い連載が終わる時の淋しいという感情も、成し遂げたという達成感も、志半ばという無念感も無く、ただ頭に浮かんだ言葉は「消費」という言葉だった。
そして、映画『グーグーだって猫である』の中で、主人公の漫画家・麻子さんが、2年に及んだ連載の最終回を迎え、その脱稿の際に、ワイワイと仕事場から帰っていくアシスタント達を見送った後で、一人玄関先で静かに泣いていた場面と、私のコレはあまりにも違うなあと思った。そこで初めてガクーッときた。私は消費された、と。 いや違う。結局は私も消費した側でもあるんだ、その証拠に何処かホッとしているじゃないか、なんだかんだ言って、私もこの長い持久走に疲れていたんだ、とわかる。後半はどこか他人事の様だった。そんな仕事の仕方をしていたんだと。今までも、そういう事が無かったとは言い切れないけれど、やはり無理がたたった結果だったのかもなあ、と思う。
で、絵を描くという事を仕事にした事を、ほんの少しだけ悔いた。

そういう目に遭うのは、つまり私が相手にとって、そういう目に遭わせてもいい、重要でない、と判断されているという事だ。だから、そうさせている私にも責任はある。という家人の言葉は厳しいが、至極もっともであった。もっとも過ぎて、自分の甘さにやはりガクーッとくる。

連載は終わった(らしい)が、お金の問題が残った。大した額ではないけれど、だからといって無かった事には出来ない訳で、色々とやむなく直接会った事も無い人にまで金の話をしなければばらなくなった。面倒くさそうに話す電話の主(でもこの人には本当に関係ない事だったりもするのだけれど、他に方法が無かった)には、ヒステリックな金の亡者と思われていそうで、それがとにかく歯がゆい。お金をさておき「連載はここで終了です。今までお疲れさまでした」という言葉さえ聞けたら、それで良かったはずなのだ。苦労はお互い様なのだ。けれど、それは無いのだった。

消費。虚無感。しかし、それも全て自分のせい。ガクーッ。

いーさ。もう振り返らない。なんせこれから私がやらねばならない事は山積なのだ。世の中、こんな風に消費されまくって、しまくって、それでも皆生きている。これくらいで萎えている私がヤワなのだ。自分ではそんなつもりは無かったが、私は意外とナイーブだったのだ。ガラスの30代だ。全く嫌になる。屈強になってやる。鉛の30代よ。今に見てろ。エコエコアザラークッ! (なにそれ)

しかし、午前中に更新手続きにやって来た保険会社のオバチャンに、特約の話を聞いていたら、やたらと「老後」と「介護」の話が出て来て、やっぱし萎えた。思いの外、近いらしい老後。ガクーッ。

 屈強を目指ーす!お一つよろしくお願いします。
[PR]
by sakamotochiaki | 2008-09-26 21:36 | ◎こんな日々 | Comments(2)
Commented by 加藤 at 2008-09-26 23:53 x
こんばんは。
秋は行事で大忙しのてんてこ舞いでお久しぶりです。

わたしも30代です。
泥んこまみれでがんばります。
がんばりましょう。
Commented by sakamotochiaki at 2008-09-27 00:42
加藤さん
お疲れさまです。
汗かきべそかき頑張ります。
書いてから気がつきましたけど、鉛ってなんか、重々しいですね。